[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー

  1. 有機金属反応剤ハンドブック―3Liから83Biまで

    内容有機合成化学によく使われている主要な元素40余について、元素の基本的性質、有機化学的特徴、代表的な化合物の合成法及び安定性・反応性、有機合成への応用の基本的考え方及び応用例を、簡潔にハンドブック形式で纏…

  2. 有機合成のための触媒反応103

    対象有機合成を学ぶ大学院生以上。評価・解説触…

  3. Dead Ends And Detours: Direct Ways To Successful Total Synthesis

    内容有機化学の貴重な情報を提供する文献は数多くあるが、そうした文献はほ…

  4. Greene’s Protective Groups in Organic Synthesis

    内容有機合成における保護基についての、包括的なガイドブック。25年…

  5. 有機合成創造の軌跡―126のマイルストーン

    内容有機合成化学協会の創立60周年記念出版。126のグループの代表…

  6. 人名反応に学ぶ有機合成戦略

  7. 研究室で役立つ有機実験のナビゲーター―実験ノートのとり方からクロマトグラフィーまで

  8. Organic Synthesis Workbook

  9. 演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで

  10. 有機化学美術館へようこそ―分子の世界の造形とドラマ

  11. 化学するアタマ―論理的思考力を鍛える本

  12. よくわかる最新元素の基本と仕組み―全113元素を完全網羅、徹底解説 元素の発見史と最新の用途、研究

  13. 大村 智 Satoshi Omura

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ケンダール・ハウク Kendall N. Houk
  2. わずか6工程でストリキニーネを全合成!!
  3. 反芳香族化合物を積層させ三次元的な芳香族性を発現
  4. 中村 修二 Shuji Nakamura
  5. タイに講演にいってきました
  6. セメントから超電導物質 絶縁体のはずなのに
  7. ロバート・バーンズ・ウッドワード Robert Burns Woodward

注目情報

最新記事

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

【ケムステSlackに訊いてみた】有機合成を学ぶオススメ参考書を教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackを立ち上げてもうすぐ2年が経ちます。かな…

第三回ケムステVプレミアレクチャー「夢のある天然物創薬」を開催します!

そろそろケムステVシンポも開始しますが、その前にもう一度Vプレレクのお知らせです。3月末に第…

第8回慶應有機化学若手シンポジウム

ご案内有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイオロジー、生物 有機化学・医化学、有機材料化学…

PAGE TOP