[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「化学五輪」準備組織が発足、委員長に野依氏

[スポンサーリンク]

IChO-2007

2010年に初めて日本で開催することが決まっている「国際化学オリンピック」の準備組織として8日、化学オリンピック日本委員会が発足した。委員長にはノーベル化学賞を受賞した野依良治・理化学研究所理事長が就任。試験問題の作成などを担う。化学オリンピックは各国代表の高校生が筆記や実験で化学の知識を競う年1回の大会で、日本は03年から参加している。(引用:日本経済新聞)

?

 毎年夏に開催されています。ちなみに2007年はロシアのモスクワで開催される予定です。2008年はハンガリー。2009年はUKです。次が2010年日本になるそうです。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「物質と材料のふしぎ」4/17&21はNIMS一般公開
  2. LG化学がグローバルイノベーションコンテストを開催へ
  3. 米ファイザー、今期業績予想を上方修正・1株利益1.68ドルに
  4. 文化勲章にノーベル賞の天野さん・中村さんら7人
  5. 豊丘出身、元島さんCMC開発
  6. 人工タンパク質、合成に成功 北陸先端大、エイズ薬剤開発に道
  7. 2009年度日本学士院賞、化学では竜田教授が受賞
  8. 熱を効率的に光に変換するデバイスを研究者が開発、太陽光発電の効率…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 私が思う化学史上最大の成果-2
  2. Lithium Compounds in Organic Synthesis: From Fundamentals to Applications
  3. いつ、どこで体内に 放射性物質に深まる謎
  4. 高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」
  5. アルコールのアルカンへの還元 Reduction from Alcohol to Alkane
  6. クロム光レドックス触媒を有機合成へ応用する
  7. Hantzschエステル:Hantzch Ester
  8. オープンアクセスジャーナルの光と影
  9. スイス・ロシュの1―6月期、純利益4%増
  10. 含ケイ素四員環-その2-

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP