[スポンサーリンク]

ケムステしごと

化学企業のグローバル・トップ50

 

 C&ENに化学製品の売上高でランク付けをした2011年度版化学企業のグローバル·トップ50が発表されました。トップは、前年と変わらずBASFで2位のDow Chemicalに大差をつけています。日本企業は、大震災があったりにも関わらず9社ランクインしています。来年のランキングでは、震災を乗り越えた日本企業の成長を期待します。

日本企業の順位は、三菱化学(9位)、三井化学(14位)、住友化学(19位)、東レ(21位)、信越化学(25位)、旭化成(30位)、DIC(38位)、東ソー(43位)、昭和電工(47位)となっていますが、震災の影響は大きかったようで50社の中で売り上げを落としたのは7社、そのうち日本の企業が5社という結果になってしまいました。日本以外の企業に目を向けると、BASFDowエクソモービルをはじめとした化学の教科書に出てくるような会社だけでなく、SABICAir Liquideなど全く知らない会社もたくさんランクインしています。国別でみるとやはりアメリカの多さが目につきます。ヨーロッパ勢ではドイツが健闘しているので、化学界でもドイツがヨーロッパを牽引しているのでしょうか。

 グローバル·トップ50全体でみると、リーマンショック以降利益を伸ばしていて利益率は過去最高の水準に近づいています。ただし、この先の成長は不透明で、米国化学工業協会と欧州化学工業協会は、2012年度の成長率を下方修正しました。その背景にはやはり、欧州危機などがあるようです。ただし多くの企業が研究開発費を増やしていることは確かで、さらなる発展のために余念がありません。
 今後、世界を一変される技術が生まれれば、このランキングは大きく変わるかもしれませんね。

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 「花粉のつきにくいスーツ」登場
  2. カーボンナノチューブ量産技術を国際会議で発表へ
  3. 緑茶成分テアニンに抗ストレス作用、太陽化学、名大が確認
  4. 2008年10大化学ニュース
  5. エーザイ、アルツハイマー治療薬でスウェーデン企業と提携
  6. メリフィールド氏死去 ノーベル化学賞受賞者
  7. カーボンナノチューブの毒性を和らげる長さ
  8. 田辺製薬と三菱ウェルファーマが10月1日に合併へ‐新社名は「田辺…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. STAP細胞問題から見えた市民と科学者の乖離ー後編
  2. 活性酸素・フリーラジカルの科学: 計測技術の新展開と広がる応用
  3. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part II
  4. ヒノキチオール (hinokitiol)
  5. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello
  6. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(3年目)
  7. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part III
  8. アライン種の新しい発生法
  9. シュガーとアルカロイドの全合成研究
  10. Semiconductor Photocatalysis: Principles and Applications

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!

第170回目のスポットライトリサーチは、埼玉大学大学院理工学研究科・古川 俊輔 助教にお願いしました…

専門家要らず?AIによる圧倒的高速なスペクトル解釈

第169回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士課程・清原慎さんにお願いしまし…

日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム

ご案内日本プロセス化学会(JSPC)が年2回主催するシンポジウムは、最新のプロセス化学の知識を習…

フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

PAGE TOP