[スポンサーリンク]


化学地球儀

  1. 産総研 地質標本館

    茨城県つくば市の産総研事業所内にある博物館。入館料無料。概要日本の地質解説の他、各地から収集した化石・鉱石などの展示が豊富。小さいコーナーではあるが、元素周期表を鉱物でみることができる。先日行われていた特別展「日本初!日…

  2. 「カルピス」みらいのミュージアム

    誰もが一度は飲んだことがある飲み物「カルピス」。今回ブランド100周年を記念し、カルピスの製造工場と…

  3. 化学遺産スロイス『舎密学』とグリフィス『化学筆記』が展示へ

    日本化学会化学遺産委員会がスロイス『舎密学』と『グリフィス『化学筆記』を化学遺産に認定したことを受け…

  4. スイスでポスドクはいかが?

    「スイスへの博士留学ってどうなの?」 というタイトルで以前記事を書かせていただきましたが、今回はその…

  5. 科学警察研究所

    警察庁の附属機関として科学捜査、犯罪防止、交通事故防止等についての研究を行っている機関である。…

  6. 資生堂企業資料館

  7. 道修町ミュージアムストリート

  8. 金沢ふるさと偉人館

  9. アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-

  10. 合同資源上瀑工場

  11. 日本酸素記念館

  12. アルゼンチン キプロス

  13. フィリピン海溝

  14. バーゼル Basel:製薬・農薬・化学が集まる街

  15. イトムカ鉱山

  16. サントリー白州蒸溜所

スポンサー

ピックアップ記事

  1. サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE
  2. 2012年ノーベル化学賞は誰の手に?
  3. テストには書けない? カルボキシル化反応の話
  4. コーンブルム酸化 Kornblum Oxidation
  5. リチャード・ゼア Richard N. Zare
  6. 既存の農薬で乾燥耐性のある植物を育てる
  7. 多置換ケトンエノラートを立体選択的につくる

注目情報

最新記事

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

島津製作所がケムステVシンポに協賛しました

さて、第5回目があと1週間に迫り、第6回目の開催告知も終えたケムステVシンポ。実は第7回目も既に決定…

PAGE TOP