[スポンサーリンク]

archives

安全なジアゾメタン原料

T1146.gif

 
【東京化成工業】
安全なジアゾメタン原料: Trimethylsilyldiazomethane
分子量: 114.22
CAS: 18107-18-1
製品コード:T1146
値段: 10mL 13,400円 (2008.10.23 現在)
用途:ジアゾメタン原料
説明: TMSジアゾメタンはジアゾメタンと同様の反応性を示し,爆発性,毒性が低い。しかも購入可能で調製する必要がないため重宝されている。値段が高いのが難点。
その他のジアゾメタンに関する記述: 用時調製試薬原料(TCI製品情報)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. Nsアミン誘導体
  2. エチルマグネシウムクロリド(活性化剤:塩化亜鉛):Ethylma…
  3. N,N,N’,N’-テトラメチルエチレン…
  4. フルオラス向山試薬 (Fluorous Mukaiyama re…
  5. 光・電子機能性分子材料の自己組織化メカニズムと応用展開【終了】
  6. PdCl2(dppf)
  7. 新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬
  8. ラボでのスケールアップ検討と晶析・攪拌でのトラブル対応策【終了】…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 槌田龍太郎 Ryutaro Tsuchida
  2. 演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで
  3. パラジウム触媒の力で二酸化炭素を固定する
  4. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddition of Ketene
  5. 1と2の中間のハナシ
  6. シェリル・サイ Shiou-Chuan (Sheryl) Tsai
  7. ニュースタッフ参加
  8. ペイン転位 Payne Rearrangement
  9. 印象に残った天然物合成 2
  10. 産業界のニーズをいかにして感じとるか

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

PAGE TOP