[スポンサーリンク]

ケムステニュース

植物改良の薬開発 金大・染井教授 根を伸ばす薬剤や、落果防止のものも

[スポンサーリンク]

果実が落ちるのを染井教授(合成化学)が開発した。台風でもリンゴやブドウの落果を防ぐことができるほか、サツマイモの大型化、砂漠の緑化などに応用できるという。
 開発した薬剤はインドール化合物の一種で、根を長くする薬を畑にまいたところ、稲やキュウリについて通常の二倍近くに伸ばし、強風でも倒れにくくなった。砂漠で地中の水を集めるのに役立つ可能性もあるという。同じ薬でサツマイモを約一・三倍に大きくすることができた。

 同じくインドール化合物の一種である落果を防ぐ薬は、ブドウの巨峰で実験したところ、通常より落ちにくくなり、木の上でよく熟したため、実が二割ほど大きく、甘みが強くなった。リンゴも同じように約三割大きくなった。(北国新聞)

 

関連リンク

 

■富山大学薬学部創薬科学講座 薬化学研究室

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 三菱ケミの今期経常益‐1.8%に、石化製品市況弱く
  2. 夏本番なのに「冷たい炭酸」危機?液炭・ドライアイスの需給不安膨ら…
  3. 化学五輪、「金」の高3連続出場 7月に東京開催
  4. 「元素戦略プロジェクト」に関する研究開発課題の募集について
  5. 武田薬品、週1回投与の骨粗鬆症治療薬「ベネット錠17.5mg」を…
  6. 「第55回国際化学オリンピック スイス大会」 日本代表が決定!:…
  7. 1回の実験で高活性な金属ナノ粒子触媒
  8. 第一三共 抗インフルエンザ薬を承認申請

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アミール・ホベイダ Amir H. Hoveyda
  2. 砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka
  3. リンと窒素だけから成る芳香環
  4. グリニャール反応 Grignard Reaction
  5. 名城大教授ら会社設立 新素材販売
  6. フロリゲンが花咲かせる新局面
  7. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part III
  8. フラックス結晶育成法入門
  9. PL法 ? ものづくりの担い手として知っておきたい法律
  10. ナノ粒子の機能と応用 ?コロイダルシリカを中心に?【終了】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2005年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

最新記事

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

低い電位で多電子移動を引き起こす「ドミノレドックス反応」とは!?

第597回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院 有機化学第一研究室(鈴木孝紀研)の…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/03/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP