[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. 宮沢賢治の元素図鑑

    概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書。副題は―作品を彩る元素と鉱物ーであり、元素そのものではなく鉱物についても解説している。 (さらに…)…

  2. 死刑囚によるVXガスに関する論文が掲載される

    我が国は原子爆弾が投下された唯一の国であると同時に、毒ガスという化学兵器による無差別テロが起きた唯一…

  3. 昇華の反対は?

    ご無沙汰しております。最近環境の激変への対応に追われておりまして、なかなか執筆時間が取れずにおりまし…

  4. 今年はキログラムに注目だ!

    遅ればせながら明けましておめでとうございます。本年も面白い化学について少しでもお伝えできればと思いま…

  5. 君はPHOZONを知っているか?

    唐突ですがスマホでゲームやりますか?筆者はファミコン世代ということもあり、様々なゲームをやってき…

  6. 元素検定にチャレンジせよ!

  7. 道修町ミュージアムストリート

  8. ご長寿化学者の記録を調べてみた

  9. ジャック・ドゥボシェ Jacques Dubochet

  10. 合成とノーベル化学賞

  11. 金沢ふるさと偉人館

  12. ヒアリの毒素を正しく知ろう

  13. 分子構造をモチーフにしたアクセサリーを買ってみた

  14. 東京理科大学みらい研究室にお邪魔してきました

  15. 有機化学命名法

  16. マイクロプラスチックの諸問題

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 武田オレフィン合成 Takeda Olefination
  2. 始まるPCB処理 利便性追求、重い代償
  3. 住友化学、硫安フリーのラクタム製法でものづくり大賞
  4. 緑色蛍光タンパク質を真似してRNAを光らせる
  5. アルキンジッパー反応 Alkyne Zipper Reaciton
  6. 韮山反射炉
  7. 光刺激で超分子ポリマーのらせんを反転させる

注目情報

最新記事

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

PAGE TOP