[スポンサーリンク]

archives

ケムステ主催バーチャルシンポジウム「最先端有機化学」を開催します!

[スポンサーリンク]

本シンポジウムは好評の後終了しました。開催報告はこちら。また、動画を編集し公開しました(5月25日)。講演動画はこちら(ケムステチャンネルへの登録をよろしくお願いいたします)。

COVID-19の蔓延によって昨今の学会/シンポジウムは悉く中止になりました。そんななかでも学びを途切れさせないため、オンラインへ移行するケースも増えてきました(参考:自宅での仕事に飽きたらプレゼン動画を見よう

緊急事態宣言は予定通り終わらないのでは?と囁かれてもいる昨今。学びと研究を完全に止めてしまうのは、誰にとっても得策ではありません。国内化学系でも、ピンチをチャンスに変えていく必要がある!自粛ムードだからこそ攻めの姿勢は必要不可欠!

というわけで、ケムステ主催で化学のバーチャルシンポジウムを立ち上げよう!という話が持ち上がりました。まずは代表・副代表で概要を考え、スピーカーの先生方に依頼のお声がけをさせて頂いたところ、快く承諾頂けました。ここまで僅か2時間半!

実施概要

ケムステバーチャルシンポジウム【最先端有機化学】

日時:2020年5月1日(金)17:00〜
会場:オンライン(講演者はZoom使用・ YouTubeライブの限定URL配信(URLは開催前日に配布)、録画などの公開予定はありません)
定員:先着500名→1000名→2000名→ 4000名Zoomのキャパシティ上限、 途中参加・途中退出自由)
言語:日本語
参加登録:Connpassイベントページで行ってください・開始15分前まで受付利用ガイドはこちら

参加登録はこちら

参加費:無料
Twitterハッシュタグ:#ケムステVシンポ #最先端有機化学
時間:2時間程度を予定(1名30分、YouTubeチャットでの質疑応答含む)
講演者(敬称略):

伊丹 健一郎(名大・理)「美しく、そしてすんごい分子を作りたい!」
伊藤 肇(北大・工)「メカノケミカル合成の夜明け」
金井 求(東大・薬)「生体分子構造変換ダイナミズムへの化学介入」
山下 誠(名大・工)「アルキル置換Alアニオンの合成と反応性」

主催:Chem-Station

ファシリテーター 山口 潤一郎(Chem-Station代表 早大・教授)
モデレーター
生長 幸之助(Chem-Station副代表 東大・講師)
宮田 潔志(Chem-Stationコアスタッフ 九大・助教)
苅田 譲 (Chem-Stationコアスタッフ スクリプス研究所・博士課程学生)
薮内 祐人 (Chem-Station コアスタッフ UCバークレー・博士課程学生)
中 寛史 (Chem-Stationスタッフ 名大・助教)

今回はケムステ読者にも専門家が多くいる「有機化学」をテーマに開催致します。

当日は、先生方のスライドをZoomで画面共有し、YouTube Liveで配信する形式で講演を行っていただきます。

質疑応答はYouTubeのチャットで行う予定です。時間的制約があるので全ての質問は拾えませんが、ケムステスタッフがモデレータとして講演者に講演後に伝えていく形で執り行っていきます。

→3時間ほどで、定員に達してしまいそうになっているので、配信プラットフォームをZoomからYouTubeライブ配信に変更する予定です。いずれにしてもURL(限定公開)は参加登録者に配布予定なので、参加登録をお願いいたします。(2020年4月23日12:34追記)
→参加登録800名突破しました。これに伴い、登録数上限を2000名に拡張しました。(2020年4月23日16:35追記)
→参加登録1500名突破しました。これに伴い、登録数上限を4000名に拡張しました。(2020年4月25日18:20追記)

合成化学系ではこれ以上ないトップランナー教授(なおかつ全員ケムステのインタビューにも答えて貰っています!)を日本全国から集めることができ、予想以上に豪華なラインナップとなりました。平時だと日程調整だけでも苦労するような大変に忙しい先生方に対して、短期間で話をまとめることができたこと、オンラインで地理的制約無くこういった機会が実現できるようになったことは、この状況下におけるプラスだと思います。

この規模でのバーチャルシンポは、化学系だとおそらく本邦初でしょう。滞りなく運営が進めば、若手や博士研究員、海外研究者、大学院生などを対象とする、趣旨の異なるバーチャルシンポジウムも企画したいと考えています。

不慣れなところは多々ございますが、誠心誠意、運営に努めさせて頂きます。皆さんもお誘い合わせの上、参加・聴講のほど、よろしくお願いいたします!!

参加登録はこちら

今回の講演者のケムステ関連記事

伊丹健一郎

伊藤肇

金井求

山下誠

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 糖鎖合成化学は芸術か?
  2. 元素占いはいかが?
  3. 実験ノートの字について
  4. タミフルの効果
  5. 化学工業で活躍する有機電解合成
  6. 研究者のためのCG作成術③(設定編)
  7. アライン種の新しい発生法
  8. 学部生にオススメ:「CSJ カレントレビュー」で最新研究をチェッ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 石テレ賞、山下さんら3人
  2. マット・フランシス Matthew B. Francis
  3. 治療薬誕生なるか?ジカウイルスのアロステリック阻害剤開発
  4. 創薬化学―有機合成からのアプローチ
  5. Spiber株式会社ってどんな会社?
  6. 硫酸エステルの合成 Synthesis of Organosulfate
  7. 島津製作所、純利益325億円 過去最高、4年連続で更新
  8. カンファー(camphor)
  9. ファンケル、「ツイントース」がイソフラボンの生理活性を高める働きなどと発表
  10. 合成手法に焦点を当てて全合成研究を見る「テトロドトキシン~その1~」

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

注目情報

最新記事

令和3年度に登録された未来技術遺産が発表 ~フィッシャー・トロプシュ法や記憶媒体に関する資料が登録~

国立科学博物館は、平成20年度から重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)の登録を実施しています。令…

企業研究者のためのMI入門②:Pythonを学ぶ上でのポイントとおすすめの参考書ご紹介

現在、多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)による生産性向上を試みています。特に化学メ…

女子の強い味方、美味しいチョコレート作りを助ける化合物が見出される

チョコレートの製造過程でリン脂質分子を添加するという方法を用いれば、複雑なテンパリング(加熱・せん断…

火力発電所排気ガスや空気から尿素誘導体の直接合成に成功

第339回のスポットライトリサーチは、産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センタ…

CV測定器を使ってみた

「電気化学」と聞くと、難しい数式が出てきて何やらとっつきづらいというイメージがある人が多いと思います…

知られざる法科学技術の世界

皆さんは、日本法科学技術学会という学会をご存じでしょうか。法科学は、犯罪における問題を”科学と技術”…

有機合成化学協会誌2021年9月号:ストリゴラクトン・アミド修飾アリル化剤・液相電解自動合成・ビフェニレン・含窒素複素環

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年9月号がオンライン公開されました。9…

イグノーベル賞2021が発表:今年は化学賞あり!

2021年9月9日、「人々を笑わせ考えさせた業績」に送られるイグノーベル賞の第31回授賞式が行われま…

理化学研究所上級研究員(創発デバイス研究チーム)募集

理化学研究所の創発物性科学研究センターで上級研究員の公募を行っております。今回募集対象である、創…

世界最小!? 単糖誘導体から還元反応によって溶ける超分子ヒドロゲルを開発

第338回のスポットライトリサーチは、東 小百合 博士にお願いしました。ヒドロゲルはいわゆる…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP