[スポンサーリンク]


2018年 7月

  1. 渡辺化学工業ってどんな会社?

    私たちの体のたんぱく質や最近よく聞くペプチドなどの最小構成成分である“アミノ酸”。アミノ酸は私たちの生活に密接に関わっており、新薬開発にも欠かせない存在です。『渡辺化学工業株式会社』はそんなアミノ酸の専門家です。アミノ酸誘導体・ペプ…

  2. 家庭での食品保存を簡単にする新製品「Deliéa」

    日本エア・リキード株式会社は、新商品「Deliéa」(デリエアー)を開発し、食材の保存方法として業務…

  3. C&EN コラム記事 ~Bench & Cubicle~

    C&EN(Chemical and Engineering News)はACSが発行している…

  4. 水中マクロラクタム化を加速する水溶性キャビタンド

    2015年、スクリプス研究所・Julius Rebek Jr.らは、水溶性キャビタンド化合物をテンプ…

  5. ベンジルオキシカルボニル保護基 Cbz(Z) Protecting Group

    概要ベンジルオキシカルボニル(benzyloxycarbonyl, CbzまたはZ)基は、カルバ…

  6. PdとTiがVECsの反応性をひっくり返す?!

  7. シンクロトロン放射光を用いたカップリング反応機構の解明

  8. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

  9. 微生物の電気でリビングラジカル重合

  10. tert-ブトキシカルボニル保護基 Boc Protecting Group

  11. 毒劇アップデート

  12. 電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

  13. 「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

  14. 2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

  15. 二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

  16. サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

スポンサー

ピックアップ記事

  1. イー・タン Yi Tang
  2. 山元公寿 Kimihisa Yamamoto
  3. 第44回―「N-ヘテロ環状カルベン錯体を用いる均一系触媒開発」Steve Nolan教授
  4. 挑戦を続ける日本のエネルギー企業
  5. スタニルリチウム調製の新手法
  6. ナザロフ環化 Nazarov Cyclization
  7. 三枝・伊藤酸化 Saegusa-Ito Oxidation

注目情報

最新記事

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

PAGE TOP