[スポンサーリンク]


chemglossary

  1. アゾ化合物シストランス光異性化

    光で分子のかたちを変えられる。そして、物質の性質を思いのままに制御できる。そんなことができたら、おもしろいと思いませんか。実は、アゾ化合物の光異性化を利用すれば、それも可能です。

  2. フラグメント創薬 Fragment-Based Drug Discovery/Design (FBDD)

    フラグメント創薬(Fragment-Based Drug Discovery/Design, FBD…

  3. ケミカルバイオロジー chemical biology

    ケミカルバイオロジー(chemical biology)とは、化学的手法を駆使して生命現象を解明…

  4. 元素戦略 Element Strategy

    平成19年より文部科学省・経済産業省が主導している国家戦略であり、資源枯渇問題を見据えた科学研究戦略…

  5. カスケード反応 Cascade Reaction

     一つの素反応が別の部分に活性な官能基を生成、それがさらに反応を起こす反応形式の総称。滝の水が流…

  6. 多成分連結反応 Multicomponent Reaction (MCR)

  7. フラストレイティド・ルイスペア Frustrated Lewis Pair

  8. 原子間力顕微鏡 Atomic Force Microscope (AFM)

  9. N-ヘテロ環状カルベン / N-Heterocyclic Carbene (NHC)

  10. クロスカップリング反応 cross coupling reaction

  11. 色素増感型太陽電池 / Dye-sensitized Solar Cells

  12. 分子モーター Molecular Motor

  13. 超臨界流体 Supercritical Fluid

  14. コンビナトリアル化学 Combinatorial Chemistry

  15. 水分解 water-splitting

  16. 不斉触媒 Asymmetric Catalysis

スポンサー

ピックアップ記事

  1. グラフェン技術の最先端 ~量産技術と使いやすさの向上、今後の利用展開~
  2. Twitter発!「笑える(?)実験大失敗集」
  3. DNAに電流通るーミクロの電子デバイスに道
  4. コーリー・バクシ・柴田還元 Corey-Bakshi-Shibata (CBS) Reduction
  5. ホフマン・レフラー・フレイターク反応 Hofmann-Loffler-Freytag Reaction
  6. 森林総合研究所、広葉樹害虫ヒメボクトウの性フェロモン化学構造を解明
  7. 不斉触媒研究論文引用回数、東大柴崎教授が世界1位

注目情報

最新記事

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

PAGE TOP