[スポンサーリンク]

archives

安全なジアゾメタン原料

T1146.gif

 
【東京化成工業】
安全なジアゾメタン原料: Trimethylsilyldiazomethane
分子量: 114.22
CAS: 18107-18-1
製品コード:T1146
値段: 10mL 13,400円 (2008.10.23 現在)
用途:ジアゾメタン原料
説明: TMSジアゾメタンはジアゾメタンと同様の反応性を示し,爆発性,毒性が低い。しかも購入可能で調製する必要がないため重宝されている。値段が高いのが難点。
その他のジアゾメタンに関する記述: 用時調製試薬原料(TCI製品情報)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. DABを用いた一級アミノ基の選択的保護および脱保護反応
  2. Gabriel試薬類縁体
  3. ラボでのスケールアップ検討と晶析・攪拌でのトラブル対応策【終了】…
  4. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(penta…
  5. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合
  6. チアゾリジンチオン
  7. 2,9-ジブチル-1,10-フェナントロリン:2,9-Dibut…
  8. ショウガに含まれる辛味成分

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ちょっと変わったイオン液体
  2. 9,10-Dihydro-9,10-bis(2-carboxyethyl)-N-(4-nitrophenyl)-10,9-(epoxyimino)anthracene-12-carboxamide
  3. 化学エネルギーを使って自律歩行するゲル
  4. 塩野義 抗インフルエンザ薬製造・販売の承認を取得
  5. セルロース由来バイオ燃料にイオン液体が救世主!?
  6. A-Phosパラジウム錯体
  7. 134回日本薬学会年会ケムステ付設展示会キャンペーン!
  8. プロリン ぷろりん proline
  9. マイケル・オキーフィ Michael O’Keeffe
  10. IBX酸化 IBX Oxidation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP