[スポンサーリンク]


chemglossary

  1. 二水素錯体 Dihydrogen Complexes

    水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素錯体は金属からの逆供与が適度に存在し、酸化的付加が寸止めされた錯体として興味深い。くわえて、水素分子は化石燃料に替わるクリーンな燃料になりえ…

  2. CRISPR(クリスパー)

    CRISPRは、clustered regularly interspaced short pali…

  3. 徹底比較 特許と論文の違い ~その他編~

    前回に引き続き、特許と論文の違いについて考えていきたいと思います。前回は、大きな違いである書物の中身…

  4. 熱分析 Thermal analysis

    熱分析 (Thermal analysis)とは、熱に関する物質の物性を調べる方法である。構造に関す…

  5. 徹底比較 特許と論文の違い ~明細書、審査編~

    特許と論文、共に研究結果を発表する代表的な発行物ですが、システムや存在意義は全然違います。今回は特許…

  6. 研究のための取引用語

  7. フッ素のゴーシュ効果 Fluorine gauche Effect

  8. 分取薄層クロマトグラフィー PTLC (Preparative Thin-Layer Chromatography)

  9. 深共晶溶媒 Deep Eutectic Solvent

  10. 二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

  11. 波動-粒子二重性 Wave-Particle Duality: で、粒子性とか波動性ってなに?

  12. スナップタグ SNAP-tag

  13. 卓上NMR

  14. トランス効果 Trans Effect

  15. NMR管

  16. シュレンクフラスコ(Schlenk flask)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ジョン・スティル John K. Stille
  2. 溝呂木・ヘック反応 Mizoroki-Heck Reaction
  3. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位
  4. 「同時多発研究」再び!ラジカル反応を用いたタンパク質の翻訳後修飾
  5. 第29回光学活性化合物シンポジウム
  6. 光照射によって結晶と液体を行き来する蓄熱分子
  7. 2010年ノーベル化学賞予想―海外版

注目情報

最新記事

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

化学産業における規格の意義

普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

特許資産規模ランキング2019、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化学

株式会社パテント・リザルトは、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と…

PAGE TOP