[スポンサーリンク]


chemglossary医薬化学

  1. リガンド効率 Ligand Efficiency

    リガンド効率 (Ligand Efficacy: LE) またはリガンド効率指数 (Ligand Efficiency Index: LEI) とは、創薬において標的タンパク質と相互作用する分子の結合能を評価する指標の一…

  2. 分子糊 モレキュラーグルー (Molecular Glue)

    分子糊 (ぶんしのり、Molecular Glue) とは、2個以上のタンパク質…

  3. 創薬における中分子

    ここ10年の間で、低分子・高分子の間の化合物の分類として 中分子 という言葉が台頭し…

  4. Undruggable Target と PROTAC

    2022.05.10 追記: 本記事の内容に関し、製薬企業においてPROTAC関…

  5. 重医薬品(重水素化医薬品、heavy drug)

    重医薬品(重水素化医薬品, heavy drug)とは重水素(2H, D)で標識…

  6. 酵素触媒反応の生成速度を考えるー阻害剤入りー

  7. 核酸合成試薬(ホスホロアミダイト法)

  8. mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

  9. 二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

  10. トリメチルロック trimethyl lock

  11. 表現型スクリーニング Phenotypic Screening

  12. 生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

  13. 光薬理学 Photopharmacology

  14. 多重薬理 Polypharmacology

  15. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide

  16. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Natureが査読無しの科学論文サイトを公開
  2. ノーベル賞いろいろ
  3. Inpriaとは? ~フォトレジスト業界の重要トピック~
  4. 第22回「ベンゼン環の表と裏を利用した有機合成」植村元一教授
  5. 有機無機ハイブリッドペロブスカイトはなぜ優れているのか?
  6. 論文投稿・出版に役立つ! 10の記事
  7. ノーベル賞の合理的予測はなぜ難しくなったのか?

注目情報

最新記事

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

PAGE TOP