[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. ご長寿化学者の記録を調べてみた

    先日、G. Stork教授の論文に関するポストがありました。御年95歳という研究者でありながら、学術論文をまだ出版できるというバイタリティーは敬服に価すると思います。化学の論文を書くためには実験のデータというのが必要になることが多い…

  2. ジャック・ドゥボシェ Jacques Dubochet

    ジャック・ドゥボシェ (Jacques Dubochet 1942年6月8日- エーグル生まれ) は…

  3. 合成とノーベル化学賞

    ノーベル化学賞の発表間近になり、今年も色々な予想が出ていますね。ケムステの予想イベントにもぜひ参加し…

  4. 金沢ふるさと偉人館

    金沢ふるさと偉人館は石川県金沢市にある金沢ゆかりの人物20名あまりに関する資料館。その中でも化学者と…

  5. ヒアリの毒素を正しく知ろう

    大井埠頭(東京・品川)で陸揚げされたコンテナから、強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」が発見された問…

  6. 分子構造をモチーフにしたアクセサリーを買ってみた

  7. 東京理科大学みらい研究室にお邪魔してきました

  8. 有機化学命名法

  9. マイクロプラスチックの諸問題

  10. ニホニウムグッズをAmazonでゲットだぜ!

  11. 相撲と化学の意外な関係(?)

  12. 化学に関係ある国旗を集めてみた

  13. アルゼンチン キプロス

  14. 教科書を書き換えるか!?ヘリウムの化合物

  15. 燃える化学の動画を集めてみました

  16. 2017年始めに100年前を振り返ってみた

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ボルテゾミブ (bortezomib)
  2. DOIって何?
  3. 人名反応に学ぶ有機合成戦略
  4. 新日石、地下資源開発に3年で2000億円投資
  5. 錯体と有機化合物、触媒はどっち?
  6. 化学小説まとめ
  7. 剛直な環状ペプチドを与える「オキサゾールグラフト法」

注目情報

最新記事

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

PAGE TOP