[スポンサーリンク]

一般的な話題

edXで京都大学の無料講義配信が始まる!

[スポンサーリンク]

 

Chemistry will change your life!

さあいよいよ京都大学発のインターネット無料配信講義が始まりました。

大学の高度な講義を自宅にいながら受講できるという太っ腹なMassive open online courseの中で、京都大学が選んだのはエデックス(edX)でした。そしてその記念すべき最初の講義は、京都大学 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS)の上杉志成教授による、The Chemistry of Lifeです。

本日、4月10日から配信開始です!

とは言っても京都大学では2005年から独自にインターネットを通じた講義内容の公開はされていたのですが、今回は世界的なシステムを通じた本格的なMassive open online course (MOOC)です。

 

MOOCはIT技術の向上などの恩恵を受け世界各国で広がりをみせつつあります。ハーバード大学マサチューセッツ工科大学が設立したedXや、スタンフォード大学が設立に関わった営利団体であるコーセラ(Coursera)などが大きなものになります。2013年には東京大学がCourseraへの参画を表明していて、現在文系の”Conditions of War and Peace”と物理系の”From the Big Bang to Dark Energy”が準備されているようです。

AppleのiTunes Uでは既に様々な大学の講義コンテンツを無料で見ることができます。しかし、これは講義の様子を撮影したビデオが視れるという代物なので、双方向ではありません。MOOCではどのような形かは様々ではありますが、例えば教授に直接質問できる時間が設けられたり、実際に試験やレポートが課され、成績の評価が得られたりする場合もあります。1コースは大体15回くらいが設定されており、内容は大学の1セメスター分の講義と同じくらいのボリュームがあると考えていいと思います。 ちなみにChemistry of Lifeのコースは週に3時間で15週で、欧米の大学と同じくらいのボリュームですかね。もちろん視聴するだけというのも可能ですが、上位50%に入ればHonor Codeという修了証のようなものをもらうこともできるようです。

我が国では放送大学というテレビを使った大学が古くからあり、単位が取得できたり、学位を貰うことも可能となっています。しかし、MOOCでは基本的には単位や学位という形では認定されないのが普通で、ハーバードの学生がedXで受講しても大学の単位にはなりません

では何のためにこんなものがあるんでしょうか?これはやはり人類の“知”への欲求を満たすためなんでしょうね。大学としてみれば1銭にもならないわけで、やるだけ損ですが、こういった取り組みによって優秀な学生が進学してくるモチベーションになって、入学後に活躍して欲しいということなんでしょう。また、MOOCでは英語での講義が基本ですから、国際的に優秀な留学生を集めるためには効果的であると思われます。実際京都大学のコースでは成績優秀者に政府の奨学金を得て京都大学へ留学する機会が与えられ、大学でも上位5名に夏期短期留学の旅費が助成されるというアナウンスがされています。

 

ここで講師の上杉志成教授についても少し紹介しなければいけませんね。上杉先生は京都大学で学位を取得されたあと、ハーバード大学で博士研究員などをされた後、米国ベイラー医科大学で10年ほど准教授などをされておりました。2005年からは京都大学の教授で、我が国におけるケミカルバイオロジー分野の第一人者です。大変ユニークな生物活性を有する小分子を見いだしておられ、また化合物の標的分子の特定なども精力的に研究されています。化学と生物をつなぐ学問を専門とされており、今回のコースでその魅力について大いに語っていただけることと思います。

上杉教授だけではなく、同じく京大の土佐尚子教授、飯吉透教授、酒井博之准教授、Dr. Amelie Perronがコースのスタッフに挙げられております。

実は昨年の5月くらいに京都大学からedXへの参画のアナウンスがあり、今か今かと待ちわびていたところです。MOOCでの記念すべき最初のコースが化学に関連する科目であったことがちょっぴり嬉しかったので紹介させていただきました。

さああなたも無料で受講しちゃいましょう!受講にはedXへの登録が必要です。急げ!

京都大学OCWも参考にして下さい。

Chemistry will change your life! <=元ネタはYouTubeをご覧下さい。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
ペリプラノン

ペリプラノン

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。

関連記事

  1. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり④:「ブギーボ…
  2. 有機合成に活躍する器具5選|第1回「有機合成実験テクニック」(リ…
  3. Google Scholarにプロフィールを登録しよう!
  4. 化学エネルギーを使って自律歩行するゲル
  5. 最近の有機化学注目論文3
  6. Al=Al二重結合化合物
  7. 金ナノクラスター表面の自己組織化単分子膜を利用したテトラセンの高…
  8. “マイクロプラスチック”が海をただよう …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Reduction
  2. 有機の王冠
  3. ジメシチルフルオロボラン:Dimesitylfluoroborane
  4. Thomas R. Ward トーマス・ワード
  5. α-トコフェロールの立体選択的合成
  6. 金属スカベンジャーを試してみた
  7. 貴金属に取って代わる半導体触媒
  8. 電場を利用する効率的なアンモニア合成
  9. ガッターマン アルデヒド合成 Gattermann Aldehyde Synthesis
  10. スタニルリチウム調製の新手法

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アンモニアの安全性あれこれ

アンモニア利用で管理は重要な事項ですが、「臭いし、たくさん吸い込んだらやばそう」ってイメージくらいし…

金ナノクラスター表面の自己組織化単分子膜を利用したテトラセンの高効率一重項分裂とエネルギー変換機能

第231回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学 羽曾部研究室 で専任講師を務められている酒井 隼…

ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバルヘルスに貢献する天然物化学の新潮流 ~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年12月10日(火)13:00~17:30(開場 …

微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する

第231回のスポットライトリサーチは、河谷稔さんにお願い致しました。河谷さんが研究を実施され…

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP