[スポンサーリンク]

ケムステニュース

日本薬学会第125年会

[スポンサーリンク]

日本薬学会が2005年3月29日~31日まで東京ビックサイトにて第125会年会を開催いたします。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「科研費の採択を受けていない研究者」へ研究費進呈?
  2. クラレが防湿フィルム開発の米ベンチャー企業と戦略的パートナーシッ…
  3. 新世代鎮痛剤の販売継続を 米政府諮問委が勧告
  4. 旭化成、5年で戦略投資4千億
  5. 池袋PARCOで「におい展」開催
  6. アミンの新合成法2
  7. 米で処方せん不要の「やせ薬」発売、売り切れ続出
  8. 有機・高分子関連技術が一堂に会す「オルガテクノ2005」開催へ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第37回反応と合成の進歩シンポジウムに参加してきました。
  2. 円偏光発光を切り替える色素ー暗号通信への応用に期待ー
  3. アメリ化学会創造的有機合成化学賞・受賞者一覧
  4. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund
  5. 反応経路最適化ソフトウェアが新しくなった 「Reaction plus pro」
  6. ポリセオナミド :海綿由来の天然物の生合成
  7. オキサリプラチン /oxaliplatin
  8. コニア エン反応 Conia–Ene Reaction
  9. 電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応
  10. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP