[スポンサーリンク]


chemglossary

  1. 常圧核還元(水添)触媒 Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)

    一般的な特長Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)は、優れた活性を示す水素還元(水添)触媒です。ロジウムと白金の二元金属系ナノ粒子(粒子径:5-6 nm)が、ジメチルポリシランとアルミナに担持された固定化触媒であり、回収・再利用が可能、…

  2. 熱活性化遅延蛍光 Thermally Activated Delayed Fluorescence (TADF)

    熱活性化遅延蛍光(Thermally Activated Delayed Fluorescence:…

  3. 蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy

    蛍光異方性(fluorescence anisotropy)とは溶液中で回転する分子の回転速…

  4. 水晶振動子マイクロバランス(QCM)とは~表面分析・生化学研究の強力ツール~

    bergです。今回は趣向を変えて、これまでChem-Stationにて紹介されていなさそうな分析手法…

  5. 合成化学者のための固体DNP-NMR

    先日、2020年7月7日の第5回ケムステVシンポで山東先生による溶液DNP-NMRの利用に関するご講…

  6. 導電性ゲル Conducting Gels: 流れない流体に電気を流すお話

  7. 逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR; reverse transcription PCR)

  8. 定量PCR(qPCR ; quantitative PCR)、リアルタイムPCR

  9. 酵母還元 Reduction with Yeast

  10. 化学者だって数学するっつーの! :定常状態と変数分離

  11. 二水素錯体 Dihydrogen Complexes

  12. CRISPR(クリスパー)

  13. 徹底比較 特許と論文の違い ~その他編~

  14. 熱分析 Thermal analysis

  15. 徹底比較 特許と論文の違い ~明細書、審査編~

  16. 研究のための取引用語

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 研究者へのインタビュー
  2. 元素戦略 Element Strategy
  3. 辻・ウィルキンソン 脱カルボニル化反応 Tsuji-Wilkinson Decarbonylation
  4. 製薬業界の現状
  5. ヘゲダス遷移金属による有機合成
  6. 観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない
  7. ジムロート転位 (ANRORC 型) Dimroth Rearrangement via An ANRORC Mechanism

注目情報

最新記事

高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で…

ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!

主に最先端化学に関する講演者をテーマ別で招待しオンライン講演を行っていただくケムステバーチャルシンポ…

分子運動を世界最高速ムービーで捉える!

第275回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士課程・清水俊樹 さんに…

「未来博士3分間コンペティション2020」の挑戦者を募集

科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業(次世代研究者育成プログラム)「未来を拓く地方協奏プラ…

イグノーベル賞2020が発表 ただし化学賞は無し!

「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる業績」に対して贈られるノーベル賞のパロディである「イグノーベル…

PAGE TOP