[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー化学一般

  1. 化学オリンピック完全ガイド

     内容出場できる人の資格は? 英語に自信がなくても参加できるってほんと? どんな問題がでるの? 化学オリンピックについての疑問に、Q&A形式ですべて答えます。化学オリンピックの公式ガイドブック。 (さらに…)…

  2. 理系のための口頭発表術

    内容アメリカの大学生・研究者のバイブル、待望の日本語訳…

  3. まんがサイエンス

    内容「5、6年の科学」に長期にわたり好評連載中の科学まんが。毎回ユニークな専…

  4. 化学者たちのネームゲーム―名付け親たちの語るドラマ

    対象化学を学んでいる高校生・大学生以上評価・解説…

  5. 研究者/研究力

    (さらに…)…

  6. 実験室の笑える?笑えない!事故実例集

  7. 研究留学術―研究者のためのアメリカ留学ガイド

  8. アメリカへ博士号をとりにいく―理系大学院留学奮戦記

  9. 生涯最高の失敗

  10. 化学に魅せられて

  11. 化学者たちの感動の瞬間―興奮に満ちた51の発見物語

  12. What’s Cooking in Chemistry?: How Leading Chemists Succeed in the Kitchen

  13. ChemSketchで書く簡単化学レポート

  14. 有機化学美術館へようこそ―分子の世界の造形とドラマ

  15. 化学するアタマ―論理的思考力を鍛える本

  16. よくわかる最新元素の基本と仕組み―全113元素を完全網羅、徹底解説 元素の発見史と最新の用途、研究

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 光刺激で超分子ポリマーのらせんを反転させる
  2. サイエンスアゴラ2014総括
  3. バイオマス燃料・化学品の合成と触媒の技術動向【終了】
  4. ポットエコノミー Pot Economy
  5. カルノシン酸 : Carnosic Acid
  6. 天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略
  7. 東京化成、1万8千品目のMSDS公開サービス

注目情報

最新記事

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

PAGE TOP