[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「化学五輪」準備組織が発足、委員長に野依氏

IChO-2007

2010年に初めて日本で開催することが決まっている「国際化学オリンピック」の準備組織として8日、化学オリンピック日本委員会が発足した。委員長にはノーベル化学賞を受賞した野依良治・理化学研究所理事長が就任。試験問題の作成などを担う。化学オリンピックは各国代表の高校生が筆記や実験で化学の知識を競う年1回の大会で、日本は03年から参加している。(引用:日本経済新聞)

?

 毎年夏に開催されています。ちなみに2007年はロシアのモスクワで開催される予定です。2008年はハンガリー。2009年はUKです。次が2010年日本になるそうです。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 周期表を超えて~超原子の合成~
  2. 2010年日本化学会各賞発表-進歩賞-
  3. サクラの酵母で作った赤い日本酒を商品化に成功
  4. メディビック、抗がん剤「グルフォスファミド」の第II相試験を開始…
  5. 三井化学、機能性ポリマーのウェブサイト始動
  6. シンポジウム:ノーベル化学賞受賞の米教授招く--東北大、来月12…
  7. 三菱化学、来年3月にナイロン原料の外販事業から撤退=事業環境悪化…
  8. モンサント、住友化学 雑草防除で協力強化

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学者の卵、就職活動に乗りだす
  2. 沈 建仁 Jian-Ren Shen
  3. 付設展示会に行こう!ー和光純薬編ー
  4. Arena/エーザイ 抗肥満薬ロルカセリンがFDA承認取得
  5. ジボラン(diborane)
  6. エド・ボイデン Edward Boyden
  7. 2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」
  8. 紫外線に迅速応答するフォトクロミック分子
  9. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明
  10. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

PAGE TOP