[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー

  1. Greene’s Protective Groups in Organic Synthesis

    内容有機合成における保護基についての、包括的なガイドブック。25年に渡って有機合成に関わる有機化学者たちの必携書となってきた。その第4版となる本書も、包括的で素晴らしい内容で、有機合成に関わる合成化学者や医…

  2. 有機合成創造の軌跡―126のマイルストーン

    内容有機合成化学協会の創立60周年記念出版。126のグループの代表…

  3. 人名反応に学ぶ有機合成戦略

    対象有機合成を学ぶ大学院生以上。評価・解説本…

  4. 研究室で役立つ有機実験のナビゲーター―実験ノートのとり方からクロマトグラフィーまで

    対象有機化学系研究室配属を控えた大学生以上。評価…

  5. Organic Synthesis Workbook

    内容エリック・M・カレイラの序文から:……『Organ…

  6. 演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで

  7. 有機化学美術館へようこそ―分子の世界の造形とドラマ

  8. 化学するアタマ―論理的思考力を鍛える本

  9. よくわかる最新元素の基本と仕組み―全113元素を完全網羅、徹底解説 元素の発見史と最新の用途、研究

  10. 大村 智 Satoshi Omura

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 円偏光発光を切り替える色素ー暗号通信への応用に期待ー
  2. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  3. 原子間力顕微鏡 Atomic Force Microscope (AFM)
  4. 亜鉛挿入反応へのLi塩の効果
  5. フィッシャーカルベン錯体 Fischer Carbene Complex
  6. ロナルド・ブレズロウ賞・受賞者一覧
  7. その反応を冠する者の名は

注目情報

最新記事

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

PAGE TOP