[スポンサーリンク]

archives

不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応

[スポンサーリンク]

C2662.gif

D3761.gif

N0166.gif

T0847.gif


Hartwigらは,基質分子内の水酸基を配向基として利用した,位置選択的な不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応を報告しています。
まず,[Ir(cod)OMe]2触媒の存在下,アルコールまたはケトンをジエチルシランと反応させることにより,ヒドリドシリルエーテルが生成します。
次いで,触媒として[Ir(cod)OMe]2,配位子として3,4,7,8-テトラメチル-1,10-フェナントロリン,水素受容体として2-ノルボルネンを加えて反応させることにより,Si–H結合とγ位の第一級C–H結合とで脱水素環化が進行し,オキサシロランを与えます。これを玉尾–フレミング酸化することによって,1,3-ジオールが得られます。本反応は種々のアルコールやケトンに適用可能なため,天然物合成への応用が期待されます。

E. M. Simmons, J. F. Hartwig, Nature 2012, 483, 70.

関連記事

  1. よう化サマリウム(II):Samarium(II) Iodide…
  2. n型半導体特性を示すペリレン誘導体
  3. トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethy…
  4. ピバロイルクロリド:Pivaloyl Chloride
  5. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  6. ニュースタッフ参加
  7. 1,3-ビス(2,4,6-トリメチルフェニル)イミダゾリニウムク…
  8. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 最期の病:悪液質
  2. (S)-5-(ピロリジン-2-イル)-1H-テトラゾール:(S)-5-(Pyrrolidin-2-yl)-1H-tetrazole
  3. MSH試薬 MSH reagent
  4. リンダウ島インセルホール
  5. 2016年4月の注目化学書籍
  6. 水素化ジイソブチルアルミニウム Diisobutylaluminium hydride
  7. 光線力学療法 Photo Dynamic Therapy (PDT)
  8. ファヴォルスキー転位 Favorskii Rearrangement
  9. 超難関天然物 Palau’amine・ついに陥落
  10. 相次ぐ海外化学企業の合併

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP