[スポンサーリンク]


chemglossary医薬化学

  1. リガンド効率 Ligand Efficiency

    リガンド効率 (Ligand Efficacy: LE) またはリガンド効率指数 (Ligand Efficiency Index: LEI) とは、創薬において標的タンパク質と相互作用する分子の結合能を評価する指標の一…

  2. 分子糊 モレキュラーグルー (Molecular Glue)

    分子糊 (ぶんしのり、Molecular Glue) とは、2個以上のタンパク質…

  3. 創薬における中分子

    ここ10年の間で、低分子・高分子の間の化合物の分類として 中分子 という言葉が台頭し…

  4. Undruggable Target と PROTAC

    2022.05.10 追記: 本記事の内容に関し、製薬企業においてPROTAC関…

  5. 重医薬品(重水素化医薬品、heavy drug)

    重医薬品(重水素化医薬品, heavy drug)とは重水素(2H, D)で標識…

  6. 酵素触媒反応の生成速度を考えるー阻害剤入りー

  7. 核酸合成試薬(ホスホロアミダイト法)

  8. mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

  9. 二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

  10. トリメチルロック trimethyl lock

  11. 表現型スクリーニング Phenotypic Screening

  12. 生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

  13. 光薬理学 Photopharmacology

  14. 多重薬理 Polypharmacology

  15. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide

  16. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アイルランドに行ってきた②
  2. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet
  3. 有機化学命名法
  4. 第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授
  5. スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します
  6. ブラン環化 Blanc Cyclization
  7. メソポーラスシリカ(3)

注目情報

最新記事

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

PAGE TOP