[スポンサーリンク]

ケムステニュース

日本薬学会第125年会

日本薬学会が2005年3月29日~31日まで東京ビックサイトにて第125会年会を開催いたします。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 藤沢の野鳥変死、胃から農薬成分検出
  2. 住友化学が通期予想据え置き、カギ握る情報電子化学の回復
  3. サノフィ・アベンティスグループ、「タキソテール」による進行乳癌の…
  4. アミンの新合成法2
  5. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研…
  6. 阪大で2億7千万円超の研究費不正経理が発覚
  7. 森林総合研究所、広葉樹害虫ヒメボクトウの性フェロモン化学構造を解…
  8. メディビック、抗がん剤「グルフォスファミド」の第II相試験を開始…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 米国の博士研究員の最低賃金変更
  2. セルロース由来バイオ燃料にイオン液体が救世主!?
  3. 創造化学研究所、環境負荷の少ない実証ベンチプラント稼動へ
  4. 臭いの少ない1,3-プロパンジチオール等価体
  5. Organic Synthesis Workbook
  6. サリンを検出可能な有機化合物
  7. 化学オリンピック:日本は金2銀2
  8. 環化異性化反応 Cycloisomerization
  9. ノーマン・アリンジャー Norman A. Allinger
  10. ひらめききらめく:/1 「創」のとき、夢の鼓動 /北海道

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

スナップタグ SNAP-tag

スナップタグ(SNAP-tag)は、特定のタンパク質だけを化学標識したいときに、目印として融合発現さ…

フラッシュ自動精製装置に新たな対抗馬!?: Reveleris(リベラリス)

シリカゲルクロマトグラフィーを機械にやっていただき時間や場所、溶媒などを削減できるフラッシュ自動精製…

“結び目”をストッパーに使ったロタキサンの形成

分子ノットの嵩高さを利用した新規ロタキサンを合成した。末端に分子ノットをストッパーとして形成すること…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP