[スポンサーリンク]

B

ブレデレック イミダゾール合成 Bredereck Imidazole Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

α-ジケトンもしくはα-ヒドロキシケトンとホルムアミドから置換イミダゾールを得る手法。C2位無置換のイミダゾール合成に有用である。

基本文献

  • Bredereck, H. et al. Chem. Ber. 1953, 86, 88.

 

反応機構

bred_imidazole_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. 水素化リチウムアルミニウム Lithium Alminum Hy…
  2. プレヴォスト/ウッドワード ジヒドロキシル化反応 Prevost…
  3. 高知・フュルストナー クロスカップリング Kochi-Furst…
  4. ヘメツバーガー インドール合成 Hemetsberger Ind…
  5. PCC/PDC酸化 PCC/PDC Oxidation
  6. 武田オレフィン合成 Takeda Olefination
  7. クリンコヴィッチ反応 Kulinkovich Reaction
  8. 生体共役反応 Bioconjugation

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. BASFとはどんな会社?-1
  2. 未解明のテルペン類の生合成経路を理論的に明らかに
  3. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö
  4. 味の素、アミノ酸の最大工場がブラジルに完成
  5. 危険ドラッグ:創薬化学の視点から
  6. 硫黄配位子に安定化されたカルボンの合成
  7. Brevianamide Aの全合成:長年未解明の生合成経路の謎に終止符
  8. 博士課程学生の経済事情
  9. 化学者のためのエレクトロニクス入門⑤ ~ディスプレイ分野などで活躍する化学メーカー編~~
  10. α‐リポ酸の脂肪蓄積抑制作用を高める効果を実証

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP