[スポンサーリンク]

ケムステニュース

日本薬学会第125年会

日本薬学会が2005年3月29日~31日まで東京ビックサイトにて第125会年会を開催いたします。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ビタミンDで肺ガンの生存率が上がる?
  2. 服用で意識不明6件、抗生剤に厚労省が注意呼びかけ
  3. 新元素、2度目の合成成功―理研が命名権獲得
  4. 植物性油の再加熱によって毒物が発生
  5. 秋田の女子高生が「ヒル避け」特許を取得
  6. ノーベル化学賞:下村脩・米ボストン大名誉教授ら3博士に
  7. 自動車用燃料、「脱石油」競う 商社、天然ガス・バイオマス活用
  8. 化学大手9月中間 三井化学と旭化成が経常減益

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ファイトスルフォカイン (phytosulfokine)
  2. 光触媒による水素生成効率が3%に
  3. 付設展示会へ行こう!ーWiley編
  4. Stadtfriedhof (ゲッチンゲン市立墓地)
  5. 不斉アリル位アルキル化反応を利用した有機合成
  6. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応
  7. クレメンゼン還元 Clemmensen Reduction
  8. 人工タンパク質ナノブロックにより自己組織化ナノ構造を創る
  9. 富山化学 「YP-18 」の開発を開始
  10. 富山化の認知症薬が米でフェーズ1入り

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP