[スポンサーリンク]

ケムステニュース

総合化学大手5社の前期、4社が経常減益

[スポンサーリンク]

総合化学大手5社の2006年3月期の連結業績が15日出そろった。原料価格の高騰や一部製品の市況低迷で石油化学事業の収益が悪化、住友化学を除く4社が経常減益となった。07年3月期も一段の原料高を見込み、石化事業の収益の重荷になる。電子材料や医薬品など非石化事業で補う構えだが、減益や増益率の鈍化が避けられない情勢だ。(引用:日本経済新聞)

ナフサの高騰に直接関わる、石化や基礎化学品の現役により軒並み減益となっています。住友化学だけが、増益となり、今後も液晶テレビの需要拡大による増益を見込んでいくそうです。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ヒアリの毒素を正しく知ろう
  2. GoogleがVRラボを提供 / VRで化学の得点を競うシミュレ…
  3. 日本化学会 平成17年度各賞受賞者決まる
  4. 理化学研究所、植物の「硫黄代謝」を調節する転写因子を発見
  5. エーザイ、アルツハイマー治療薬でスウェーデン企業と提携
  6. 大塚製薬4200億円で米バイオベンチャーを買収
  7. 「石油化学」の新ネーミング募集!
  8. 肩こりにはラベンダーを

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Reaxys Prize 2012ファイナリスト45名発表!
  2. HOW TO 分子シミュレーション―分子動力学法、モンテカルロ法、ブラウン動力学法、散逸粒子動力学法
  3. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!③
  4. 元素名を名字にお持ちの方〜
  5. 理系のためのフリーソフト Ver2.0
  6. ここまで進んだ次世代医薬品―ちょっと未来の薬の科学
  7. システインから無機硫黄を取り出す酵素反応の瞬間を捉える
  8. キャサリン・M・クラッデン Cathleen M. Crudden
  9. Eリリーの4-6月期は19%減益、通期見通し上方修正
  10. アルミニウムで水素分子を活性化する

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP