[スポンサーリンク]


chemglossary

  1. 二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

    抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。一方で疾患は一つの原因のみから生じるものではなく、複数の病因タンパクが1つ~複数の生体内経路を活性化させていることが原因となっていることも多…

  2. 波動-粒子二重性 Wave-Particle Duality: で、粒子性とか波動性ってなに?

    原子スケールの世界では、物質に粒子性と波動性がどちらも現れる。光や電子の波動性は、それらが干渉も回折…

  3. スナップタグ SNAP-tag

    スナップタグ(SNAP-tag)は、特定のタンパク質だけを化学標識したいときに、目印として融合発現さ…

  4. 卓上NMR

    卓上NMR (Benchtop NMR)とは、通常のNMRよりも小型で、専用の部屋を必要としないNM…

  5. トランス効果 Trans Effect

    平面四角形錯体の配位子置換反応において、脱離基 X のトランス位に存在する配位子 Ltrans が …

  6. NMR管

  7. シュレンクフラスコ(Schlenk flask)

  8. 輸出貿易管理令

  9. メカニカルスターラー

  10. レドックスフロー電池 Redox-Flow Battery, RFB

  11. 蓄電池 Rechargeable Battery

  12. 固体NMR

  13. 液体キセノン検出器

  14. トリメチルロック trimethyl lock

  15. 指向性進化法 Directed Evolution

  16. 表現型スクリーニング Phenotypic Screening

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アンソニー・スペック Anthony L. Spek
  2. カーボンナノチューブをふりかえる〜Nano Hypeの狭間で
  3. Reaxys Prize 2011発表!
  4. 化学研究ライフハック: 研究現場のGTD式タスク管理 ①
  5. シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?
  6. 農薬DDTが大好きな蜂
  7. 植物の受精効率を高める糖鎖「アモール」の発見

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

PAGE TOP