[スポンサーリンク]

ケムステニュース

日本薬学会第125年会

日本薬学会が2005年3月29日~31日まで東京ビックサイトにて第125会年会を開催いたします。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 画期的な糖尿病治療剤を開発
  2. 産総研、バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発に成…
  3. 三菱化学が有機太陽電池事業に参入
  4. 住友化学、硫安フリーのラクタム製法でものづくり大賞
  5. アンモニアで走る自動車 国内初、工学院大が開発
  6. 福井鉄道と大研化学工業、11月に電池使い車両運行実験
  7. 製薬外資、日本へ攻勢 高齢化で膨らむ市場
  8. バイオディーゼル燃料による大気汚染「改善」への影響は……

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (4)
  2. 有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線
  3. Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応
  4. 超難関天然物 Palau’amine・ついに陥落
  5. 神谷 信夫 Nobuo Kamiya
  6. アルキンジッパー反応 Alkyne Zipper Reaciton
  7. リンダウ会議に行ってきた④
  8. ポリエチレンなど合成樹脂、値上げ浸透
  9. 新しい抗生物質発見:MRSAを1分で99.99%殺菌
  10. 陽電子放射断層撮影 Positron Emmision Tomography

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二…

究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学

この度、関東化学株式会社は水分1ppm以下を保証する脱水溶媒を発売開始致します。この水分保証…

徒然なるままにセンター試験を解いてみた(2018年版)

今年もセンター試験が終わりました。大雪の問題など気象的に厳しかったかも知れませんが、受験生の皆さ…

「関東化学」ってどんな会社?

1944年(昭和19年)の設立以来、研究分野で使われる多種多様の薬品を市場に供給することで社会に貢献…

光触媒ラジカル付加を鍵とするスポンギアンジテルペン型天然物の全合成

2017年、カリフォルニア大学アーヴァイン校・Larry E. Overmanらは、可視光レドックス…

池袋PARCOで「におい展」開催

「カメムシ」「腐豆腐」「シュールストレミング」――普段は嗅ぐ機会はないが、嗅いでみたい臭いを体験でき…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP