[スポンサーリンク]


chemglossary

  1. リピンスキーの「ルール・オブ・ファイブ」 Lipinski’s “Rule of Five”

    in vitro結合アッセイでヒットした化合物を用い、細胞・動物などのin vivo系で薬理活性測定を行うと、しばしば非常に弱い薬効しか示さないことがある。こういった場合には、膜透過性や代謝安定性など、標的結合能以外の面で化合物に問題がある…

  2. 生物学的等価体 Bioisostere

    医薬分子において生物学的に同じ役割を果たす他の部分構造を生物学的等価体(bioisostere)と呼…

  3. 一重項分裂 singlet fission

    一重項分裂singlet fissionとは、ひとつの励起一重項状態からスピン許容遷移によりふたつの…

  4. ソーレー帯 (Soret band) & Q帯 (Q band)

    両者ともに、一般的には吸収スペクトルを帰属する際に用いられる用語である。この帯域に吸収を持つ色素には…

  5. 二光子吸収 two photon absorption

    二光子吸収とは二個の光子を同時に吸収する励起過程である。その遷移レートは励起光強度の二乗に比例するた…

  6. 光線力学療法 Photo Dynamic Therapy (PDT)

  7. エピジェネティクス epigenetics

  8. 試験管内選択法(SELEX法) / Systematic Evolution of Ligands by Exponential Enrichment

  9. E値 Environmental(E)-factor

  10. ケージド化合物 caged compound

  11. ケミカルジェネティクス chemical genetics

  12. メビウス芳香族性 Mobius aromacity

  13. ビオチン標識 biotin label

  14. 光親和性標識 photoaffinity labeling (PAL)

  15. アゾ化合物シストランス光異性化

  16. フラグメント創薬 Fragment-Based Drug Discovery/Design (FBDD)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授
  2. ディスコデルモライド /Discodermolide
  3. アーサー・L・ホーウィッチ Arthur L. Horwich
  4. GRE Chemistry 受験報告 –試験対策編–
  5. 潤滑油、グリースおよび添加剤の実践的分離【終了】
  6. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  7. iPadで計算化学にチャレンジ:iSpartan

注目情報

最新記事

Baird芳香族性、初のエネルギー論

第126回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(相田卓三教授) 博士後期課程1年の…

N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

N末端はタンパク鎖の中で1箇所しか存在しないため、これを標的とする修飾反応は必然的に高い位置・化学選…

デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

デヒドロアラニン(dehydroalanine, Dha)はセリンもしくはシステインから誘導される特…

DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

ゲノム編集といえば、今流行りのCRISPR/Cas9を思い浮かべる方が多いと思います。CRISPR/…

文献管理ソフトを徹底比較!

今や、科学者向けの文献管理ソフトはよりどりみどりだ。その中から代表的な8つを検討した。タイト…

PAGE TOP