[スポンサーリンク]

一般的な話題

イスラエルの化学ってどうよ?

[スポンサーリンク]

 

いつになったら終わるんでしょうか?

全く終わりが見えてこないイスラエルとパレスチナの争いですが、我が国には遠い異国のこととしてあまり話題にもなりません。イスラエルがどこにあるのかも正確に答えられる人も少ないでしょうが、とりあえず宗教的、地理的争いは置いておいたとして、ケムステとしてはイスラエルの化学に興味があるところです。

イスラエルは約8百万の人口にすぎない小国です。国としても建国66年と若く、化学を専攻できる大学は7しかないことから化学分野も高が知れていると思われがちですが、既に4名のノーベル化学賞受賞者を輩出しています。

そんなイスラエルの化学について少し覗いてみたいと思います。

だいぶ前ですが、インドの化学がどうなっているのかを紹介したことがあります。今回のポストでは少し前のAngew. Chem. Int. Ed.誌のeditorialよりTechnion-Israel Institute of TechnologyのIlan Marek教授のイスラエルの化学の現状に関する記事を紹介いたします。

 

Chemistry in Israel–at a Crossroads?

Ilan Marek

?Angew. Chem. Int. Ed. 53, 3754-3755 (2014). DOI:?10.1002/anie.201401092

 

イスラエルのノーベル化学賞受賞者としては、2004年にユビキチンによって媒介されるタンパク質分解過程の発見によってAaron Ciechanover と Avram Hershkoが、2009年にリボソームの構造および機能に関する研究によってAda E. Yonathがそれぞれ受賞しています。化学っぽくないじゃないかとお思いかもしれませんが、最近では、準結晶の発見によってDan Shechtmanが2011に単独で受賞して話題になりました。

israel_2.jpgDavid Ben-Gurion (Wikipediaより)

?小粒でもぴりりと辛いそんなイスラエルの化学の発展を語る上で欠かせないのは3名だそうです。まずイスラエル初代首相であるDavid Ben-Gurion氏は”…Strangely enough, these very facts forbid us austerity in two areas, in science and technology … Only if we were able to use the attainments of scientific and technological developments–can we succeed“と語るなど、イスラエルの発展に科学が重要であることを説いています。
israel_3.jpg

Chaim Weizmann (Wikipediaより)

次に、Chaim Weizmann (1874-1952)は1918年にヘブライ大学の設立の構想を立て、1925年のヘブライ大学設立に大きな貢献をしました。その後もイスラエルの科学研究、教育のための機関Technion (Israel Institute of Technology, Dan Shechtmanの出身校でもある)などの設立に尽力しました。

?israel_4.jpgErnst David Bergmann (一番右, Wikiperiaより)

最後に挙げるのはErnst David Bergmann (1903-1975) (Bergmann環化で有名なRobert G. Bergmanとは別人)です。Bergmannはドイツのベルリン大学でWilhelm Johann Schlenk (Schlenk管でお馴染み)の元で学位を取得しました。しかしいわゆるナチスの台頭によって1933年にロンドンに移ります。ここでかのSir Robert RobinsonからOxfordに誘われましたがなんと断っています。たいそうRobinsonは怒ったとか。前述のWeizmannは自身が設立に携わったDaniel Sieff InstituteにBergmannを招聘します。Bergmannはフッ素化学に大きな貢献をし、イスラエル国防軍の科学顧問のようなポジションに就くなどイスラエルの科学に大きな役割を果たすことになります。

 

イスラエル建国から25年以内に、テルアビブ大学(1953)、バル=イラン大学(1955)などの主要な大学が設立されて行くとともに、その後のイスラエルの発展には化学が大きな役割を担うことになりました。現在でも28,000人の雇用、実にGDPの約20%輸出の約15%が化学関連産業であると推計されていることから、イスラエルにおける化学の位置づけがよくわかります。4名のノーベル化学賞受賞者も頷けます。

israel_1.jpgイスラエルといえば死海ですかね

しかし一方で近年の化学業界はあまり明るくないようです。初等教育において化学が主要科目から除外されたことを期にして一般市民からの化学離れは深刻のようです。なぜこのような政策を行ったのかは不明ですが、世界的にみても残念な傾向と言わざるをえません。しかし、化学界も手をこまねいているわけではなく、独自にArchimedesプログラムというものを立ち上げ、高校生に対して大学レベルの化学に関する体験の場を提供するなどして、なんとか化学の世界に対する情熱の炎を消さないように尽力しています。

 

なんだか何処かで聞いたような話しですね。わが国でも全く同じような試みが日本化学会を中心に動いており、夏休みには全国の大学で盛んに1日体験教室のようなものが開催されていますね。

 

despite the worrying signals, the quality of chemical sciences in Israel remains high

 

人材不足というのはその後の分野の発展に深刻な影響をおよぼしかねませんが、イスラエルでは学生が積極的に米国へポスドクとして留学しています。直近2008年のデータではイスラエルで雇用された科学者のうち30%が米国の大学の出身者です。イスラエルで化学者としてポジションを得ているうちの8分の1が米国におけるtop 40の化学科出身であり、”more-open-door policy”と呼ばれる積極的な政策によって優秀な化学者を呼び込もうとしているようです。

 

3名の偉人の導きによって発展してきたイスラエルの化学ですが、今後の動向については不透明な気がします。“Don’t worry, all will be fine”という楽観的な見方もあるようですが、イスラエルは地理的に少し難しい位置にあることもあり、中東というまだ化学未開の土地で、今後どのような発展を遂げるのか、それとも衰退するのかには注目に価すると思います。

 

とにかく紛争している場合ではないことだけは確かですね。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
ペリプラノン

ペリプラノン

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。

関連記事

  1. 小型質量分析装置expression® CMSを試してみた
  2. 目指せ化学者墓マイラー
  3. とある水銀化合物のはなし チメロサールとは
  4. 鉄系超伝導体の臨界温度が4倍に上昇
  5. 投票!2017年ノーベル化学賞は誰の手に!?
  6. パーソナライズド・エナジー構想
  7. 【PR】Twitter、はじめました
  8. 炭素を1つスズに置き換えてみたらどうなる?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. コーリー・ウィンターオレフィン合成 Corey-Winter Olefin Synthesis
  2. 赤絵磁器を彩る絵具:その特性解明と改良
  3. 有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号
  4. ダンハイザー環形成反応 Danheiser Annulation
  5. UCLA研究員死亡事故・その後
  6. 科学を理解しようとしない人に科学を語ることに意味はあるのか?
  7. 酸化グラフェンの光による酸素除去メカニズムを解明 ―答えに辿り着くまでの6年間―
  8. 炭素繊維は鉄とアルミに勝るか? 番外編 ~NEDOの成果について~
  9. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Claisen Rearrangement
  10. 第93回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP