[スポンサーリンク]

archives

不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応

C2662.gif

D3761.gif

N0166.gif

T0847.gif


Hartwigらは,基質分子内の水酸基を配向基として利用した,位置選択的な不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応を報告しています。
まず,[Ir(cod)OMe]2触媒の存在下,アルコールまたはケトンをジエチルシランと反応させることにより,ヒドリドシリルエーテルが生成します。
次いで,触媒として[Ir(cod)OMe]2,配位子として3,4,7,8-テトラメチル-1,10-フェナントロリン,水素受容体として2-ノルボルネンを加えて反応させることにより,Si–H結合とγ位の第一級C–H結合とで脱水素環化が進行し,オキサシロランを与えます。これを玉尾–フレミング酸化することによって,1,3-ジオールが得られます。本反応は種々のアルコールやケトンに適用可能なため,天然物合成への応用が期待されます。

E. M. Simmons, J. F. Hartwig, Nature 2012, 483, 70.

関連記事

  1. ネオジム磁石の調達、製造技術とビジネス戦略【終了】
  2. BTQBT : BTQBT
  3. スケールアップ実験スピードアップ化と経済性計算【終了】
  4. 10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villig…
  5. (+)-MTPA-Cl
  6. カルノシン酸 : Carnosic Acid
  7. 2,4,6-トリイソプロピルベンゼンスルホニルクロリド:2,4,…
  8. iphone用サイトを作成

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機触媒によるトリフルオロボレート塩の不斉共役付加
  2. 環歪みを細胞取り込みに活かす
  3. 科学は探究心を与え続けてくれるもの:2016 ロレアル–ユネスコ女性科学者 日本奨励賞
  4. (S,S)-DACH-phenyl Trost ligand
  5. フライパンの空焚きで有毒ガス発生!?
  6. 有機化合物で情報を記録する未来は来るか
  7. 今年の光学活性化合物シンポジウム
  8. 史上最強の塩基が合成される
  9. 不活性アルケンの分子間[2+2]環化付加反応
  10. 大塚製薬4200億円で米バイオベンチャーを買収

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP