[スポンサーリンク]

archives

位置およびエナンチオ選択的Diels-Alder反応に有効な不斉有機触媒

I0801.gif

B2291.gif


(S)-4-イソプロピル-3-(1-ナフチルメチル)-2,5,5-トリフェニル-1,3,2-オキサザボロリジン(1)は,山本らにより開発された不斉有機触媒です。1はブレンステット酸(C6F5CHTf2)により活性化され,混合モノ置換シクロペンタジエンとアクリル酸エチルとのDiels-Alder反応において,2-置換シクロペンタジエンと選択的に反応し,位置選択的にendo付加します。さらにより反応性の高いジエノフィルを加えると,未反応の1-置換シクロペンタジエンとの位置選択的endo付加環化が進行します。本反応は,位置およびエナンチオ選択的Diels-Alder反応を行った初めての例となります。

J. N. Payette, H. Yamamoto, J. Am. Chem. Soc. 2007, 129, 9536.

関連記事

  1. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~
  2. 4,7-ジブロモ-2,1,3-ベンゾチアジアゾール:4,7-Di…
  3. 固体高分子電解質の基礎、材料技術と実用化【終了】
  4. テトラキス[3,5-ビス(トリフルオロメチル)フェニル]ほう酸ナ…
  5. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】
  6. 1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムヘキサフルオロホスファート:…
  7. ヒストン脱アセチル化酵素8(HDAC8)選択的阻害剤
  8. グラフェン技術の最先端 ~量産技術と使いやすさの向上、今後の利用…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体
  2. イヴ・ショーヴァン Yves Chauvin
  3. 藤沢晃治 「分かりやすい○○」の技術 シリーズ
  4. マーティン・バーク Martin D. Burke
  5. 菌・カビを知る・防ぐ60の知恵―プロ直伝 防菌・防カビの新常識
  6. 可視光照射でトリメチルロックを駆動する
  7. デイヴィッド・リウ David R. Liu
  8. 最後に残ったストリゴラクトン
  9. トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発
  10. 多成分連結反応 Multicomponent Reaction (MCR)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

学部4年間の教育を振り返る

皆様、いかがお過ごしでしょうか。学部4年生の筆者は院試験も終わり、卒論作成が本格的に始まるまでの束の…

ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

ダイセルといえば「キラルカラムの雄」として知られており、光学活性化合物を分離するキラルカラム「CHI…

台湾当局、半導体技術の対中漏洩でBASFの技術者6人を逮捕

台湾の内政部(内政省)刑事局は7日、半導体製造に使う特殊な化学品の技術を中国企業に漏洩した営業秘密法…

「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より

海外留学記第29回目は、Harvard大学のChiristina Woo研に留学されている天児由佳さ…

科博特別展「日本を変えた千の技術博」にいってきました

上野公園内の日本科学博物館で開催されている「日本を変えた千の技術博」をみてきました。科博の特…

ケミカルメーカーのライフサエンス事業戦略について調査結果を発表

 この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、ケミ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP