[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「薬学の父」長井博士、半生を映画化へ

徳島出身で「日本薬学の父」と称される長井長義博士(1845~1929)の半生を描いた映画「こころざし-舎密(せいみ)を愛した男-」の製作発表が22日、徳島大(徳島市庄町1)で行われた。俳優の西村和彦さんが長井博士の役を演じ、父親役に大杉漣さん、妹役に大塚ちひろさんと県出身の俳優が脇を固める。来年3月の完成後は県内各地で上映会が開かれるほか、県内の全中学・高校に映像DVDを配り、郷土の偉人を広く発信する(引用:毎日新聞)。

これは面白いですね。長井長義博士に関しては語るまでもないでしょう(後日「世界の化学者データベース」に追加します)。なかなか化学者が主人公の映画、テレビがないので(爆発する博士コントなら誰でも知っているかもしれませんが(苦笑))気になるところです。ふと思えば化学に関する映画、テレビ等ってどんなものがあったのでしょうか。ちょっとだけ調べてみることにしました。

早速Google検索してみると、なんとつい先月まで単館系の映画ですが、第一三共の初代社長であった高峰譲吉の映画がやっていたようです。

さくらさくら サムライ化学者 高嶺譲吉の生涯

2010-07-28_0206.png
あらすじ:金沢の救急病院での場面が映画の導入だ。緊急手術に使われた止血剤を担当医が「エピネフリン」というのに、「アドレナリン」と呼ぶべきだと女性看護師が反発する。看護師は主人公高峰譲吉の妹の曾孫という設定で、彼女が先祖の譲吉の事績を調べていく。看護師役の女優(国分佐智子)は、譲吉の妹役も務める。その妹がまだ幼女だった明治初年、金沢藩のもと御典医の家、高峰家で、長男譲吉が家業の医学でなく化学を学びたいと父に言い出す場面から始まる。このあと映画は、譲吉の生涯を追っていく。譲吉の工部大学校在学、イギリス留学からの帰国後の農商務省での化学者としての活動、アメリカのニューオリンズの万博出張と将来の妻キャロライン・ヒッチとの出会い、万博で買い付けた過リン酸肥料の日本への導入の苦労と大日本肥料会社設立、キャロラインとの結婚と彼等の日本生活での悲喜劇、キャロラインの母の後押しによる一家のアメリカ移住、ウィスキー醸造業への参入と挫折、タカジアスターゼの開発とパーク・デイヴィス社との交渉、日本から来た助手上中啓三との協力による副腎髄質ホルモンの結晶化(アドレナリン)、晩年の日米親善事業のためのワシントンへの桜の導入など、譲吉の生涯と業績のエッセンスがうまくまとめられている。映画のタイトル「さくら、さくら」は、このワシントンに見事な桜並木をもたらした高峰の最後の業績にちなんでいる(引用:梶 雅範・科学史研究室)。

ノーベル化学賞関連動画(サイエンスZERO)

映画とは異なりますが、サイエンスZEROのノーベル化学賞関連動画は誰でもわかるように簡単に解説されていておすすめです。2008年の下村脩先生のGFPの発見秘話、2009年のリポソームの解説が放送されました。しかし残念ながら(当たり前ですが)インターネットでは視聴できません。

サイエンスチャンネル

科学技術振興機構(JST)がお届けする、科学技術専門放送であるサイエンスチャンネルでは多くの化学に関する放送がインターネットでご覧になれます。例えば、向山光昭先生だとか小林修教授、山口茂弘教授、及川英秋教授のドキュメント、インタビュー動画等(約15~30分)を見ることができます。その他にも歴史的に著名な化学者について、ノーベル化学賞受賞者についての番組もあります。

杉本八郎物語?(題名を覚えていない)

学生の時(5,6年前?)にアルツハイマー治療薬であるアリセプトを開発した元エーザイ研究員(現在京都大学薬学部教授)の杉本八郎先生のドキュメントTVがどこかの番組で放送されていました。時間は30分ほどであったと思いますが、非常によく出来ていて感動し、恥ずかしながら泣きそうになった思い出があります。ビデオに録画したのですが、もちろん最近ビデオなどみないのでどこにいったかもわからず、さらに番組名も忘れてしまったので思い出せません。学生に見せてあげたいのですが、誰か知っている人がいたらご一報ください。

杉本八郎教授 アルツハイマー病治療薬開発の夢を追って (PDFファイル)

というわけで映画からかなり話はそれてしまいましたが、化学者を題材にした映画、テレビ、ドキュメントは将来化学を学びたい学生にとって容易に感情移入することが可能で、さらにモチベーションをあげることができるのでぜひもっと作って欲しいものです。

ちなみにヤル気を出したい時に、モチベーションを上げるための書籍、読み物としてオススメなものは以下の2つ。。

月刊「化学」 研究者ノート (福山透先生)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. <理研研究員>「論文3本」の実験データ改ざん
  2. ヤクルト、大腸の抗がん剤「エルブラット」発売
  3. 韮崎大村美術館が27日オープン 女性作家中心に90点展示
  4. タンチョウ:殺虫剤フェンチオンで中毒死増加
  5. 薬価4月引き下げ 製薬各社は「アジア」「非医薬」に活路
  6. 第35回安全工学シンポジウム
  7. Eリリーの4-6月期は19%減益、通期見通し上方修正
  8. メディビック、抗がん剤「グルフォスファミド」の第II相試験を開始…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ナノってなんて素敵ナノ
  2. 国際シンポジウム;創薬・天然物―有機合成化学の展望―
  3. Z選択的ホルナー-エモンズ試薬:Z-selective Horner-Emmons Reagents
  4. 鈴木 章 Akira Suzuki
  5. 森謙治 Kenji Mori
  6. 発想の逆転で糖鎖合成
  7. 柴崎・東大教授が英化学会メダル受賞
  8. 分子標的の化学1「2012年ノーベル化学賞GPCRを導いた親和クロマトグラフィー技術」
  9. ガッターマン アルデヒド合成 Gattermann Aldehyde Synthesis
  10. 三井化学と日産化学が肥料事業を統合

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP