[スポンサーリンク]

ケムステニュース

日本電子の米国法人、有機物を非破壊検出できるイオン源を開発

[スポンサーリンク]

イオン源日本電子の米国現地法人であるJEOL USA(マサチューセッツ州)は常温、大気圧の状態で有機物を非破壊検出できるイオン源「DART」を開発した。  液体クロマトグラフ飛行時間質量分析計「JMS―T100LCAccuTOF」に装着する専用イオン源で危険物、麻薬などのスクリーニングのほか、医薬品の品質管理、化学兵器の管理などへの応用もできる。従来の医薬品や危険物、麻薬などの有機物の検出は、試料を切るなど破壊してから溶媒で洗い、濃縮するクロマトグラフィーで行っていた。 DART装着の計測器ではイオン源に試料を挿入するだけで分子量の分布から物質が特定ができる。(引用:朝日新聞)

 

質量分析計イオン源(質量をイオン化する部分)、分析計(イオン化したものを質量の違いで分離する部分)、検出器(分離したイオンを検出する部分)、コンピューター(データを解析しスペクトルとして表示する部分)に分けることができます。今回のDARTTM (Direct Analysis in Real Time)は新しいイオン源です。

 

質量分析法は2002年のノーベル化学賞の対象であったように非常に多くの研究がなされてきました。それに伴い、近年多くの質量分析計が開発されています。

 

関連書籍

 

ところで今回のDARTは開発したJEOLによると
・ドル紙幣に付着した微量の麻薬(コカイン)
・発破現場近くを通りかかった職員の衣服に付着した微量のニトログリセリン
・泥水中の微量の爆薬 、コンクリート塊に付着した微量の神経ガス(VX ガス)
・各種医薬品(錠剤 ・カプセル)内の薬効成分  (転載:JEOL )のような試料に用いることができるそうです。

関連リンク

  • CSI-MS、コールドスプレーイオン化質量分析法
  • 質量分析法(MS)は試料をイオン化し生成したイオンを電界や磁界の働きによってm/zの値に分けスペクトルを得る分析方法のひとつです。 しかし、不安定な中間体や金属触媒などの質量は測定することができません。そこで・・・
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 米デュポンの第2・四半期決算は予想下回る、エネルギー費用高騰が打…
  2. 理化学研究所が新元素発見 名前は「リケニウム」?
  3. ライオン、フッ素の虫歯予防効果を高める新成分を発見
  4. 全薬工業とゼファーマ、外用抗真菌薬「ラノコナゾール」配合の水虫治…
  5. ねじれがあるアミド
  6. 極小の「分子ペンチ」開発
  7. 金よりも価値のある化学者の貢献
  8. 首席随員に野依良治氏 5月の両陛下欧州訪問

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨ (解答編)
  2. 三和化学と住友製薬、糖尿病食後過血糖改善剤「ミグリトール」の共同販促契約を締結
  3. 日本薬学会第138年会 付設展示会ケムステキャンペーン
  4. エッシェンモーザーメチレン化 Eschenmoser Methylenation
  5. NEC、デスクトップパソコンのデータバックアップが可能な有機ラジカル電池を開発
  6. ニュースタッフ参加
  7. 新しいエポキシ化試薬、Triazox
  8. 水素化ほう素ナトリウム : Sodium Borohydride
  9. 有機合成者でもわかる結晶製品生産の最適化と晶析操作【終了】
  10. 比色法の化学(後編)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

natureasia.com & Natureダイジェスト オンラインセミナー開催

Natureダイジェスト編集担当者による日本語コンテンツ紹介やnatureasia.comのオンライ…

勤務地にこだわり理想も叶える!転職に成功したエンジニアの話

総合職であれば、本社以外の勤務や転勤を職務の一貫として、身近なものとして考えられる方は多いのではない…

決算短信~日本触媒と三洋化成の合併に関連して~

投資家でなければ関係ないと思われがちな決算短信ですが、実は企業のいろいろな情報が正直に書いてある書類…

複雑にインターロックした自己集合体の形成機構の解明

第199回のスポットライトリサーチは、東京大学総合文化研究科(平岡研究室)博士課程・立石友紀さんにお…

小型質量分析装置expression® CMSを試してみた

学生が増えすぎて(うれしい悲鳴ですが)、機器を購入する余裕などこれっぽっちもない代表です。さ…

有機合成化学協会誌2019年6月号:不斉ヘテロDiels-Alder反応・合金ナノ粒子触媒・グラフェンナノリボン・触媒的光延反応・フェイズ・バニシング

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年6月号がオンライン公開されました。梅…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP