[スポンサーリンク]

ケムステニュース

植物改良の薬開発 金大・染井教授 根を伸ばす薬剤や、落果防止のものも

[スポンサーリンク]

果実が落ちるのを染井教授(合成化学)が開発した。台風でもリンゴやブドウの落果を防ぐことができるほか、サツマイモの大型化、砂漠の緑化などに応用できるという。
 開発した薬剤はインドール化合物の一種で、根を長くする薬を畑にまいたところ、稲やキュウリについて通常の二倍近くに伸ばし、強風でも倒れにくくなった。砂漠で地中の水を集めるのに役立つ可能性もあるという。同じ薬でサツマイモを約一・三倍に大きくすることができた。

 同じくインドール化合物の一種である落果を防ぐ薬は、ブドウの巨峰で実験したところ、通常より落ちにくくなり、木の上でよく熟したため、実が二割ほど大きく、甘みが強くなった。リンゴも同じように約三割大きくなった。(北国新聞)

 

関連リンク

 

■富山大学薬学部創薬科学講座 薬化学研究室

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. カラス不審死シアノホス検出:鳥インフルではなし
  2. 新コース開講! 東大発の無料オンライン英語講座!
  3. 2010年日本化学会各賞発表-進歩賞-
  4. 独メルク、米シグマアルドリッチを買収
  5. 構造化学の研究を先導する100万件のビッグデータ
  6. ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【201…
  7. 世界の中分子医薬品市場について調査結果を発表
  8. 自動車用燃料、「脱石油」競う 商社、天然ガス・バイオマス活用

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アンドレアス ファルツ Andreas Pfaltz
  2. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ・寄稿募集】
  3. ChemDraw の使い方【作図編④: 反応機構 (前編)】
  4. 天然物化学談話会
  5. 第68回―「医療応用を志向したスマート高分子材料の開発」Cameron Alexander教授
  6. 第34回 生物学と合成化学のハイブリッド高分子材料を開発する―Jeroen Cornelissen教授
  7. カセロネス鉱山
  8. Mukaiyama Award―受賞者一覧
  9. アコニチン (aconitine)
  10. 理研も一般公開するよ!!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

細胞懸濁液をのせて、温めるだけで簡単に巨大ながんスフェロイドができる

第276回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学研究院 准教授の吉野 大輔(よしの だい…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!

9月23日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2020年の引用栄誉賞が発表されました。こ…

アズワンが第一回ケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

さて先日お知らせいたしましたが、ケムステVプレミアクチャーという新しい動画配信コンテンツをはじめます…

化学者のためのエレクトロニクス講座~代表的な半導体素子編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で…

ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!

主に最先端化学に関する講演者をテーマ別で招待しオンライン講演を行っていただくケムステバーチャルシンポ…

分子運動を世界最高速ムービーで捉える!

第275回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士課程・清水俊樹 さんに…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP