[スポンサーリンク]

ケムステニュース

日本薬学会第125年会

日本薬学会が2005年3月29日~31日まで東京ビックサイトにて第125会年会を開催いたします。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 薬価4月引き下げ 製薬各社は「アジア」「非医薬」に活路
  2. 「水素水」健康効果うたう表示は問題 国民生活センターが業者に改善…
  3. 頻尿・尿失禁治療薬「ベシケア」を米国で発売 山之内製薬
  4. Jエナジーと三菱化が鹿島製油所内に石化製品生産設備を700億円で…
  5. ダニを食べ毒蓄積 観賞人気のヤドクガエル
  6. 富士通、化合物分子設計統合支援ソフト「キャッシュ」新バージョンを…
  7. 化学遺産スロイス『舎密学』とグリフィス『化学筆記』が展示へ
  8. 製薬特許売買市場、ネットに創設へ…大商とUFJ信託

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 模型でわかる【金属錯体型超分子】
  2. 劉 龍 Ryong Ryoo
  3. クラレ 新たに水溶性「ミントバール」
  4. ブラッテラキノン /blattellaquinone
  5. 発明対価280万円認める 大塚製薬元部長が逆転勝訴
  6. 祝!明治日本の産業革命遺産 世界遺産登録
  7. 大村智 ー2億人を病魔から守った化学者
  8. ワインレブケトン合成 Weinreb ketone synthesis
  9. 「えれめんトランプ2.0」が発売された
  10. Z-選択的オレフィンメタセシス

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する

第160回目のスポットライトリサーチは、連名での登場です。理化学研究所の五月女 宜裕 さん・島津 忠…

PAGE TOP