[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

GEN

GEN

大学JK->国研研究者。エアロゲルやモノリス型マクロ多孔体を作製しています。専門分野はあいまいです。ピース写真付インタビューが化学の高校教科書に載っています。

  1. 自宅で抽出実験も?自宅で使える理化学ガラス「リカシツ」

    COVID-19に関する緊急事態宣言により多くの大学・研究機関で実験ができない状態になっています。先日の一斉休校時には科学技術広報研究会によるサイトなどでさまざまな実験動画を見ることができましたが、こうも長引くと実際に自分で手を動かしてみた…

  2. 産総研 地質標本館

    茨城県つくば市の産総研事業所内にある博物館。入館料無料。概要日本の地質解説の他、各地から収集…

  3. 海外学会出張でeSIMを使ってみました

    地球上どこにいてもネット接続は欠かせないもの。国際学会など海外出張の際には現地プリペイドSIMやグロ…

  4. 新規色素設計指針を開発 -世界最高の太陽光エネルギー変換効率の実現に向けて-

    第210回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院分子工学専攻光有機化学分野(今堀研究室)修士課程…

  5. 超高速レーザー分光を用いた有機EL発光材料の分子構造変化の実測

    第 201回のスポットライトリサーチは、九州大学理学府化学専攻 恩田研究室 修士課程の西郷将生さんに…

  6. 高校教科書に研究が載ったはなし

  7. 科学雑誌 Newton 2019年6月号は化学特集!

  8. 論文・学会発表に役立つ! 研究者のためのIllustrator素材集: 素材アレンジで描画とデザインをマスターしよう!

  9. トーンカーブをいじって画像加工を見破ろう

  10. 黒板に描くと着色する「魔法の」チョークを自作してみました

  11. 科博特別展「日本を変えた千の技術博」にいってきました

  12. ACSで無料公開できるかも?論文をオープンにしよう

  13. 分子振動と協奏する超高速励起子分裂現象の解明

  14. 分子機械を組み合わせてアメーバ型分子ロボットを作製

  15. 有機無機ハイブリッドペロブスカイトはなぜ優れているのか?

  16. 細胞を模倣したコンピューター制御可能なリアクター

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 進化する カップリング反応と 応用展開
  2. 香月 勗 Tsutomu Katsuki
  3. Evonikとはどんな会社?
  4. 切磋琢磨するアメリカの科学者たち―米国アカデミアと競争的資金の申請・審査の全貌
  5. リッチー・サーポン Richmond Sarpong
  6. バイオタージ Isolera: フラッシュ自動精製装置がSPEED UP!
  7. IRの基礎知識

注目情報

最新記事

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

PAGE TOP