[スポンサーリンク]


化学地球儀

  1. 化学遺産スロイス『舎密学』とグリフィス『化学筆記』が展示へ

    日本化学会化学遺産委員会がスロイス『舎密学』と『グリフィス『化学筆記』を化学遺産に認定したことを受けて、それぞれを所蔵する金沢市玉川図書館近世史料館と福井市立郷土歴史博物館では展示会を開催する。幕末から明治初期にかけて近代化学の講義が行…

  2. スイスでポスドクはいかが?

    「スイスへの博士留学ってどうなの?」 というタイトルで以前記事を書かせていただきましたが、今回はその…

  3. 科学警察研究所

    警察庁の附属機関として科学捜査、犯罪防止、交通事故防止等についての研究を行っている機関である。…

  4. 資生堂企業資料館

    静岡県掛川市にある資生堂の資料館で、化粧品に関する展示がある。マップその他の化学地球儀はこち…

  5. 道修町ミュージアムストリート

    道修町ミュージアムストリートは大阪府大阪市にある医薬品に関する資料館が点在する通り。道修町通りの堺筋…

  6. 金沢ふるさと偉人館

  7. アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-

  8. 合同資源上瀑工場

  9. 日本酸素記念館

  10. アルゼンチン キプロス

  11. フィリピン海溝

  12. バーゼル Basel:製薬・農薬・化学が集まる街

  13. イトムカ鉱山

  14. サントリー白州蒸溜所

  15. オカモト株式会社茨城工場

  16. ノーベル街道起点

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 既存の農薬で乾燥耐性のある植物を育てる
  2. 研究者・開発者に必要なマーケティング技術と活用方法【終了】
  3. タミフルの効果
  4. 光薬理学 Photopharmacology
  5. チャン転位(Chan Rearrangement)
  6. 高校生の「化学五輪」、2010年は日本で開催
  7. 液クロ虎の巻シリーズ

注目情報

最新記事

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

PAGE TOP