[スポンサーリンク]


chemglossary

  1. 機能指向型合成 Function-Oriented Synthesis

     化合物の構造にこだわった合成ではなく、その機能の再現を最重要ポイントと据えた合成法のことを、機能指向型合成(Function-Oriented Synthesis, FOS)と呼ぶ。スタンフォード大学のPaul A. Wenderによって…

  2. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide

    非リボソームペプチド(non-ribosomal peptide, NRP)とは、微生物の二次代謝産…

  3. GRE Chemistry

    GRE Chemistry は米国の大学院の出願の際に必要になるテストである。大学学部相当の化学に関…

  4. Z-スキームモデル Z-Scheme Model

    植物は、可視光からエネルギーを得て強力な酸化還元反応を体内で駆動させている。すなわち、酸化側では水か…

  5. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay

    並行人工膜透過性アッセイ(parallel artificial membrane permeabi…

  6. 極性表面積 polar surface area

  7. ステープルペプチド Stapled Peptide

  8. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification

  9. シュテルン-フォルマー式 Stern-Volmer equation

  10. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody

  11. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling

  12. 材料適合性 Material compatibility

  13. Imaging MS イメージングマス

  14. 秘密保持契約(NDA)

  15. A値(A value)

  16. 国連番号(UN番号)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 吉田潤一 Jun-ichi Yoshida
  2. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表
  3. 有機アモルファス蒸着薄膜の自発分極を自在制御することに成功!
  4. 第15回 有機合成化学者からNature誌編集者へ − Andrew Mitchinson博士
  5. 化学かるた:元素編ー世界化学年をちなみ
  6. 2017卒大学生就職企業人気ランキングが発表
  7. がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

注目情報

最新記事

毎年恒例のマニアックなスケジュール帳:元素手帳2023

hodaです。去年もケムステで紹介されていた元素手帳2022ですが、2023年バージョンも発…

二刀流センサーで細胞を光らせろ!― 合成分子でタンパク質の蛍光を制御する化学遺伝学センサーの開発 ―

第447回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 生体分子化学研究室(キャ…

【12月開催】第4回 マツモトファインケミカル技術セミナー有機金属化合物「オルガチックス」の触媒としての利用-ウレタン化触媒としての利用-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合…

化学ゆるキャラ大集合

企業PRの手段の一つとして、キャラクターを作りホームページやSNSで登場させることがよく行われていま…

最先端バイオエコノミー社会を実現する合成生物学【対面講座】

開講期間2022年12月12日(月)13:00~16:202022年12月13日(火)1…

PAGE TOP