[スポンサーリンク]


chemglossary

  1. カール・フィッシャー滴定~滴定による含水率測定~

    カール・フィッシャー滴定(Karl Fischer titration)とは、試料中の水の量を滴定により求める分析手法である。本記事ではその原理や特徴について詳述する。原理と測定法カール・フィッシャー滴定は、塩基性条件下メタノール溶…

  2. シトクロムP450 BM3

    昨年(2019年)のノーベル賞はF. H. Arnoldに授与されることが発表され、ケムステでも毎年…

  3. 酵素触媒反応の生成速度を考える―ミカエリス・メンテン機構―

    hodaです。酵素はすごい触媒だなあと思っています。今回は学部の物理化学等で学ぶ、酵素触媒反応に…

  4. HKUST-1: ベンゼンが囲むケージ状構造体

    HKUST-1 は MOF-5 とほぼ同時期に報告された歴史ある構造体です。二核銅正方柱クラスターを…

  5. 核酸合成試薬(ホスホロアミダイト法)

    核酸とは?核酸とは、デオキシリボ核酸(DNA)とリボ核酸(RNA)の総称です。DNAは主に遺伝情…

  6. MOF-5: MOF の火付け役であり MOF の代名詞

  7. mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

  8. MOF-74: ベンゼンが金属鎖を繋いで作るハニカム構造

  9. キャピラリー電気泳動の基礎知識

  10. 【金はなぜ金色なの?】 相対論効果 Relativistic Effects

  11. ラマン分光の基礎知識

  12. 常圧核還元(水添)触媒 Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)

  13. 熱活性化遅延蛍光 Thermally Activated Delayed Fluorescence (TADF)

  14. 蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy

  15. 水晶振動子マイクロバランス(QCM)とは~表面分析・生化学研究の強力ツール~

  16. 合成化学者のための固体DNP-NMR

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 武田オレフィン合成 Takeda Olefination
  2. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytzani-Stephanopoulos
  3. よくわかる最新元素の基本と仕組み
  4. 化学実験系YouTuber
  5. 第105回―「低配位有機金属錯体を用いる触媒化学」Andrew Weller教授
  6. 発展が続く触媒研究~京大より触媒研究の成果が相次いで発表される~
  7. 活性二酸化マンガン Activated Manganese Dioxide (MnO2)

注目情報

最新記事

定番フィルム「ベルビア100」が米国で販売中止。含まれている化学薬品が有害指定に

富士フイルムのリバーサルフィルム「フジクローム ベルビア100」が、米国で販売ストップとなりました。…

話題のAlphaFold2を使ってみた

ここ数日、構造生物学界隈で「AlphaFold2」と呼ばれているタンパク質の構造…

フェリックス・カステラーノ Felix N. Castellano

フェリックス・カステラーノ(Felix N. Castellano、19xx年x月xx日(ニューヨー…

「第22回 理工系学生科学技術論文コンクール」の応募を開始

日刊工業新聞社とモノづくり日本会議は、理工系学生(大学生・修士課程の大学院生、工業高等専門学校生)を…

みんなおなじみ DMSO が医薬品として承認!

2021年1月22日、間質性膀胱炎治療薬ジメチルスルホキシド (商品名ジムソ膀胱内注…

PAGE TOP