[スポンサーリンク]

ケムステニュース

総合化学大手5社の前期、4社が経常減益

総合化学大手5社の2006年3月期の連結業績が15日出そろった。原料価格の高騰や一部製品の市況低迷で石油化学事業の収益が悪化、住友化学を除く4社が経常減益となった。07年3月期も一段の原料高を見込み、石化事業の収益の重荷になる。電子材料や医薬品など非石化事業で補う構えだが、減益や増益率の鈍化が避けられない情勢だ。(引用:日本経済新聞)

ナフサの高騰に直接関わる、石化や基礎化学品の現役により軒並み減益となっています。住友化学だけが、増益となり、今後も液晶テレビの需要拡大による増益を見込んでいくそうです。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. よくわかる最新元素の基本と仕組み
  2. 高脂血症治療薬の開発に着手 三和化学研究所
  3. 夏の必需品ー虫除けスプレーあれこれ
  4. 日本化学会、論文無料公開へ新方式
  5. 米デュポン、高機能化学部門を分離へ
  6. ソモライ教授2008年プリーストリー賞受賞
  7. 全薬工業とゼファーマ、外用抗真菌薬「ラノコナゾール」配合の水虫治…
  8. 三菱商事ナノテク子会社と阪大院、水に濡れるフラーレンを共同開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. イオンのビリヤードで新しい物質を開発する
  2. アブシジン酸(abscisic acid; ABA)
  3. トムソン:2007年ノーベル賞の有力候補者を発表
  4. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification
  5. ケイ素 Silicon 電子機器発達の立役者。半導体や光ファイバーに利用
  6. あなたはどっち? 絶対立体配置
  7. 1,2,3,4-シクロブタンテトラカルボン酸二無水物:1,2,3,4-Cyclobutanetetracarboxylic Dianhydride
  8. フローシステムでペプチド合成を超高速化・自動化
  9. アルダー エン反応 Alder Ene Reaction
  10. 高分子学会年次大会 「合成するぞ!」Tシャツキャンペーン

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

PAGE TOP