[スポンサーリンク]

ケムステニュース

静岡大准教授が麻薬所持容疑で逮捕

 

静岡県警は29日、静岡大学法科大学院准教授の和田直人容疑者(37)(静岡市駿河区西島)を麻薬及び向精神薬取締法違反(麻薬所持)の疑いで逮捕した。

発表によると、和田容疑者は9月15日午前11時頃、静岡市駿河区中島の公園付近に止めた車内で、麻薬に指定されている「α―PVP」を含む液体約1・4ミリ・リットルを所持した疑い。

通行人から「車の中でガスのようなものを吸っている人がいる」と通報があり、駆けつけた静岡南署員が任意でカバンを調べたところ、液体入りの瓶が見つかった。

調べに対し、和田容疑者は「弁護士と会ってからにしてほしい」と話しているという。同大広報室は「厳正に対処したい」としている。

YOMIURI ONLINE 2013.10.29より


α-PVP (α-pyrrolidinopentiophenone)は覚醒剤、いわゆるシャブの代用として蔓延したMDPV (methylenedioxypyrovalerone)と同様の構造を持つ麻薬です。入浴剤の梱包で売買されることからバスソルトとも呼ばれるMDPVは非常に危険な麻薬で死者が多数報告されており、α-PVPも同様に危険な物質と考えられています

いずれにしても麻薬は絶対に使用してはいけません

  • 関連書籍

 

The following two tabs change content below.
ペリプラノン

ペリプラノン

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。
ペリプラノン

最新記事 by ペリプラノン (全て見る)

関連記事

  1. セメントから超電導物質 絶縁体のはずなのに
  2. “クモの糸”が「ザ・ノース・フェイス」の…
  3. 「魔法の水でゴミの山から“お宝”抽出」
  4. トムソン・ロイターのIP & Science事業売却へ…
  5. 秋の褒章2009 -化学-
  6. 三菱化学、来年3月にナイロン原料の外販事業から撤退=事業環境悪化…
  7. 緑茶成分テアニンに抗ストレス作用、太陽化学、名大が確認
  8. 総合化学大手5社、前期は空前の好決算・経常最高益更新

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. モーリス・ブルックハート Maurice S. Brookhart
  2. 【ジーシー】新卒採用情報(2020卒)
  3. アニオン重合 Anionic Polymerization
  4. 二重可変領域を修飾先とする均質抗体―薬物複合体製造法
  5. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授
  6. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe
  7. 植物の受精効率を高める糖鎖「アモール」の発見
  8. バーチ還元 Birch Reduction
  9. MNBA脱水縮合剤
  10. [(オキシド)フェニル(トリフルオロメチル)-λ4-スルファニリデン]ジメチルアンモニウムテトラフルオロボラート:[(Oxido)phenyl(trifluoromethyl)-lambda4-sulfanylidene]dimethylammonium Tetrafluoroborate

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-

前回に引き続き、アメリカの大学院の受験の合格者を対象にした学校説明会の参加報告です。今回はUC Be…

香りの化学4

前回香りの化学3では香料業界のことについてお話ししましたが、今回は香料業界の今後についてのお話です。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP