[スポンサーリンク]

ケムステニュース

Merck 新しい不眠症治療薬承認申請へ

 先月4月27日にMerck (MSD)の2012第1四半期の業績報告が行われ、その中で新規不眠症治療薬SUVOREXANTについて「2つのPhaseIII臨床試験で有効性を示し、2012年中に米国FDAへ新薬承認申請を行う計画」と発表されました。

現在使用されている不眠症治療薬の多くは、主にGABAA受容体の作用する「鎮静型」睡眠薬です。抑制性の神経伝達物質であるGABAの受容体であるGABAA受 容体に作用して、その作用を強めます。この受容体は脳内に広く分布しているため、脳の活動全体を低下させます。そのため運動障害、記憶障害、依存性、リバ ウンドといった副作用、あるいは翌朝まで作用が残り目覚めが悪くなる「持ち越し」といった課題があります。従って、「鎮静型」ではなく、「生理的睡眠を誘発」する新しい作用機序の不眠症治療薬の開発が期待されています。

 Merck社のSUVOREXANT (MK-4305)は「オレキシン受容体拮抗薬」です。オレキシン(orexin) は覚醒を制御するペプチドであり、この受容体をブロックすると覚醒状態が保てなって睡眠が誘発されます。SUVOREXANT オレキシン受容体拮抗薬として最も臨床ステージの進んだ化合物(first in class)であり、その治療効果に期待が集まっています。SUVOREXANT の創薬は興味深い話題があるので、いずれ「つぶやき」で紹介したいと思います。

 

関連書籍

関連記事

  1. 2016年化学10大ニュース
  2. カラス不審死シアノホス検出:鳥インフルではなし
  3. 有機化学美術館へようこそ ~分子の世界の造形とドラマ
  4. イタリアに医薬品販売会社を設立 エーザイ
  5. 280億円賠償評決 米メルク社治療薬副作用で死亡 テキサス州
  6. 持田製薬/エパデールのスイッチOTC承認へ
  7. 米メルク、シェリング・プラウを4兆円で買収
  8. 小児薬、大人用を転用――アステラス、抗真菌剤

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 含ケイ素四員環 -その1-
  2. 反応の選択性を制御する新手法
  3. トイレから学ぶ超撥水と超親水
  4. エーザイ、医療用の処方を基にした去たん剤
  5. エコエネルギー 家庭で競争
  6. 脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成
  7. アサートン・トッド反応 Atherton-Todd Reaction
  8. ノーベル週間にスウェーデンへ!若手セミナー「SIYSS」に行こう!
  9. 味の素と元社員が和解 人工甘味料の特許訴訟
  10. 金大大学院、ナノ微粒子開発 医薬品や塗料などに応用も

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP