[スポンサーリンク]


chemglossary

  1. シュテルン-フォルマー式 Stern-Volmer equation

    ある化合物Qが、化合物Aにおける励起状態の濃度依存的消光剤となる(AからQへエネルギー移動が起きる)場合、すなわちA* + Q → A(quenched) + Q*として記述される化学式の速度定数は、下記のシュテルン-フォルマー式 …

  2. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody

    ある種のリコンビナント抗体は血液-脳関門を透過する能力を持つことが知られている。近年、中枢神経系疾患…

  3. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling

    従来のプロテオミクス研究では、タンパク質の存在量を測定することに主眼が置かれていた。この結果として、…

  4. 材料適合性 Material compatibility

    材料適合性(Material compatibility)とは、取り扱う素材に対して温度や取り扱う液…

  5. Imaging MS イメージングマス

    質量分析計 (MS) は化合物の同定手段として一般に用いられ有機小分子だけでなく、現在ではMS-MS…

  6. 秘密保持契約(NDA)

  7. A値(A value)

  8. 国連番号(UN番号)

  9. エレクトロクロミズム Electrochromism

  10. 真空ポンプ

  11. ポットエコノミー Pot Economy

  12. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthesis

  13. 特殊ペプチド Specialty Peptide

  14. 抗体-薬物複合体 Antibody-Drug Conjugate

  15. 陽電子放射断層撮影 Positron Emmision Tomography

  16. トップリス ツリー Topliss Tree

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer
  2. 柴崎・東大教授が英化学会メダル受賞
  3. 有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応
  4. ノーベル化学賞2011候補者一覧まとめ
  5. ジョージ・ホワイトサイズ George M. Whitesides
  6. ハメット則
  7. マーティン・カープラス Martin Karplus

注目情報

最新記事

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

PAGE TOP