[スポンサーリンク]

一般的な話題

動画:知られざる元素の驚きの性質

[スポンサーリンク]

 

今回はYoutubeから、あんな元素にこんな性質が!とすぐ分かる、ちょっと驚きのヴィジュアルデモンストレーションを紹介します。
題して「知られざる元素の驚きの性質」!!

それでは早速どうぞ!

水銀 (Mercury, Hg)

高密度液体の代表格、水銀たっぷりのプールに鉄球を投げ入れると・・・?っていうかこんな大量にあるとちょっと怖いな(笑)

 

ガリウム (Gallium, Ga)

ティースプーンが、みるみるうちにお茶に溶けてしまうというなんとも不思議な動画。それもそのはず、実はスプーンはガリウム単体で出来ているのです。その融点は、なんと約30度!

 

ビスマス (Bismuth, Bi)

ビスマス単体の結晶。これは綺麗だ!

そんなビスマスは強い反磁性を持つ物質でもあります。ビスマスで覆ったスペースに強力ネオジム磁石を投げ入れると・・・? いやこれは面白い!

フランシウム (Francium, Fr)

アルカリ金属は水と極めてよく反応することが知られていますが、もっとも反応性の高いフランシウムにもなると・・・ご覧の通り!?いや、これホントなのでしょうか???
ちなみにルビジウム・セシウムがどんな爆発っぷりを見せるかは、以前も紹介したBrainiacの動画でお確かめを。

おまけ:ヘリウム (Helium, He)

ヘリウムは水素に続き最も軽いガス。吸い込むと声が妙に高くなるドナルドダックボイス効果はよく知られてますよね。
で、このヘリウムでふくらませたチューインガム風船で遊ぶとどうなるのか・・・いやぁ、ホント楽しそうだなお前ら!

一見して「スゲー!!」と信じてしまいそうですが、実はコレ、よくできたフェイク動画なのです。最後まで見ればメイキングへと飛ぶことができますよ。

良い子は真似して橋から飛び降りちゃダメですよ!

 

関連書籍

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. GRE Chemistry 受験報告 –試験当日·結果発表編–
  2. シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?
  3. 3色に変化する熱活性化遅延蛍光材料の開発
  4. アミン存在下にエステル交換を進行させる触媒
  5. 「さくら、さくら」劇場鑑賞券プレゼント結果発表!
  6. “匂いのゴジラ”の無効化
  7. 高収率・高選択性―信頼性の限界はどこにある?
  8. 受賞者は1000人以上!”21世紀のノーベル賞…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見
  2. 有機合成化学協会誌2018年9月号:キラルバナジウム触媒・ナフタレン多量体・バイオインスパイアード物質変換・エラジタンニン・モルヒナン骨格・ドナー・アクセプター置換シクロプロパン・フッ素化多環式芳香族炭化水素
  3. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン DPBQ
  4. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund
  5. PACIFICHEM2010に参加してきました!④
  6. カルボン酸を触媒のみでアルコールに還元
  7. AIが作った香水、ブラジルで発売
  8. 動的コンビナトリアル化学 Dynamic Combinatorial Chemistry
  9. ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 PartI
  10. 中西香爾 Koji Nakanishi

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP