[スポンサーリンク]

ケムステニュース

植物改良の薬開発 金大・染井教授 根を伸ばす薬剤や、落果防止のものも

[スポンサーリンク]

果実が落ちるのを染井教授(合成化学)が開発した。台風でもリンゴやブドウの落果を防ぐことができるほか、サツマイモの大型化、砂漠の緑化などに応用できるという。
 開発した薬剤はインドール化合物の一種で、根を長くする薬を畑にまいたところ、稲やキュウリについて通常の二倍近くに伸ばし、強風でも倒れにくくなった。砂漠で地中の水を集めるのに役立つ可能性もあるという。同じ薬でサツマイモを約一・三倍に大きくすることができた。

 同じくインドール化合物の一種である落果を防ぐ薬は、ブドウの巨峰で実験したところ、通常より落ちにくくなり、木の上でよく熟したため、実が二割ほど大きく、甘みが強くなった。リンゴも同じように約三割大きくなった。(北国新聞)

 

関連リンク

 

■富山大学薬学部創薬科学講座 薬化学研究室

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. アミンの新合成法
  2. 114番元素生成の追試に成功
  3. 超微細な「ナノ粒子」、健康や毒性の調査に着手…文科省…
  4. 114番元素と116番元素の名称が間もなく決定!
  5. 産総研、バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発に成…
  6. サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産
  7. 性フェロモン感じる遺伝子、ガで初発見…京大グループ
  8. マクドナルドなど9社を提訴、発がん性物質の警告表示求め=カリフォ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 電場を利用する効率的なアンモニア合成
  2. 論説フォーラム「グローバル社会をリードする化学者になろう!!」
  3. 安定な環状ケトンのC–C結合を組み替える
  4. 目指せ!! SciFinderマイスター
  5. プラナーボラン - 有機エレクトロニクス界に期待の新化合物
  6. カンファー(camphor)
  7. 盧 煜明 Dennis Yuk-ming Lo
  8. 第10回 太陽光エネルギーの効率的変換に挑むー若宮淳志准教授
  9. EUのナノマテリアル監視機関が公式サイトをオープン
  10. コーンフォース転位 Cornforth Rearrangement

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

林 雄二郎博士に聞く ポットエコノミーの化学

雑誌「現代化学」の特集インタビュー記事から、東北大学林雄二郎先生のインタビュー(2019年5月号掲載…

『夏休み子ども化学実験ショー2019』8月3日(土)~4日(日)、科学技術館にて開催

化学の学会ならびに産業界で組織する「夢・化学-21」委員会は、2019年8月3日(土)~4日(日)の…

引っ張ると白色蛍光を示すゴム材料

第204回のスポットライトリサーチは、北海道大学電子科学研究所 助教・相良 剛光 先生にお願いしまし…

強塩基条件下でビニルカチオン形成により5員環をつくる

LiHMDSと弱配位性アニオン塩触媒を用いた分子内C–H挿入反応が開発された。系内で調製したリチウム…

韓国へ輸出される半導体材料とその優遇除外措置について

経済産業省は1日、日韓の信頼関係が著しく損なわれたと判断し、韓国向けの輸出管理を強化すると発表した。…

Mestre NovaでNMRを解析してみよう

日本ではJEOLのマシンが普及していることもあり、DeltaでNMRの解析をしている人が多いとは思い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP