[スポンサーリンク]


chemglossary医薬化学

  1. 二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

    抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。一方で疾患は一つの原因のみから生じるものではなく、複数の病因タンパクが1つ~複数の生体内経路を活性化させていることが原因となっていることも多…

  2. トリメチルロック trimethyl lock

    トリメチルロック(trimethyl lock, TML)とは、適切なトリガーに応じて分子を放出する…

  3. 表現型スクリーニング Phenotypic Screening

    表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

  4. 生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

    生物の機能主体であるタンパク質では、決まった構造モチーフが種を超越して高度に保存されている。生物活性…

  5. 光薬理学 Photopharmacology

    薬剤に光スイッチ構造を導入することで、その時空間的効果を光照射によって制御し、副作用や毒性の少ない薬…

  6. 多重薬理 Polypharmacology

  7. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide

  8. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay

  9. 極性表面積 polar surface area

  10. ステープルペプチド Stapled Peptide

  11. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification

  12. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody

  13. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling

  14. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthesis

  15. 特殊ペプチド Specialty Peptide

  16. 抗体-薬物複合体 Antibody-Drug Conjugate

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ALSの新薬「ラジカット」試してます
  2. サントリー、ビールの「エグミ物質」解明に成功
  3. 日米の研究観/技術観の違い
  4. ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane
  5. Reaxys Prize 2012ファイナリスト45名発表!
  6. オマー・ヤギー Omar M. Yaghi
  7. 分子機械を組み合わせてアメーバ型分子ロボットを作製

注目情報

最新記事

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-

前回に引き続き、アメリカの大学院の受験の合格者を対象にした学校説明会の参加報告です。今回はUC Be…

香りの化学4

前回香りの化学3では香料業界のことについてお話ししましたが、今回は香料業界の今後についてのお話です。…

積水化学工業、屋外の使用に特化した養生テープ販売 実証実験で耐熱・対候性を訴求

積水化学工業機能テープ事業部は、道路舗装用など屋外での使用に特化した養生テープ「フィットライトテープ…

【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】

皆さまこんにちは。以前ケムステにてフランスでの研究生活を紹介させて頂いた者です。さてそのフラ…

PAGE TOP