[スポンサーリンク]

archives

不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応

C2662.gif

D3761.gif

N0166.gif

T0847.gif


Hartwigらは,基質分子内の水酸基を配向基として利用した,位置選択的な不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応を報告しています。
まず,[Ir(cod)OMe]2触媒の存在下,アルコールまたはケトンをジエチルシランと反応させることにより,ヒドリドシリルエーテルが生成します。
次いで,触媒として[Ir(cod)OMe]2,配位子として3,4,7,8-テトラメチル-1,10-フェナントロリン,水素受容体として2-ノルボルネンを加えて反応させることにより,Si–H結合とγ位の第一級C–H結合とで脱水素環化が進行し,オキサシロランを与えます。これを玉尾–フレミング酸化することによって,1,3-ジオールが得られます。本反応は種々のアルコールやケトンに適用可能なため,天然物合成への応用が期待されます。

E. M. Simmons, J. F. Hartwig, Nature 2012, 483, 70.

関連記事

  1. 1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムヘキサフルオロホスファート:…
  2. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル
  3. 研究者へのインタビュー
  4. Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニト…
  5. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩…
  6. 導電性高分子の基礎、技術開発とエネルギーデバイスへの応用【終了】…
  7. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【ス…
  8. 1,2,3,4-シクロブタンテトラカルボン酸二無水物:1,2,3…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第27回 生命活動の鍵、細胞間の相互作用を解明する – Mary Cloninger教授
  2. リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応
  3. アルゼンチン キプロス
  4. ロバート・バーンズ・ウッドワード Robert Burns Woodward
  5. 錯体と有機化合物、触媒はどっち?
  6. ペンタフルオロスルファニル化合物
  7. 近況報告Part V
  8. 計算化学:汎関数って何?
  9. 溶媒としてアルコールを検討しました(笑)
  10. 大阪大学インタラクティブ合宿セミナーに参加しました

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

第163回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部 ・川上了史(かわかみ のりふみ)講師に…

PAGE TOP