[スポンサーリンク]


chemglossary

  1. 酵素触媒反応の生成速度を考えるー阻害剤入りー

    hodaです。以前、酵素触媒反応の生成速度を考える-ミカエリス・メンテン機構-という記事を書きました。以前考えたミカエリス・メンテン機構では、酵素と基質の反応は阻害されないと考えていました。今回は酵素などの働きを阻害する阻害剤を入れ、前回よ…

  2. O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

    メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

  3. カール・フィッシャー滴定~滴定による含水率測定~

    カール・フィッシャー滴定(Karl Fischer titration)とは、試料中の水の量を滴定に…

  4. シトクロムP450 BM3

    昨年(2019年)のノーベル賞はF. H. Arnoldに授与されることが発表され、ケムステでも毎年…

  5. 酵素触媒反応の生成速度を考える―ミカエリス・メンテン機構―

    hodaです。酵素はすごい触媒だなあと思っています。今回は学部の物理化学等で学ぶ、酵素触媒反応に…

  6. HKUST-1: ベンゼンが囲むケージ状構造体

  7. 核酸合成試薬(ホスホロアミダイト法)

  8. MOF-5: MOF の火付け役であり MOF の代名詞

  9. mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

  10. MOF-74: ベンゼンが金属鎖を繋いで作るハニカム構造

  11. キャピラリー電気泳動の基礎知識

  12. 【金はなぜ金色なの?】 相対論効果 Relativistic Effects

  13. ラマン分光の基礎知識

  14. 常圧核還元(水添)触媒 Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)

  15. 熱活性化遅延蛍光 Thermally Activated Delayed Fluorescence (TADF)

  16. 蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 印象に残った天然物合成 2
  2. ストラディバリウスの音色の秘密は「ニス」にあらず
  3. 有機薄膜太陽電池の”最新”開発動向
  4. ナトリウム Sodium -食塩やベーキングパウダーに使用
  5. 4つの異なる配位結合を持つ不斉金属原子でキラル錯体を組み上げる!!
  6. ジャーナル編集ポリシーデータベース「Transpose」
  7. 細胞の中を旅する小分子|第二回

注目情報

最新記事

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

PAGE TOP