[スポンサーリンク]


chemglossary医薬化学

  1. 二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

    抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。一方で疾患は一つの原因のみから生じるものではなく、複数の病因タンパクが1つ~複数の生体内経路を活性化させていることが原因となっていることも多…

  2. トリメチルロック trimethyl lock

    トリメチルロック(trimethyl lock, TML)とは、適切なトリガーに応じて分子を放出する…

  3. 表現型スクリーニング Phenotypic Screening

    表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

  4. 生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

    生物の機能主体であるタンパク質では、決まった構造モチーフが種を超越して高度に保存されている。生物活性…

  5. 光薬理学 Photopharmacology

    薬剤に光スイッチ構造を導入することで、その時空間的効果を光照射によって制御し、副作用や毒性の少ない薬…

  6. 多重薬理 Polypharmacology

  7. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide

  8. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay

  9. 極性表面積 polar surface area

  10. ステープルペプチド Stapled Peptide

  11. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification

  12. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody

  13. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling

  14. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthesis

  15. 特殊ペプチド Specialty Peptide

  16. 抗体-薬物複合体 Antibody-Drug Conjugate

スポンサー

ピックアップ記事

  1. CETP阻害剤ピンチ!米イーライリリーも開発中止
  2. 「優れた研究テーマ」はどう選ぶべき?
  3. 凸版印刷、有機ELパネル開発
  4. スイス医薬大手のロシュ、「タミフル」の生産能力を増強へ
  5. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute
  6. 池袋PARCOで「におい展」開催
  7. 化学産業を担う人々のための実践的研究開発と企業戦略

注目情報

最新記事

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子のエナールへのエナンチオ選択的マイケル付加反応が開発された。新規環…

PAGE TOP