[スポンサーリンク]

ケムステニュース

植物改良の薬開発 金大・染井教授 根を伸ばす薬剤や、落果防止のものも

果実が落ちるのを染井教授(合成化学)が開発した。台風でもリンゴやブドウの落果を防ぐことができるほか、サツマイモの大型化、砂漠の緑化などに応用できるという。
 開発した薬剤はインドール化合物の一種で、根を長くする薬を畑にまいたところ、稲やキュウリについて通常の二倍近くに伸ばし、強風でも倒れにくくなった。砂漠で地中の水を集めるのに役立つ可能性もあるという。同じ薬でサツマイモを約一・三倍に大きくすることができた。

 同じくインドール化合物の一種である落果を防ぐ薬は、ブドウの巨峰で実験したところ、通常より落ちにくくなり、木の上でよく熟したため、実が二割ほど大きく、甘みが強くなった。リンゴも同じように約三割大きくなった。(北国新聞)

 

関連リンク

 

■富山大学薬学部創薬科学講座 薬化学研究室

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ラスカー賞に遠藤章・東京農工大特別栄誉教授
  2. デュポン子会社が植物性化学原料の出荷を開始
  3. 有機超伝導候補が室温超高速光応答材料に変身
  4. 奇跡の素材「グラフェン」を使った世界初のシューズが発売
  5. ポリエチレンなど合成樹脂、値上げ浸透
  6. 東亜合成と三井化学、高分子凝集剤の事業統合へ
  7. 日本電子の米国法人、有機物を非破壊検出できるイオン源を開発
  8. 水素化ホウ素ナトリウムを使う超小型燃料電池を開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 量子力学が予言した化学反応理論を実験で証明する
  2. 光で分子の結合状態を変えることに成功
  3. パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開
  4. 技術者・研究者のためのプレゼンテーション入門
  5. 2017卒大学生就職企業人気ランキングが発表
  6. マーティン・オストライヒ Martin Oestreich
  7. アレクセイ・チチバビン ~もうひとりのロシア有機化学の父~
  8. 3回の分子内共役付加が導くブラシリカルジンの網羅的全合成
  9. 光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成
  10. マイクロ波を用いた合成プロセス技術と実用化への道【終了】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

研究のための取引用語

企業の研究員や研究室のスタッフになると、必要な機器や物品を自ら購入する機会が多々ある。その際に知って…

研究室でDIY!~割れないマニホールドをつくろう~

どこでも誰でも使える、ちょっとしたDIYテクニックを共有し、皆でラボを便利に使いましょう・節約しまし…

材料研究分野で挑戦、“ゆりかごから墓場まで”データフル活用の効果

材料研究分野でデータを“ゆりかごから墓場まで”フル活用するシステムの構築が進んでいる。人工知能(AI…

150度以上の高温で使える半導体プラスチック

Perdue大学のMei教授らは、150ºC以上の高温でも安定的に電気を流せる半導体ポリマー材料を開…

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP