[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part 3】

    写真共有サイトFlickr(フリッカー)にアップされている、化学関連の美麗な写真達を紹介するコーナー。Part 1、Part 2に続く、今回(Part 3)のキーワードは"periodic table" (元素周期表)です。…

  2. 錯体と有機化合物、触媒はどっち?

    「金属錯体を触媒として利用することによって、有機化合物を合成する」という手法は、…

  3. 美術品保存と高分子

    (冒頭画像はから引用)芸術の秋に、高分子とマイクロエマルジョンを組み合わせた美術品の洗浄剤を開発…

  4. アブノーマルNHC

     ここ10年をざっと振り返ってみると、当初は「そんなもん存在しない」とか「存在したとしても単離なんて…

  5. Happy Mole Day to You !!

    アメリカは現在10月23日です(日本は時差の関係で24日ですが)。実はこの日は、化学者にとっ…

  6. ついったー化学部

  7. ACD/ChemSketch Freeware 12.0

  8. プロペランの真ん中

  9. 斬新な官能基変換を可能にするパラジウム触媒

  10. ノーベル化学賞解説 on Twitter

  11. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】

  12. 個性あるTOC その②

  13. 2009年ノーベル化学賞『リボソームの構造と機能の解明』

  14. 2009年イグノーベル賞決定!

  15. 日米の研究観/技術観の違い

  16. ノーベル賞の合理的予測はなぜ難しくなったのか?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. フィリピン海溝
  2. 武田、ビタミン原料事業から完全撤退
  3. ジョージ・クラフォード M. George Craford
  4. Guide to Fluorine NMR for Organic Chemists
  5. 下村 脩 Osamu Shimomura
  6. 学生に化学論文の書き方をどうやって教えるか?
  7. 化学系学生のための就活2019

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

PAGE TOP