[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. 炭素ー炭素結合を切る触媒

    炭素-炭素結合生成反応は、有機化合物を "組み立てる" ために最重要たる反応であり、そのため古くから膨大な研究がなされてきています。最近では環境保護意識の高まりから、単に炭素をつなぐだけでは飽き足らず、アトムエコノミーの高さや、廃棄物の少な…

  2. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~

    日本では終息に向かっているインフルエンザ。とはいえ鳥インフルエンザは、今なお世界中で感染例が相次いで…

  3. 共役はなぜ起こる?

    tanukiのペンネームで有機化学現象に関する量子化学での研究結果をできるだけわかりやすい形で紹介さ…

  4. もっとも単純な触媒「プロリン」

    プロリン(proline)という化合物があります。タンパク質などを構成する 天然型α-アミノ…

  5. 本当の天然物はどれ?

    今回は天然物合成の分野から、なかなか複雑なケースが報告されていたため紹介します。なにが複雑かというと…

  6. ノルゾアンタミンの全合成

  7. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』

  8. 生合成を模倣した有機合成

  9. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』

  10. ハメット則

  11. 有機の王冠

  12. 2001年ノーベル化学賞『キラル触媒を用いる不斉水素化および酸化反応の開発』

  13. 1,2-還元と1,4-還元

  14. 学会風景2001

  15. 香りの化学2

  16. 香りの化学1

スポンサー

ピックアップ記事

  1. (-)-MTPA-Cl
  2. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用
  3. お茶の水女子大学と奈良女子大学がタッグを組む!
  4. ルボトム酸化 Rubottom Oxidation
  5. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(1)
  6. トビン・マークス Tobin J. Marks
  7. キニーネ きにーね quinine

注目情報

最新記事

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

創薬人育成サマースクール2019(関東地区) ~くすりを創る研究の醍醐味を知る!~

動物や臓器に代わる画期的な実験ツールとして注目される生体機能チップ、原薬(API)合成に不可欠なプロ…

PAGE TOP