[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき一般的な話題

  1. 軸不斉のRとS

    上図左の化合物はBINOL(1,1'-bi-2-naphtol)という化合物です。ヒドロキシル基がアミンになったものは、BINAMINE、ジフェニルホスフィンになったものはBINAPといいます。性能の良い不斉補助基・配位子として知られて…

  2. E-mail Alertを活用しよう!

     Web of Scienceを御存じでしょうか?トムソンサイエンティフィック社により提…

  3. DOIって何?

    論文の隅っこに必ず書かれている、上のような番号、一度は見たことがあるかと思います。これは、DOI(D…

  4. Nature Chemistry:Research Highlight

    化学領域の新たな最高峰ジャーナルとして期待が寄せられているNature Chemistry。…

  5. 保護基のお話

     複数の官能基を持つ化合物を合成するとき、ある官能基のみを選択的に反応させたい、ということが良くある…

  6. JACSベータ

  7. メルマガ有機化学 (by 有機化学美術館) 刊行中!!

  8. みんな大好きBRAINIAC

  9. 魔法のカイロ アラジン

  10. 元素占いはいかが?

  11. 2007年ノーベル化学賞『固体表面上の化学反応の研究』

  12. 磁性流体アートの世界

  13. 荒木飛呂彦のイラストがCell誌の表紙を飾る

  14. The Journal of Unpublished Chemistry

  15. コーヒーブレイク

  16. ケミカル・アリに死刑判決

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 本多 健一 Kenichi Honda
  2. 生体共役反応 Bioconjugation
  3. メンデレーエフスカヤ駅
  4. 国際化学オリンピックのお手伝いをしよう!
  5. 製薬産業の最前線バイオベンチャーを訪ねてみよう! ?シリコンバレーバイオ合宿?
  6. 有機合成化学協会誌10月号:不飽和脂肪酸代謝産物・フタロシアニン・トリアジン・アルカロイド・有機結晶
  7. マッテソン増炭反応 Matteson Homologation

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その6

Tshozoです。安価で活性の高い触媒を見出した前回のつづき、早速いきます。(2)産業界との連携…

第80回―「グリーンな変換を実現する有機金属触媒」David Milstein教授

第80回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・ミルスタイン教授です。ワイツマン化学研究所の有機化学…

自己修復性高分子研究を異種架橋高分子の革新的接着に展開

第257回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 大学院物質理工学院・鶴岡あゆ子さんにお願いしまし…

コロナウイルス関連記事 まとめ

新型コロナウイルスの影響で、キャンパスが閉鎖となる大学も増えてきていますね。私の周りでは、コロナウイ…

機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

第256回のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)・錯体化学触媒ユニット 狩俣…

PAGE TOP