[スポンサーリンク]

ケムステニュース

植物改良の薬開発 金大・染井教授 根を伸ばす薬剤や、落果防止のものも

[スポンサーリンク]

果実が落ちるのを染井教授(合成化学)が開発した。台風でもリンゴやブドウの落果を防ぐことができるほか、サツマイモの大型化、砂漠の緑化などに応用できるという。
 開発した薬剤はインドール化合物の一種で、根を長くする薬を畑にまいたところ、稲やキュウリについて通常の二倍近くに伸ばし、強風でも倒れにくくなった。砂漠で地中の水を集めるのに役立つ可能性もあるという。同じ薬でサツマイモを約一・三倍に大きくすることができた。

 同じくインドール化合物の一種である落果を防ぐ薬は、ブドウの巨峰で実験したところ、通常より落ちにくくなり、木の上でよく熟したため、実が二割ほど大きく、甘みが強くなった。リンゴも同じように約三割大きくなった。(北国新聞)

 

関連リンク

 

■富山大学薬学部創薬科学講座 薬化学研究室

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 富士通、化合物分子設計統合支援ソフト「キャッシュ」新バージョンを…
  2. 青色LED和解:中村教授「日本の司法制度は腐ってる」
  3. ゴム状硫黄は何色?
  4. 毒を持ったタコにご注意を
  5. 春の褒章2011-化学
  6. 原油高騰 日本企業直撃の恐れ
  7. メガネが不要になる目薬「Nanodrops(ナノドロップス)」
  8. エーザイ 抗がん剤「ハラヴェンR」日米欧で承認取得 

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 新規抗生物質となるか。Pleuromutilinsの収束的短工程合成
  2. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― Rein Ulijn教授
  3. ウコンの成分「クルクミン」自体に効果はない?
  4. 有機合成化学特別賞―受賞者一覧
  5. 【書籍】クロスカップリング反応 基礎と産業応用
  6. トラウベ プリン合成 Traube Purin Synthesis
  7. 秋の褒章2014ー化学分野からは準結晶研究の蔡安邦教授に
  8. 日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!
  9. 2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Protecting Group
  10. 近況報告PartII

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

【日産化学】新卒採用情報(2021卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

Carl Boschの人生 その5

Tshozoです。だいぶ間が空いてしまいましたが訳すべき文章量が多すぎて泣きそうになっていたためです…

Zoomオンライン革命!

概要“実際に会う"という仕事スタイルが、実はボトルネックになっていませんか?オンライン会…

金属イオン認識と配位子交換の順序を切替えるホスト分子

第243回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系(秋根研究室)・酒田陽子 准教授…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP