[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. ホストとゲスト?

    ホスト-ゲストケミストリーについて。

  2. 光誘起電子移動に基づく直接的脱カルボキシル化反応

    ラジカル条件にてカルボン酸を飛ばす手法(脱カルボキシル化反応)としては、Barton法が最も有名な代…

  3. 完熟バナナはブラックライトで青く光る

    筆者自身この事実に驚いたので、今回はその話をとりあげます(画像:Ch…

  4. 化学研究ライフハック:ソーシャルブックマークを活用しよう!

     ブックマーク(お気に入り)は、ネットユーザなら全員ご存知の単語だと思います。興味あるサイトを再…

  5. YADOKARI-XG 2009

     IREMC(International Center of Research &a…

  6. 2009年ノーベル化学賞は誰の手に?

  7. (+)-ミンフィエンシンの短工程不斉全合成

  8. SlideShareで見る美麗な化学プレゼンテーション

  9. 顕微鏡で有機分子の形が見えた!

  10. 「ELEMENT GIRLS 元素周期 ~聴いて萌えちゃう化学の基本~」+その他

  11. 高分子を”見る” その2

  12. 高分子を”見る” その1

  13. 化学研究ライフハック:Twitter活用のためのテクニック

  14. “CN7-“アニオン

  15. Reaxys体験レポート反応検索編

  16. Reaxys体験レポート:ログイン~物質検索編

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2013年ノーベル化学賞は誰の手に?トムソンロイター版
  2. トビアス・リッター Tobias Ritter
  3. レッドブルから微量のコカインが検出される
  4. 複雑分子を生み出す脱水素型ディールス・アルダー反応
  5. 小松紘一 Koichi Komatsu
  6. 骨粗鬆症、骨破壊止める化合物発見 理研など新薬研究へ
  7. 【Vol.1】研究室ってどんな設備があるの? 〜ロータリーエバポレーター〜

注目情報

最新記事

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

PAGE TOP