[スポンサーリンク]


chemglossary

  1. 生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

    生物の機能主体であるタンパク質では、決まった構造モチーフが種を超越して高度に保存されている。生物活性天然物は必然として、タンパク質と結合する、生体関連性の高い構造的特徴を、進化選択された形で備えている。Waldmannらはこの洞察に…

  2. 光薬理学 Photopharmacology

    薬剤に光スイッチ構造を導入することで、その時空間的効果を光照射によって制御し、副作用や毒性の少ない薬…

  3. メソリティック開裂 mesolytic cleavage

    メソリティック開裂(mesolytic cleavage)とは、ラジカルイオン種の結合開裂によってラ…

  4. 多重薬理 Polypharmacology

     ある化合物が複数種のターゲットに対し同時に活性を及ぼすことを多重薬理(polypharmacolo…

  5. 銀イオンクロマトグラフィー

    以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

  6. 機能指向型合成 Function-Oriented Synthesis

  7. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide

  8. GRE Chemistry

  9. Z-スキームモデル Z-Scheme Model

  10. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay

  11. 極性表面積 polar surface area

  12. ステープルペプチド Stapled Peptide

  13. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification

  14. シュテルン-フォルマー式 Stern-Volmer equation

  15. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody

  16. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling

スポンサー

ピックアップ記事

  1. モザイクワクチン HIVから人類を守る救世主となるか
  2. トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethylsilyl Trifluoromethanesulfonate
  3. 2013年ノーベル化学賞は誰の手に?トムソンロイター版
  4. 無水酢酸は麻薬の原料?
  5. ちょっと変わったイオン液体
  6. ブルース・エイムス Bruce N. Ames
  7. ワインのコルク臭の原因は?

注目情報

最新記事

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

PAGE TOP