[スポンサーリンク]

archives

蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)のドナーとして利用される蛍光色素

[スポンサーリンク]

S0891.gif


5-(2-アミノエチルアミノ)-1-ナフタレンスルホン酸ナトリウム水和物(EDANS,1)は極大励起波長336 nm,極大発光波長490 nmである蛍光色素です。470-520 nmに極大吸収波長を持つ消光分子であるDABCYLと組み合わせることで,分子内で共鳴エネルギー移動(FRET)が起こり1の蛍光強度が下がります。例えば,1とDABCYLの間にペプチドを結合させた分子ではFRETにより1の蛍光強度が下がりますが,ペプチド配列特異的なプロテアーゼでペプチドを切断し,DABCYLを脱離させることで蛍光強度が元に戻ります。この方法を利用したヒト免疫不全ウイルス(HIV)のプロテアーゼや,C型肝炎ウイルスのプロテアーゼの検出1,2)が報告されています。

1)G. T. Wang, E. Matayoshi, H. J. Huffaker, G. A. Krafft, Tetrahedron Lett. 1990, 31, 6493.
2)M. Taliani, E. Bianchi, F. Narjes, M. Fossatelli, A. Urbani, C. Steinkuhler, R. De Francesco, A. Pessi, Anal. Biochem. 1996, 240, 60.

関連記事

  1. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合
  2. ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)dib…
  3. 4-メルカプト安息香酸:4-Mercaptobenzoic Ac…
  4. 日本の海底鉱物資源の開発状況と課題、事業展望【終了】
  5. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールの…
  6. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rote…
  7. 臭いの少ない1,3-プロパンジチオール等価体
  8. 高分子学会年次大会 「合成するぞ!」Tシャツキャンペーン

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. イヴァン・フック Ivan Huc
  2. クリストフ・レーダー Christoph Rader
  3. 化学五輪、「金」の高3連続出場 7月に東京開催
  4. 新規色素設計指針を開発 -世界最高の太陽光エネルギー変換効率の実現に向けて-
  5. 界面活性剤 / surface-active agent, surfactant
  6. 複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発
  7. 第3回慶應有機合成化学若手シンポジウム
  8. 第32回 液晶材料の新たな側面を開拓する― Duncan Bruce教授
  9. 文献検索サイトをもっと便利に:X-MOLをレビュー
  10. 信越化学、塩化ビニル樹脂を値上げ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アゾベンゼンは光る!~新たな発光材料として期待~

第225回のスポットライトリサーチは、関西学院大学 増尾研究室 助教の山内光陽(やまうち みつあき)…

ハラスメントから自分を守るために。他人を守るために【アメリカで Ph.D. を取る –オリエンテーションの巻 その 2-】

アカデミックハラスメントやセクシャルハラスメントは、学業やキャリアの成功に悪影響を与えます。 どんな…

2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る

グリニャール試薬とスルフィニルアミンを用いたスルホンジイミン合成が達成された。爆発性物質、臭気性物質…

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP