[スポンサーリンク]


2018年 7月

  1. 渡辺化学工業ってどんな会社?

    私たちの体のたんぱく質や最近よく聞くペプチドなどの最小構成成分である“アミノ酸”。アミノ酸は私たちの生活に密接に関わっており、新薬開発にも欠かせない存在です。『渡辺化学工業株式会社』はそんなアミノ酸の専門家です。アミノ酸誘導体・ペプ…

  2. 家庭での食品保存を簡単にする新製品「Deliéa」

    日本エア・リキード株式会社は、新商品「Deliéa」(デリエアー)を開発し、食材の保存方法として業務…

  3. C&EN コラム記事 ~Bench & Cubicle~

    C&EN(Chemical and Engineering News)はACSが発行している…

  4. 水中マクロラクタム化を加速する水溶性キャビタンド

    2015年、スクリプス研究所・Julius Rebek Jr.らは、水溶性キャビタンド化合物をテンプ…

  5. ベンジルオキシカルボニル保護基 Cbz(Z) Protecting Group

    概要ベンジルオキシカルボニル(benzyloxycarbonyl, CbzまたはZ)基は、カルバ…

  6. PdとTiがVECsの反応性をひっくり返す?!

  7. シンクロトロン放射光を用いたカップリング反応機構の解明

  8. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

  9. 微生物の電気でリビングラジカル重合

  10. tert-ブトキシカルボニル保護基 Boc Protecting Group

  11. 毒劇アップデート

  12. 電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

  13. 「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

  14. 2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

  15. 二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

  16. サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 日本プロセス化学会2005サマーシンポジウム
  2. カラッシュ付加反応 Kharasch Addition
  3. 転職でチャンスを掴める人、掴めない人の違い
  4. ピーナッツ型分子の合成に成功!
  5. (古典的)アルドール反応 (Classical) Aldol Reaction
  6. 第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授
  7. 固体型色素増感太陽電池搭載マウスを買ってみました

注目情報

最新記事

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

PAGE TOP