[スポンサーリンク]

archives

ケムステ主催バーチャルシンポジウム「最先端有機化学」を開催します!

[スポンサーリンク]

本シンポジウムは好評の後終了しました。開催報告はこちら。また、動画を編集し公開しました(5月25日)。講演動画はこちら(ケムステチャンネルへの登録をよろしくお願いいたします)。

COVID-19の蔓延によって昨今の学会/シンポジウムは悉く中止になりました。そんななかでも学びを途切れさせないため、オンラインへ移行するケースも増えてきました(参考:自宅での仕事に飽きたらプレゼン動画を見よう

緊急事態宣言は予定通り終わらないのでは?と囁かれてもいる昨今。学びと研究を完全に止めてしまうのは、誰にとっても得策ではありません。国内化学系でも、ピンチをチャンスに変えていく必要がある!自粛ムードだからこそ攻めの姿勢は必要不可欠!

というわけで、ケムステ主催で化学のバーチャルシンポジウムを立ち上げよう!という話が持ち上がりました。まずは代表・副代表で概要を考え、スピーカーの先生方に依頼のお声がけをさせて頂いたところ、快く承諾頂けました。ここまで僅か2時間半!

実施概要

ケムステバーチャルシンポジウム【最先端有機化学】

日時:2020年5月1日(金)17:00〜
会場:オンライン(講演者はZoom使用・ YouTubeライブの限定URL配信(URLは開催前日に配布)、録画などの公開予定はありません)
定員:先着500名→1000名→2000名→ 4000名Zoomのキャパシティ上限、 途中参加・途中退出自由)
言語:日本語
参加登録:Connpassイベントページで行ってください・開始15分前まで受付利用ガイドはこちら

参加登録はこちら

参加費:無料
Twitterハッシュタグ:#ケムステVシンポ #最先端有機化学
時間:2時間程度を予定(1名30分、YouTubeチャットでの質疑応答含む)
講演者(敬称略):

伊丹 健一郎(名大・理)「美しく、そしてすんごい分子を作りたい!」
伊藤 肇(北大・工)「メカノケミカル合成の夜明け」
金井 求(東大・薬)「生体分子構造変換ダイナミズムへの化学介入」
山下 誠(名大・工)「アルキル置換Alアニオンの合成と反応性」

主催:Chem-Station

ファシリテーター 山口 潤一郎(Chem-Station代表 早大・教授)
モデレーター
生長 幸之助(Chem-Station副代表 東大・講師)
宮田 潔志(Chem-Stationコアスタッフ 九大・助教)
苅田 譲 (Chem-Stationコアスタッフ スクリプス研究所・博士課程学生)
薮内 祐人 (Chem-Station コアスタッフ UCバークレー・博士課程学生)
中 寛史 (Chem-Stationスタッフ 名大・助教)

今回はケムステ読者にも専門家が多くいる「有機化学」をテーマに開催致します。

当日は、先生方のスライドをZoomで画面共有し、YouTube Liveで配信する形式で講演を行っていただきます。

質疑応答はYouTubeのチャットで行う予定です。時間的制約があるので全ての質問は拾えませんが、ケムステスタッフがモデレータとして講演者に講演後に伝えていく形で執り行っていきます。

→3時間ほどで、定員に達してしまいそうになっているので、配信プラットフォームをZoomからYouTubeライブ配信に変更する予定です。いずれにしてもURL(限定公開)は参加登録者に配布予定なので、参加登録をお願いいたします。(2020年4月23日12:34追記)
→参加登録800名突破しました。これに伴い、登録数上限を2000名に拡張しました。(2020年4月23日16:35追記)
→参加登録1500名突破しました。これに伴い、登録数上限を4000名に拡張しました。(2020年4月25日18:20追記)

合成化学系ではこれ以上ないトップランナー教授(なおかつ全員ケムステのインタビューにも答えて貰っています!)を日本全国から集めることができ、予想以上に豪華なラインナップとなりました。平時だと日程調整だけでも苦労するような大変に忙しい先生方に対して、短期間で話をまとめることができたこと、オンラインで地理的制約無くこういった機会が実現できるようになったことは、この状況下におけるプラスだと思います。

この規模でのバーチャルシンポは、化学系だとおそらく本邦初でしょう。滞りなく運営が進めば、若手や博士研究員、海外研究者、大学院生などを対象とする、趣旨の異なるバーチャルシンポジウムも企画したいと考えています。

不慣れなところは多々ございますが、誠心誠意、運営に努めさせて頂きます。皆さんもお誘い合わせの上、参加・聴講のほど、よろしくお願いいたします!!

参加登録はこちら

今回の講演者のケムステ関連記事

伊丹健一郎

伊藤肇

金井求

山下誠

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. JSRとはどんな会社?-2
  2. 嘘か真かヒトも重水素化合物をかぎわける
  3. 研究者目線からの論文読解を促す抄録フォーマット
  4. アミロイド線維を触媒に応用する
  5. 即戦力のコンパクトFTIR:IRSpirit
  6. リチウムイオン電池 電解液の開発動向と高機能化
  7. 歪んだアルキンへ付加反応の位置選択性を予測する
  8. ウーロン茶の中でも医薬品の化学合成が可能に

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 混合試料から各化合物のスペクトルを得る(DOSY法)
  2. 有機化学クロスワードパズル
  3. バリー・トロスト Barry M. Trost
  4. 高校生の「化学五輪」、2010年は日本で開催
  5. 第33回「セレンディピティを計画的に創出する」合田圭介 教授
  6. 茅幸二、鈴木昭憲、田中郁三ら文化功労者に
  7. 化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】
  8. 富士フイルム、英社を245億円で買収 産業用の印刷事業拡大
  9. クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda
  10. 光反応性ジアジリンアミノ酸:Fmoc-Tdf-OH, H-Tdf-OH, Boc-Tdf-OH

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP