[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

ボリルメタン~メタンの触媒的ホウ素化反応

有機ホウ素化合物は、ホウ素置換基部位を様々な官能基へと容易に変換することができるため、重要な合成中間体です。例えば末端部位にボリル基を持つアルカン類はアルケンへのヒドロホウ素化によって容易に誘導でき、その後、酸化することによって容易に一級アルコールへと変換することができます。

アルカンの触媒的ホウ素化反応ー問題点

上述の末端ボリルアルカンは、以前紹介した「アルカンの触媒的ホウ素化反応」によっても合成できます。[1] この反応は官能基化の位置選択性の面で非常に優れた触媒反応ですが、低沸点アルカン(エタンやメタン)のホウ素化反応はこれまで報告例がありません。エタン・メタンからエタノール・メタノールが容易に合成できれば、飲み放題かつメタノールエコノミーな世界の実現に一歩近づけそうな気がしませんか?

rk20161024-fig-01

ところが、低級アルカンのホウ素化を達成し得るような高活性化触媒の開発は、非常に難しい課題であると思われていました。それは、触媒間の反応による失活を防ぐ必要があるため、触媒となる錯体分子内に利用可能な配位子が制限されており、金属中心の電子・立体的制御及び最適化が困難を極めることに起因します。

メタンからボリルメタン

達成困難な課題とされてきたメタンのホウ素、ついにできましたよ!、という論文が、Science誌に、しかも二つの研究グループによって同時に発表されていたので、紹介したいと思います。まずはこちら、ミシガン大学のSanfordらのグループによるもの。

Amanda K. Cook, Sydonie D. Schimler, Adam J. Matzger, Melanie S. Sanford, Science 2016, 351, 1421 – 1424, DOI: 10.1126/science.aad9289

メタンを触媒的ホウ素化反応に利用する際にはいくつかの問題があります。
(1)まず、なんといってもメタンのC-H結合が他のアルカンと比べて強いこと。同じC-H結合でも、メタン(105 kcal/mol)はヘキサン(末端C-H: 101 kcal/mol)やシクロヘキサン(99.5 kcal/mol)よりも4,5kcal/mol 程度強いことが解っています。
(2)また、非極性かつ分子量が小さい(MW: 16.04)ため沸点が非常に低く(-161℃)、溶媒兼基質として反応を行うことができません。つまり、反応を行う際にはメタンを溶存し得る溶媒を使用せざるを得ないという条件になりますが、その溶媒にメタンのC-H結合よりも活性なC-H結合があると、溶媒のホウ素化が進行してしまうことになります(OMG!)。

一方で(1)の問題点に関しては、2005年Hallらによる理論計算によって、既存の触媒でもメタンのCH結合は十分活性化できるという報告がされています。[2] となると、高活性触媒の開発ではなく、(2)の溶媒の問題をなんとかするべき、という研究の方向性に至るのは納得できますよね。
では、C-H結合を持たない溶媒を使ってみましょう、ということで、著者らはまずC-H結合を持たないペンタフルオロメチレンシクロヘキサン(PFMCH)とパーフルオロヘキサン(PFH)を使用しています。その結果・・・溶けないっっ!パーフルオロカーボン溶媒に対する触媒の溶解性が非常に低いため、反応がうまく進行しません。とはいっても、PFHを使用した場合、メタンがボリル化した生成物が26%得られています!(下図)

rk20161024-fig-1

話が少し前後しますが、ヘキサンを本反応の基質として用いた場合、末端の一級炭素のみがボリル化されます。これは、立体的要因が反応の位置選択制を制御しているためであり、従来の触媒的ホウ素化反応ではより立体障害の大きい内側の-CH2-部位はボリル化されません。ということはですよ、C-H結合を含んでいても二級炭素(-CH2-)のみから成る炭化水素は、溶媒としてつかるんじゃないでしょうか。上述のとおり、C-H結合そのものはシクロヘキサンの方がメタンよりも弱いのですが、ご存知のとおりシクロヘキサンはすべて二級炭素なので、溶媒に使えそうですね。ということで、次に著者らはシクロペンタンとシクロヘキサンを溶媒として検討してみました。その結果・・・シクロヘキサンを使用した系において高収率(99%!)で目的物を得ることに成功しています(上図)!

また、著者らが試したRh, Ir, Ru触媒の中では、Rh触媒がダントツで活性だった模様です。論文中では触媒の選択と生成物の比の関連性についても議論しています。

rk20161024-fig-2

rk20161024-fig-3

(Tableは原著論文より)

また類似の条件下でエタンのボリル化にも成功しており、比較実験により同じ反応条件下ではエタンよりも小さなメタンのほうがより効率的にボリル化されることを明らかにしています。

rk20161024-fig-4

メタンボリル化の反応機構

さて次に紹介するのは、ミシンガン州立大のSmithKAISTのBaikペンシルバニア大のMindiolaのチームによるもの。

Kyle T. Smith, Simon Berritt, Mariano González-Moreiras, Seihwan Ahn, Milton R. Smith III, Mu-Hyun Baik, Daniel J. Mindiola,
Science 2016, 351, 1424 – 1427, DOI: 10.1126/science.aad9730 

Sanfordらと同様、Smithらも溶媒にシクロヘキサン(もしくはTHF)を使用しています。目の付け所が リングです。さらに、上では述べませんでしたが、ボラン(HBpin)ではなくジボラン(pinB-Bpin)を用いることも、反応をスムーズに進行させるためには重要なようです。

rk20161024-fig-6-2

初期の反応条件最適化段階では、Irと1,10-phenanthroline配位子から成る触媒を使用していますが、収率が最高でも4.1%以下と、いやはやとても触媒反応とは言い難い結果に終わっています。

rk20161024-fig-5

rk20161024-fig-6

(Tableは原著論文より)

 

一方で、理論計算による反応機構の検証により、一般的なσ-メタセシス機構ではなく、酸化的付加-還元的脱離を含む→即ちIr(III)/Ir(V)種を含むことが推測されたことから(下図)、配位子をより電子供与性の高いジホスフィンに変えた反応条件検討をおこなっています。

rk20161024-fig-7
ジホスフィンを用いた結果では、収率を52%まで上げることに成功し、さらに13CH4を用いたラベル実験によって生成物中のメチル基がメタン由来であることを実験的に確かめています。

最後に

2000年に初めてHartwigらがScienceに本触媒反応を報告して以来、[3]16年間もの年月を重ねて発展してきた研究が結実し、ようやくアルカンの触媒的ホウ素化反応における一つのゴールが達成されたというお話でした。どちらの論文もHartwigのグループによるものではないということが(狙っていたのかはわかりませんが)、プロジェクトの世界的競争の激しさを示唆しているようで、筆者にはとても印象的であるのと同時に、このような長期にわたる世界的研究テーマを生み出すHartwigグループには改めて感服するばかりです。科学の進歩において、課題を解決できる研究者の存在が必要であることは当然で その成果は論文でみることが可能ですが、一方で、重要課題を提示できる・した側の研究者とは果たしてどの程度の割合でいるのか、確認する術・さらには評価される方法があってもいい気がしますね。また、16年の歳月が長いと感じるか短いと感じるかは人それぞれだと思いますが、真摯に向き合い続ける研究者が世界中に居る限り、科学的課題は設定された瞬間から解決へ向かうのだろう、ということを感じずにはいられない論文でした。

参考文献

  1.  I. A. I. Mkhalid, J. H. Barnard, T. B. Marder, J. M. Murphy, J. F. Hartwig, Chem. Rev., 2010, 110, 890–931, DOI: 10.1021/cr900206p
  2. J. F. Hartwig, K. S. Cook, M. Hapke, C. D. Incarvito, Y. Fan, C. E. Webster, M. B. Hall, J. Am. Chem. Soc., 2005, 127, 2538–2552, DOI: 10.1021/ja045090c
  3. H. Chen, S. Schlecht, T. C. Semple, J. F. Hartwig, Science 2000, 287, 1995-1997, DOI: 10.1126/science.287.5460.1995

 

関連書籍

関連動画

 

The following two tabs change content below.
StarryNight

StarryNight

関連記事

  1. ルテニウム触媒によるC-C結合活性化を介した水素移動付加環化型カ…
  2. 標準物質ーChemical Times特集より
  3. 免疫応答のシグナル伝達を遮断する新規な免疫抑制剤CPYPP
  4. Nature Chemistry誌のインパクトファクターが公開!…
  5. 「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・K…
  6. 連鎖と逐次重合が同時に起こる?
  7. ヒドラジン
  8. 企業の研究を通して感じたこと

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機化合物のスペクトルによる同定法―MS,IR,NMRの併用 (第7版)
  2. 澤本 光男 Mitsuo Sawamoto
  3. オッペナウアー酸化 Oppenauer Oxidation
  4. イチゴ生育に燃料電池
  5. 複雑分子を生み出す脱水素型ディールス・アルダー反応
  6. 花王、ワキガ臭の発生メカニズムを解明など研究成果を発表
  7. 1つの蛍光分子から4色の発光マイクロ球体をつくる
  8. 武田、ビタミン原料事業から完全撤退
  9. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」①(解答編)
  10. 有機反応の仕組みと考え方

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP