[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「化学五輪」準備組織が発足、委員長に野依氏

IChO-2007

2010年に初めて日本で開催することが決まっている「国際化学オリンピック」の準備組織として8日、化学オリンピック日本委員会が発足した。委員長にはノーベル化学賞を受賞した野依良治・理化学研究所理事長が就任。試験問題の作成などを担う。化学オリンピックは各国代表の高校生が筆記や実験で化学の知識を競う年1回の大会で、日本は03年から参加している。(引用:日本経済新聞)

?

 毎年夏に開催されています。ちなみに2007年はロシアのモスクワで開催される予定です。2008年はハンガリー。2009年はUKです。次が2010年日本になるそうです。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 米デュポン株、来年急上昇する可能性
  2. 洗剤を入れたアルミ缶が電車内で爆発
  3. 旭化成 繊維事業がようやく底入れ
  4. IBM,high-k絶縁膜用ハフニウムの特性解析にスパコン「Bl…
  5. 「さびない鉄」産業界熱視線
  6. 名城大教授ら会社設立 新素材販売
  7. DNAに電流通るーミクロの電子デバイスに道
  8. コーラから発がん物質?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 住友化学の9月中間営業益は+20.5%、精密・医薬など好調で
  2. 2011年人気記事ランキング
  3. グリコシル化反応を楽にする1位選択的”保護”反応
  4. フタロシアニン-化学と機能-
  5. 2014年ケムステ記事ランキング
  6. 有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応
  7. 北原武 Takeshi Kitahara
  8. ケムステ新コンテンツ「化学地球儀」
  9. 2012年イグノーベル賞発表!
  10. 「関東化学」ってどんな会社?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”

塩基と酸を作用させるだけで環サイズを調節できるユニークな中員環合成手法が報告された。塩基による環拡大…

「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Base…

太陽ホールディングスインターシップ

経営理念に共感し、自ら考え行動できる自律した人材と働きたい私たちは、楽しい社会を実現するという経…

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP