[スポンサーリンク]


chemglossary

  1. エレクトロクロミズム Electrochromism

    クロミズム (Chromism)の一種であるエレクトロクロミズム(Electrochromism)は、電気によって色が変わる現象を指す。ボーイング787の窓が有名な例である (さらに…)…

  2. 真空ポンプ

    合成実験で、溶媒を留去する際などになくてはならない器具が真空ポンプである。真空ポンプにはたくさんの種…

  3. ポットエコノミー Pot Economy

    同じ反応容器内で複数の変換を進行させる合成法をワンポット合成(one-pot synthesis)と…

  4. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthesis

    有機合成が長足の発展を遂げる一方、既存の合成手法はdrug-likeな骨格を効率良く生み出すものでは…

  5. 特殊ペプチド Specialty Peptide

    特殊ペプチドとは、生体内タンパク質を構成する20種類のL-アミノ酸だけではなく、特殊アミノ酸と呼ばれ…

  6. 抗体-薬物複合体 Antibody-Drug Conjugate

  7. 陽電子放射断層撮影 Positron Emmision Tomography

  8. トップリス ツリー Topliss Tree

  9. 抗体触媒 / Catalytic Antibody

  10. クライン・プレログ表記法 Klyne-Prelog Nomenclature System

  11. リピンスキーの「ルール・オブ・ファイブ」 Lipinski’s “Rule of Five”

  12. 生物学的等価体 Bioisostere

  13. 一重項分裂 singlet fission

  14. ソーレー帯 (Soret band) & Q帯 (Q band)

  15. 二光子吸収 two photon absorption

  16. 光線力学療法 Photo Dynamic Therapy (PDT)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. スイスの博士課程ってどうなの?2〜ヨーロッパの博士課程に出願する〜
  2. アンディ・マイヤース Andrew G. Myers
  3. 微生物細胞に優しいバイオマス溶媒 –カルボン酸系双性イオン液体の開発–
  4. デイヴィッド・マクミラン David W. C. MacMillan
  5. 呉羽化学に課徴金2億6000万円・価格カルテルで公取委
  6. 有機合成化学協会誌2017年8月号:C-H活性化・アリール化重合・オキシインドール・遠隔不斉誘導・ビアリールカップリング
  7. ペラミビル / Peramivir

注目情報

最新記事

第61回―「デンドリマーの化学」Donald Tomalia教授

第61回の海外化学者インタビューは、ドナルド・A・トマリア教授です。国立デンドリマー・ナノテクノロジ…

お前はもう死んでいる:不安定な試薬たち|第4回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

第60回―「エネルギー・環境化学に貢献する金属-有機構造体」Martin Schröder教授

第60回の海外化学者インタビューは、マーティン・シュレーダー教授です。ノッティンガム大学化学科(訳注…

炭素置換Alアニオンの合成と性質の解明

第249回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科(山下研究室)・車田 怜史 さんにお…

第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授

第59回の海外化学者インタビューは日本から、清水敏美 教授です。独立行政法人産業技術総合研究所(AI…

PAGE TOP