[スポンサーリンク]

ケムステニュース

Merck 新しい不眠症治療薬承認申請へ

 先月4月27日にMerck (MSD)の2012第1四半期の業績報告が行われ、その中で新規不眠症治療薬SUVOREXANTについて「2つのPhaseIII臨床試験で有効性を示し、2012年中に米国FDAへ新薬承認申請を行う計画」と発表されました。

現在使用されている不眠症治療薬の多くは、主にGABAA受容体の作用する「鎮静型」睡眠薬です。抑制性の神経伝達物質であるGABAの受容体であるGABAA受 容体に作用して、その作用を強めます。この受容体は脳内に広く分布しているため、脳の活動全体を低下させます。そのため運動障害、記憶障害、依存性、リバ ウンドといった副作用、あるいは翌朝まで作用が残り目覚めが悪くなる「持ち越し」といった課題があります。従って、「鎮静型」ではなく、「生理的睡眠を誘発」する新しい作用機序の不眠症治療薬の開発が期待されています。

 Merck社のSUVOREXANT (MK-4305)は「オレキシン受容体拮抗薬」です。オレキシン(orexin) は覚醒を制御するペプチドであり、この受容体をブロックすると覚醒状態が保てなって睡眠が誘発されます。SUVOREXANT オレキシン受容体拮抗薬として最も臨床ステージの進んだ化合物(first in class)であり、その治療効果に期待が集まっています。SUVOREXANT の創薬は興味深い話題があるので、いずれ「つぶやき」で紹介したいと思います。

 

関連書籍

関連記事

  1. 化学大手、原油高で原料多様化・ナフサ依存下げる
  2. α‐リポ酸の脂肪蓄積抑制作用を高める効果を実証
  3. 豊丘出身、元島さんCMC開発
  4. 観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能に…
  5. 食品アクリルアミド低減を 国連専門委「有害の恐れ」
  6. 抗がん剤大量生産に期待 山大農学部豊増助教授 有機化合物生成の遺…
  7. 大麻複合物が乳がんの転移抑止効果―米医療チームが発見
  8. 池袋PARCOで「におい展」開催

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 息に含まれた0.0001%の成分で健康診断
  2. アマドリ転位 Amadori Rearrangement
  3. 有機無機ハイブリッドペロブスカイトはなぜ優れているのか?
  4. ボタン一つで化合物を自動合成できる機械
  5. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich
  6. 東レ、ナノ構造制御技術を駆使した半導体実装用接着シートを開発
  7. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytzani-Stephanopoulos
  8. 2013年就活体験記(1)
  9. ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer
  10. 分子振動と協奏する超高速励起子分裂現象の解明

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

稀少な金属種を使わない高効率金属錯体CO2還元光触媒

第180回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 石谷・前田研の竹田浩之(たけだ ひろゆき)特任助…

カクテルにインスパイアされた男性向け避妊法が開発される

男性の避妊法はXXドームを付ける一時的なものか、パイプカットを行って完全に生殖行為を不可能にするかと…

水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発

第179回のスポットライトリサーチは、東京大学理学系研究科化学専攻有機合成化学教室の宮村浩之先生にお…

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP