[スポンサーリンク]

ケムステニュース

日本薬学会第125年会

日本薬学会が2005年3月29日~31日まで東京ビックサイトにて第125会年会を開催いたします。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「田中さん惜しかった」--分解酵素「プロテアソーム」を精製
  2. 独メルク、米シグマアルドリッチを買収
  3. コーラから発がん物質?
  4. 富山化学とエーザイ 抗リウマチ薬(DMARD)T-614を国内申…
  5. メディビック、抗がん剤「グルフォスファミド」の第II相試験を開始…
  6. 2016年化学10大ニュース
  7. 炭素ボールに穴、水素入れ閉じ込め 「分子手術」成功
  8. 独バイエル、世界全体で6100人を削減へ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 新人化学者の失敗ランキング
  2. 大気中のメタン量、横ばいに/温暖化防止に朗報か
  3. ≪Excel演習で学ぶ≫化学プロセスにおける研究開発時のコスト試算と事業採算性検討
  4. アメリ化学会創造的有機合成化学賞・受賞者一覧
  5. BASF International Summer Courses 2017  BASFワークショップ2017
  6. ノーベル化学賞を担った若き開拓者達
  7. 「携帯」の電池で電車走る・福井大などが実験に成功
  8. リアル「ブレイキング・バッド」!薬物製造元教授を逮捕 中国
  9. L・スターンバック氏死去 精神安定剤開発者
  10. 少年よ、大志を抱け、名刺を作ろう!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP