[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき一般的な話題

  1. 元素占いはいかが?

    最近ではケータイなどでも見られる軽めのコンテンツが沢山でき、一昔前と違ってネットはずいぶんと楽しい世界になってきました。顔ちぇき!や脳内メーカーがちまたで大ブームなのもご存じの通り。筆者などは顔ちぇき!診断で「木村拓…

  2. 2007年ノーベル化学賞『固体表面上の化学反応の研究』

    ?スウェーデン王立科学アカデミーは10日、今年のノーベル化学賞を、独マックス・プランク財…

  3. 磁性流体アートの世界

    今回は化学、というよりは芸術寄りの話題をば。磁性流体(Ferrofluid)とは、流体であり…

  4. 荒木飛呂彦のイラストがCell誌の表紙を飾る

    生物学の米専門誌セルの表紙を「ジョジョの奇妙な冒険」などで知られる漫画家、荒木飛呂彦さんが描いた…

  5. The Journal of Unpublished Chemistry

    、皆さん、The Journal of Unpublished Chemistry というジャー…

  6. コーヒーブレイク

  7. ケミカル・アリに死刑判決

  8. 化学と株価

  9. 抗生物質の話

  10. 化学パズル・不斉窒素化合物

  11. 2005年ノーベル化学賞『オレフィンメタセシス反応の開発』

  12. 比色法の化学(後編)

  13. プロドラッグの話

  14. 色の変わる分子〜クロミック分子〜

  15. IRの基礎知識

  16. 比色法の化学(前編)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 塩野義製薬、抗インフル治療薬を年内に申請
  2. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization
  3. 信じられない!驚愕の天然物たち
  4. 第12回 金属錯体から始まる化学ー伊藤肇教授
  5. ESI-MSの開発者、John B. Fenn氏 逝去
  6. 有機合成創造の軌跡―126のマイルストーン
  7. 文化勲章・受章化学者一覧

注目情報

最新記事

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

PAGE TOP