[スポンサーリンク]


2014年 5月

  1. ダン・シェヒトマン博士の講演を聞いてきました。

     はじめましてフェロセンと申します。5月初旬に思い切ってケムステスタッフとして活動すべく応募いたしまして、はれてケムステスタッフとなりました。今後ともどうぞよろしくお願いします。 さて先日、2011年に「準結晶の発見」の功績によりノーベ…

  2. 信じられない!驚愕の天然物たちー顛末編ー

    先日"信じられない!驚愕の天然物たち"と題したポストをしましたが、その続編と言います…

  3. レビュー多くてもよくね?

    先日化学者のつぶやきにて昨今総説が多すぎるのではないかと指摘するケムステ副代表による記事が掲載されま…

  4. 重水素標識反応 Deuterium Labeling Reaction

    概要同位体である水素と重水素(Deuterium)を置き換えることでさまざまな応…

  5. YMC「水素吸蔵合金キャニスター」:水素を安全・効率的に所有!

    水素ボンベ。水素添加反応で使うので有機化学系の研究室ならば(それ以外にも)必ずみ…

  6. 秋山・寺田触媒 Akiyama-Terada Catalyst

  7. 祝5周年!-Nature Chemistryの5年間-

  8. 生体共役反応 Bioconjugation

  9. 非専門家でもデザインはできる!「ノンデザイナーズ・デザインブック」

  10. リアル『ドライ・ライト』? ナノチューブを用いた新しい蓄熱分子の設計-後編

  11. シリコンバレーへようこそ! ~JBCシリコンバレーバイオ合宿~

  12. 世界の化学企業ーグローバル企業21者の強みを探る

  13. 世界の化学企業いくつ知っていますか?

  14. 研究者よ景色を描け!

  15. 菅裕明 Hiroaki Suga

  16. 渡辺芳人 Yoshihito Watanabe

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ライセルト反応 Reissert Reaction
  2. 炭素-炭素結合を組み替えて多環式芳香族化合物を不斉合成する
  3. コランニュレン corannulene
  4. ウルツ反応 Wurtz Reaction
  5. 植物生合成の謎を解明!?Heteroyohimbine の立体制御
  6. ロルフ・ミュラー Rolf Muller
  7. DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

注目情報

最新記事

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

PAGE TOP