[スポンサーリンク]

ケムステニュース

日本薬学会第125年会

日本薬学会が2005年3月29日~31日まで東京ビックサイトにて第125会年会を開催いたします。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ナフサ、25年ぶり高値・4―6月国産価格
  2. 兵庫で3人が農薬中毒 中国産ギョーザ食べる
  3. 界面活性剤のWEB検索サービスがスタート
  4. 化学は切手と縁が深い
  5. 第一三共 抗インフルエンザ薬を承認申請
  6. アステラス製薬、過活動膀胱治療剤「ベシケア錠」製造販売承認取得
  7. H-1B ビザの取得が難しくなる!?
  8. 製薬各社 2010年度 第1四半期決算を発表

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. バイオ触媒によるトリフルオロメチルシクロプロパンの不斉合成
  2. ALSの新薬「ラジカット」試してます
  3. 安定な環状ケトンのC–C結合を組み替える
  4. 石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に
  5. マンガン触媒による飽和炭化水素の直接アジド化
  6. 第96回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  7. フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quinoline Synthesis
  8. 実現思いワクワク 夢語る日本の化学者
  9. 近況報告Part III
  10. ノビリシチンA Nobilisitine A

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

学部4年間の教育を振り返る

皆様、いかがお過ごしでしょうか。学部4年生の筆者は院試験も終わり、卒論作成が本格的に始まるまでの束の…

ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

ダイセルといえば「キラルカラムの雄」として知られており、光学活性化合物を分離するキラルカラム「CHI…

台湾当局、半導体技術の対中漏洩でBASFの技術者6人を逮捕

台湾の内政部(内政省)刑事局は7日、半導体製造に使う特殊な化学品の技術を中国企業に漏洩した営業秘密法…

「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より

海外留学記第29回目は、Harvard大学のChiristina Woo研に留学されている天児由佳さ…

科博特別展「日本を変えた千の技術博」にいってきました

上野公園内の日本科学博物館で開催されている「日本を変えた千の技術博」をみてきました。科博の特…

ケミカルメーカーのライフサエンス事業戦略について調査結果を発表

 この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、ケミ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP