[スポンサーリンク]


chemglossary

  1. ソーレー帯 (Soret band) & Q帯 (Q band)

    両者ともに、一般的には吸収スペクトルを帰属する際に用いられる用語である。この帯域に吸収を持つ色素にはポルフィリン、フタロシアニン等がある。ポルフィリンがSoret帯で強い吸収を示す(Q帯の吸収は小さい)のに対し、フタロシアニンはQ帯で最も強…

  2. 二光子吸収 two photon absorption

    二光子吸収とは二個の光子を同時に吸収する励起過程である。その遷移レートは励起光強度の二乗に比例するた…

  3. 光線力学療法 Photo Dynamic Therapy (PDT)

    光増感剤(photosensitizer)とレーザーを用いる治療法。主に癌の治療に用いられている。…

  4. エピジェネティクス epigenetics

    (画像:promega.com)「DNA配列の変化を伴わない、遺伝子発現および表…

  5. 試験管内選択法(SELEX法) / Systematic Evolution of Ligands by Exponential Enrichment

    (画像:http://www.creative-biogene.com/)SEL…

  6. E値 Environmental(E)-factor

  7. ケージド化合物 caged compound

  8. ケミカルジェネティクス chemical genetics

  9. メビウス芳香族性 Mobius aromacity

  10. ビオチン標識 biotin label

  11. 光親和性標識 photoaffinity labeling (PAL)

  12. アゾ化合物シストランス光異性化

  13. フラグメント創薬 Fragment-Based Drug Discovery/Design (FBDD)

  14. ケミカルバイオロジー chemical biology

  15. 元素戦略 Element Strategy

  16. カスケード反応 Cascade Reaction

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 石テレ賞、山下さんら3人
  2. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman Oxidation
  3. 第一回 福山透教授ー天然物を自由自在につくる
  4. 導電性高分子の基礎、技術開発とエネルギーデバイスへの応用【終了】
  5. 翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表
  6. <理研研究員>「論文3本」の実験データ改ざん
  7. 工学的応用における小分子キラリティーの付加価値: Nature Rev. Chem. 2017-6/7月号

注目情報

最新記事

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

PAGE TOP