[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき一般的な話題

  1. 2005年ノーベル化学賞『オレフィンメタセシス反応の開発』

     スウェーデン王立科学アカデミーは5日、2005年のノーベル化学賞をフランス人のイブ・ショバン仏石油研究所名誉研究員(74)、米国人のロバート・グラブス米カリフォルニア工科大教授(63)、リチャード・シュロック米マサチューセッツ工科大教…

  2. 比色法の化学(後編)

    今回は後編ということで、食品化学の分野で用いられる比色法について紹介しようと思います。といっても、食…

  3. プロドラッグの話

    私たちが快適かつ健康な生活を営むために必要なものは勿論沢山ありますが、医薬品はその中でも最重要なもの…

  4. 色の変わる分子〜クロミック分子〜

     クロモトロピズムという言葉を御存知でしょうか?日本語では「可逆的変色」などと訳され、外部からの何ら…

  5. IRの基礎知識

    赤外吸収分光法(infrared absorption spectrometry, IR)とは、試料…

  6. 比色法の化学(前編)

  7. 共役はなぜ起こる?

  8. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』

  9. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』

  10. ハメット則

  11. 有機の王冠

  12. 2001年ノーベル化学賞『キラル触媒を用いる不斉水素化および酸化反応の開発』

  13. 1,2-還元と1,4-還元

  14. 香りの化学2

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 機構解明が次なる一手に繋がった反応開発研究
  2. C–H活性化反応ーChemical Times特集より
  3. 「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より
  4. 2011年ノーベル化学賞予測―トムソン・ロイター版
  5. The Journal of Unpublished Chemistry
  6. N-ヨードサッカリン:N-Iodosaccharin
  7. ペイン転位 Payne Rearrangement

注目情報

最新記事

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-

前回に引き続き、アメリカの大学院の受験の合格者を対象にした学校説明会の参加報告です。今回はUC Be…

香りの化学4

前回香りの化学3では香料業界のことについてお話ししましたが、今回は香料業界の今後についてのお話です。…

積水化学工業、屋外の使用に特化した養生テープ販売 実証実験で耐熱・対候性を訴求

積水化学工業機能テープ事業部は、道路舗装用など屋外での使用に特化した養生テープ「フィットライトテープ…

PAGE TOP