[スポンサーリンク]


chemglossary

  1. ケミカルバイオロジー chemical biology

    ケミカルバイオロジー(chemical biology)とは、化学的手法を駆使して生命現象を解明することを目的とし、天然物化学、有機合成化学、核酸化学、薬理学、分析科学、そして分子生物学、構造生物学などの様々な学問領域を基盤として生まれ…

  2. 元素戦略 Element Strategy

    平成19年より文部科学省・経済産業省が主導している国家戦略であり、資源枯渇問題を見据えた科学研究戦略…

  3. カスケード反応 Cascade Reaction

     一つの素反応が別の部分に活性な官能基を生成、それがさらに反応を起こす反応形式の総称。滝の水が流…

  4. 多成分連結反応 Multicomponent Reaction (MCR)

    通常の化学反応は、二種類の基質を結合させて新しい化合物を作るものである。その一方で、多成…

  5. フラストレイティド・ルイスペア Frustrated Lewis Pair

     嵩高い置換基を持つルイス酸とルイス塩基の同士は、その立体障害ゆえにお互い錯形成を行うことができ…

  6. 原子間力顕微鏡 Atomic Force Microscope (AFM)

  7. N-ヘテロ環状カルベン / N-Heterocyclic Carbene (NHC)

  8. クロスカップリング反応 cross coupling reaction

  9. 色素増感型太陽電池 / Dye-sensitized Solar Cells

  10. 分子モーター Molecular Motor

  11. 超臨界流体 Supercritical Fluid

  12. コンビナトリアル化学 Combinatorial Chemistry

  13. 水分解 water-splitting

  14. 不斉触媒 Asymmetric Catalysis

  15. 金属-有機構造体 / Metal-Organic Frameworks

  16. ノーベル化学賞 Nobel Prize in Chemistry

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 科学ボランティアは縁の下の力持ち
  2. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応
  3. シラン Silane
  4. トム・スタイツ Thomas A. Steitz
  5. ウェルチ化学賞・受賞者一覧
  6. 第二回触媒科学国際シンポジウム
  7. 「非晶質ニッケルナノ粒子」のユニークな触媒特性

注目情報

最新記事

添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化

Ru触媒を用いたアニリン誘導体のパラ位アルキル化が開発された。極めて位置選択性が高く、添加剤により選…

ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

電子ノートか紙のノートか

読者の方々の所属する研究室・会社では実験ノートはどのように保管、データ化されていますでしょうか?…

フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

フランシス・ハミルトン・アーノルド(Frances Hamilton Arnold、1956年7月2…

アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

中国科学院 上海有機化学研究所のChaozhong Liらは、アルキルハライドから系中生成させた炭素…

PAGE TOP