[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき一般的な話題

  1. 【速報】2011年ノーベル化学賞は「準結晶の発見」に!

    スウェーデン王立科学アカデミーは5日、2011年のノーベル化学賞を、イスラエル工科大特別教授のダニエル・シェヒトマン博士(70)に贈ると発表した。   授賞理由は「準結晶の発見」。賞金として1000万スウェーデン・クローナ(…

  2. ノーベル化学賞2011候補者一覧まとめ

     年に1度の祭典?ノーベル化学賞。あと2時間ほどで発表となります。ケムステを含めまして各所で予測され…

  3. 2011年イグノーベル賞決定!「わさび警報装置」

    「ノーベル賞のジョーク版」イグ・ノーベル賞が今年も発表されました。授与対象となるのは、"…

  4. 2011年ノーベル化学賞予想ーケムステ版

    さて今年もこの季節がやって来ました。ノーベル賞!化学賞は2011年10月5日夕刻に発表予定です。…

  5. Ns基とNos基とDNs基

    Ns(ノシル=2-Nitrobenzenesulfonyl)基といえば、アミンの保護および活性化の役…

  6. 2011年ノーベル化学賞予測―トムソン・ロイター版

  7. 「ねるねるねるね」はなぜ色が変わって膨らむのか?

  8. 化学研究ライフハック:縦置きマルチディスプレイに挑戦!

  9. 個性あふれるTOC大集合!

  10. 【速報】Mac OS X Lionにアップグレードしてみた

  11. 美麗な分子モデルを描きたい!!

  12. 書物から学ぶ有機化学 3

  13. Nature Chemistry誌のインパクトファクターが公開!

  14. Reaxys Prize 2011発表!

  15. 新人化学者の失敗ランキング

  16. 3.11 14:46 ③ 復興へ、震災を教訓として

スポンサー

ピックアップ記事

  1. すごい分子 世界は六角形でできている
  2. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:オリゴマー活物質の利用
  3. サラ・E・リースマン Sarah E. Reisman
  4. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条件下でのアセタール保護反応
  5. 第56回―「メタボロミクスを志向した質量分析技術の開発」Gary Siuzdak教授
  6. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(5年目)(留学中編)
  7. スターバースト型分子、ヘキサアリールベンゼン合成の新手法

注目情報

最新記事

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

PAGE TOP