[スポンサーリンク]

ケムステニュース

大阪・池田 リチウム電池の実験中に爆発事故

[スポンサーリンク]

2012年6月18日 夕方頃、大阪府池田市の産業技術総合研究所で爆発がありました。
通報により消防が駆け付けた時にはすでに全員が避難し、けが人はいないということです。爆発は複数回におよび、激しく煙を上げていたようです。

 

 

爆発があったのは電池の実験を行っていた棟の2階部分で、職員がリチウム電池の実験を行っていたところ、突然爆発し煙が上がったとのこと。
今回の事故について詳しいことはまだわかりませんが、調べてみると今年の4月にもアメリカ・ミシガン州にあるGMの研究所でリチウム電池関連の爆発事故が起こり、従業員一名が重体となっていたようです。
こちらの事故原因についてはGMからの公式発表があり、「極限状態の試験課程で、リチウムバッテリーから漏れたガスが何らかの原因で引火した」とのことです。

危険性を孕んだ物質や装置でも、日常的に取り扱っているうちに油断が生まれてしまいます。
忙しい中でも、時々は「自分の操作は本当に安全か?」ということを冷静かつ客観的に見つめ直すこと、また自分の実験に関連する事故の情報にアンテナを張っておくことが大切だと改めて考えさせられます。

なにはともあれ、けが人が出なかったことにほっとしています。

 

関連サイト

The following two tabs change content below.
らくとん

らくとん

とある化学メーカーで有機合成関係の研究をしている人。一日でも早くデキる企業ケミストになることを夢見ているが、なかなか芽が出ない残念ケミスト。化学も好きだけど生物も大好きな農芸化学出身。

関連記事

  1. 製造過程に発がん性物質/テフロンで米調査委警告
  2. メラノーマ治療薬のリード化合物を発見
  3. 春の褒章2010-林民生教授紫綬褒章
  4. 化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発
  5. タミフル―米国―厚労省 疑惑のトライアングル
  6. 脂肪燃やすアミノ酸に効果 「カルニチン」にお墨付き
  7. 「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入
  8. ノバルティス、米カイロンを5000億円で完全子会社に

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. レフォルマトスキー反応 Reformatsky Reaction
  2. 「化学研究ライフハック」シリーズ 2017版まとめ
  3. Micro Flow Reactorで瞬間的変換を達成する
  4. アニリン版クメン法
  5. カンファー(camphor)
  6. リチウム金属電池の寿命を短くしている原因を研究者が突き止める
  7. 第13回 次世代につながる新たな「知」を創造するー相田卓三教授
  8. Essential細胞生物学
  9. 化学反応のクックパッド!? MethodsNow
  10. 一重項酸素 Singlet Oxygen

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

化学産業における規格の意義

普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

特許資産規模ランキング2019、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化学

株式会社パテント・リザルトは、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と…

TQ: TriQuinoline

第228回のスポットライトリサーチは、足立 慎弥さんにお願い致しました。シンプルながらこれま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP