[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

GEN

GEN

大学JK->国研研究者。エアロゲルなど多孔質材料を作製しています。専門分野はあいまいです。ピース写真付インタビューが化学の高校教科書に載りました。

  1. 今年も出ます!サイエンスアゴラ2014

    ケムステは今年もサイエンスアゴラに参戦します!038 ケムステ出張版!「 広がる化学の世界」日程は約1ヶ月後の11月8日(土)9日(日)。場所は東京・お台場にある科学未来館1階メインホールです。展示内容と…

  2. 博士号とは何だったのか - 早稲田ディプロマミル事件?

    私は今年の3月に学位(博士号)を取得し博士になりました。早稲田大学では剽窃だらけの論文でも学位が与え…

  3. ノーベル化学賞メダルと科学者の仕事

    毎年10月に科学界を賑わす話題といえばノーベル賞受賞者発表でしょう。ケムステでも化学賞についての記事…

  4. Newton別冊「注目のスーパーマテリアル」が熱い!

    科学雑誌でお馴染みのニュートンから発売されたばかりの「注目のスーパーマテリアル (Newton別…

  5. 軽量・透明・断熱!エアロゲル(aerogel)を身近に

    エアロゲルってご存じですか?80年以上前に始めて作製され、 さまざまな特徴をもつ構造体です。装置など…

  6. 透明なカニ・透明な紙:バイオナノファイバーの世界

  7. サイエンスアゴラの魅力を聞く-「iCeMS」水町先生

  8. 過塩素酸カリウム (potassium perchlorate)

  9. メチルトリメトキシシラン (methyltrimethoxysilane)

  10. 誰でも参加OK!計算化学研究を手伝おう!

  11. 世界の中心で成果を叫んだもの

  12. 夏のお肌に。ファンデーションの化学

  13. ビール好きならこの論文を読もう!

  14. TBSの「未来の起源」が熱い!

  15. NIMSの「新しいウェブサイト」が熱い!

  16. 博士課程の夢:また私はなぜ心配するのを止めて進学を選んだか

スポンサー

ピックアップ記事

  1. (+)-マンザミンAの全合成
  2. フィッツナー・モファット酸化 Pfitzner-Moffatt Oxidation
  3. コールマン試薬 Collman’s Reagent
  4. 不斉アリル位アルキル化反応を利用した有機合成
  5. サリドマイドの治験、22医療機関で 製薬会社が発表
  6. 製薬業界の研究開発費、増加へ
  7. 第8回平田メモリアルレクチャー

注目情報

最新記事

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

【ケムステSlackに訊いてみた】有機合成を学ぶオススメ参考書を教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackを立ち上げてもうすぐ2年が経ちます。かな…

第三回ケムステVプレミアレクチャー「夢のある天然物創薬」を開催します!

そろそろケムステVシンポも開始しますが、その前にもう一度Vプレレクのお知らせです。3月末に第…

PAGE TOP