[スポンサーリンク]


chemglossary

  1. メソリティック開裂 mesolytic cleavage

    メソリティック開裂(mesolytic cleavage)とは、ラジカルイオン種の結合開裂によってラジカルとイオンが生じる過程を指す。共有結合が開裂して2種のラジカルを生じる過程を均等開裂(homolytic cleavage)、カ…

  2. 多重薬理 Polypharmacology

     ある化合物が複数種のターゲットに対し同時に活性を及ぼすことを多重薬理(polypharmacolo…

  3. 銀イオンクロマトグラフィー

    以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

  4. 機能指向型合成 Function-Oriented Synthesis

     化合物の構造にこだわった合成ではなく、その機能の再現を最重要ポイントと据えた合成法のことを、機能指…

  5. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide

    非リボソームペプチド(non-ribosomal peptide, NRP)とは、微生物の二次代謝産…

  6. GRE Chemistry

  7. Z-スキームモデル Z-Scheme Model

  8. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay

  9. 極性表面積 polar surface area

  10. ステープルペプチド Stapled Peptide

  11. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification

  12. シュテルン-フォルマー式 Stern-Volmer equation

  13. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody

  14. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling

  15. 材料適合性 Material compatibility

  16. Imaging MS イメージングマス

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第69回―「炭素蒸気に存在する化学種の研究」Harold Kroto教授
  2. 第四回 期待したいものを創りだすー村橋哲郎教授
  3. カーボンナノチューブの毒性を和らげる長さ
  4. カテラニ反応 Catellani Reaction
  5. 嗚呼、美しい高分子の世界
  6. エチレンを離して!
  7. 蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy

注目情報

最新記事

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

【ケムステSlackに訊いてみた】有機合成を学ぶオススメ参考書を教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackを立ち上げてもうすぐ2年が経ちます。かな…

第三回ケムステVプレミアレクチャー「夢のある天然物創薬」を開催します!

そろそろケムステVシンポも開始しますが、その前にもう一度Vプレレクのお知らせです。3月末に第…

PAGE TOP