[スポンサーリンク]


chemglossary

  1. Imaging MS イメージングマス

    質量分析計 (MS) は化合物の同定手段として一般に用いられ有機小分子だけでなく、現在ではMS-MS解析や高分解能分析によりオミクス研究の分野においても多用されています。イメージングMSは質量分析法と顕微鏡が合わさった手法で、植物や動物組織…

  2. 秘密保持契約(NDA)

    秘密保持契約(Non-Disclosure Agreement)とは研究活動の中で重要な契約の一つで…

  3. A値(A value)

    A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

  4. 国連番号(UN番号)

    危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

  5. エレクトロクロミズム Electrochromism

    クロミズム (Chromism)の一種であるエレクトロクロミズム(Electrochromism)は…

  6. 真空ポンプ

  7. ポットエコノミー Pot Economy

  8. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthesis

  9. 特殊ペプチド Specialty Peptide

  10. 抗体-薬物複合体 Antibody-Drug Conjugate

  11. 陽電子放射断層撮影 Positron Emmision Tomography

  12. トップリス ツリー Topliss Tree

  13. 抗体触媒 / Catalytic Antibody

  14. クライン・プレログ表記法 Klyne-Prelog Nomenclature System

  15. リピンスキーの「ルール・オブ・ファイブ」 Lipinski’s “Rule of Five”

  16. 生物学的等価体 Bioisostere

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 保護基のお話
  2. 生物発光のスイッチ制御でイメージング
  3. オーヴァーマン転位 Overman Rearrangement
  4. 元素生活 完全版
  5. ブレオマイシン /Bleomycin
  6. アミンの新合成法2
  7. 化学者の卵、就職サイトを使い始める

注目情報

最新記事

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化

第149回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科 博士後期課程3年の木下 拓也 (きの…

有機合成化学協会誌7月号:ランドリン全合成・分子間interrupted Pummerer反応・高共役拡張ポルフィリノイド・イナミド・含フッ素ビニルスルホニウム塩・ベンゾクロメン

化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年7月号がオンライン公開されました。今月号のキ…

ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

ウィリアム・R・ロウシュ(William R. Roush、1952年2月20日(Chula Vis…

研究リーダーがPJを成功に導く秘訣

研究者が民間企業での面接において将来の展望について質問をされると、いずれは研究部門をまとめるリーダー…

PAGE TOP