[スポンサーリンク]

ケムステニュース

植物改良の薬開発 金大・染井教授 根を伸ばす薬剤や、落果防止のものも

果実が落ちるのを染井教授(合成化学)が開発した。台風でもリンゴやブドウの落果を防ぐことができるほか、サツマイモの大型化、砂漠の緑化などに応用できるという。
 開発した薬剤はインドール化合物の一種で、根を長くする薬を畑にまいたところ、稲やキュウリについて通常の二倍近くに伸ばし、強風でも倒れにくくなった。砂漠で地中の水を集めるのに役立つ可能性もあるという。同じ薬でサツマイモを約一・三倍に大きくすることができた。

 同じくインドール化合物の一種である落果を防ぐ薬は、ブドウの巨峰で実験したところ、通常より落ちにくくなり、木の上でよく熟したため、実が二割ほど大きく、甘みが強くなった。リンゴも同じように約三割大きくなった。(北国新聞)

 

関連リンク

 

■富山大学薬学部創薬科学講座 薬化学研究室

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 出光・昭和シェル、統合を発表
  2. 米デュポン、原料高騰で製品値上げ
  3. 新日石、地下資源開発に3年で2000億円投資
  4. 2017年10大化学ニュース
  5. 化学大手9月中間 三井化学と旭化成が経常減益
  6. 超微細な「ナノ粒子」、健康や毒性の調査に着手…文科省…
  7. 後発医薬品、相次ぎ発売・特許切れ好機に
  8. 富士フイルム、英社を245億円で買収 産業用の印刷事業拡大

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機合成者でもわかる結晶製品生産の最適化と晶析操作【終了】
  2. モルヒネ morphine
  3. 博士課程学生の奨学金情報
  4. 英会話とプログラミングの話
  5. 「発明の対価」8億円求め提訴=塩野義製薬に元社員-大阪地裁
  6. ジアゾカップリング diazocoupling
  7. elements~メンデレーエフの奇妙な棚~
  8. 環化異性化反応 Cycloisomerization
  9. 日本国際賞―受賞化学者一覧
  10. 地球温暖化が食物連鎖に影響 – 生態化学量論の視点から

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材

東京大学大学院工学系研究科の山田淳夫教授らは、充電するたびに自己修復を繰り返し、電池性能の劣化を防ぐ…

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP