[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. 2007年ノーベル化学賞『固体表面上の化学反応の研究』

    ?スウェーデン王立科学アカデミーは10日、今年のノーベル化学賞を、独マックス・プランク財団フリッツ・ハーバー研究所のゲルハルト・エルトゥル氏に贈ると発表した。授賞理由は「固体表面上の化学反応の研究」。…

  2. 2007年度ノーベル医学・生理学賞決定!

    2007年度のノーベル医学・生理学賞が決定しました!化学のブログですが、簡単にお伝えしたいと思います…

  3. 未来のノーベル化学賞候補者(2)

    前回にひき続き、さらにあと2人、未来のノーベル化学賞候補者をあげましょう! (さらに&hel…

  4. 2007年度イグノーベル賞決定

     2007年度のノーベル賞が決定しました!・・・といっても残念ながら実際のノーベル賞ではありませ…

  5. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(5)

    前回からの続き。これが最後、「ノーベル化学賞をとれるかとれないかわからないけれども、とれるかもしれ…

  6. 磁性流体アートの世界

  7. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(4)

  8. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(3)

  9. タミフルの新規合成法・その3

  10. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(2)

  11. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(1)

  12. 荒木飛呂彦のイラストがCell誌の表紙を飾る

  13. 水が促進するエポキシド開環カスケード

  14. (+)-フォーセチミンの全合成

  15. 金属を使わない触媒的水素化

  16. The Journal of Unpublished Chemistry

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 市民公開講座 ~驚きのかがく~
  2. 地位確認求め労働審判
  3. 2011年ノーベル化学賞予測―トムソン・ロイター版
  4. 即戦力のコンパクトFTIR:IRSpirit
  5. 化学者たちのエッセイ集【Part1】
  6. 周期表の形はこれでいいのか? –その 1: H と He の位置 編–
  7. PdCl2(dppf)

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

PAGE TOP