[スポンサーリンク]

一般的な話題

有機合成化学協会誌2021年2月号:デオキシプロピオナート構造・遠隔不斉誘導反応・還元的化学変換・海洋シアノバクテリア・光学活性キニーネ

[スポンサーリンク]

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年2月号がオンライン公開されました。

大学関係者は激務の時期に突入してまいりました。ウイルスに負けることなく、日々逞しく乗り越えていきたいものです。

有機合成化学協会誌は今月号も充実の内容です。

キーワードは、デオキシプロピオナート構造・遠隔不斉誘導反応・還元的化学変換・海洋シアノバクテリア・光学活性キニーネです。

今回も、会員の方ならばそれぞれの画像をクリックすればJ-STAGEを通してすべてを閲覧することが可能です。

巻頭言:もっと日本語を大切に

今月号は、大阪大学大学院薬学研究科 赤井周司 教授による巻頭言です。

○論がひと段落してきたこの時期にうってつけの巻頭言です。博論は別ですが、卒論や修論を書き終わった今こそ、自身の日本語文章作成能力を見直して改善するタイミングであると個人的には感じています。オープンアクセスですので学生のみなさん、ぜひ読んでください。

プロピレンの立体特異的オリゴマー化によるデオキシプロピオナート構造の単段階構築

 

村山駿輝、野崎京子*

*東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻

本総合論文ではプロピレン重合の立体特異的オリゴマー化と、デオキシプロピオナート構造をもつ天然物合成への展開について述べています。オリゴマー化反応では、過剰量の有機金属種を連鎖移動剤として添加する配位連鎖移動重合によって鎖長制御と末端官能基化を実現しています。

新奇遠隔不斉誘導反応によるポリアセテート型およびアセテートプロピオネート混合型ポリケチドの合成

 

細川誠二郎*

*早稲田大学先進理工学部

この論文では、多数の不斉炭素原子を含むポリケチドを、立体配置に縛られることなく自由自在に構築できるビニロガス向山アルドール反応の開発の経緯を、余すことなく詳細に、わかりやすく論じています。

コバルトやニッケル触媒を用いた有機(擬)ハロゲン化物の還元的化学変換

 

米山公啓*

2017年度有機合成化学奨励賞受賞

*広島大学大学院工学研究科

有機ハロゲン化物からグリニャール試薬を調製して求電子剤と反応・・・学生実験や研究室で頻繁に行われるこの多段階の反応も、触媒と還元剤をうまく組み合わせることで有機ハロゲン化物を直接用いることができるんです!触媒の選定に著者の鋭い洞察が垣間見られます。

海洋シアノバクテリア由来、新規天然物に関する生物有機化学的研究

 

岩﨑有紘、末永聖武*

*慶應義塾大学理工学部化学科

海洋シアノバクテリア由来のペプチド系二次代謝産物の構造決定などについての総合論文である。有機合成が構造決定や結合タンパク質の決定の強力な手段となることがよくわかる内容となっている。また、合成以外のサンプル採集の話なども随所に出ており、とても興味深い。

光学活性キニーネの全合成

 

塩見慎也1*、石川勇人2*

1*東北大学大学院理学研究科
2*熊本大学大学院先端科学研究部

G. Storkに始まる重要天然物キニーネの不斉全合成をまとめた優れた総説である。9つの不斉全合成について、合成化学者が気になる点を簡潔に説明しており、この天然物の合成戦略を知る上で欠かせない総説になろう。各時代に開発された様々な新手法を駆使した全合成を楽しむこともできる。

Review de Debut

今月号のRebut de Debutは1件です。オープンアクセスなのでぜひ。

(I)錯体への酸化的付加を起点とするカップリング反応 (早稲田大学先進理工学部)伊藤 守

ラウンジ:Gilbert Stork 先生の思い出

今月号のラウンジは、東京工業大学 辻 二郎 栄誉教授による寄稿記事です。

 

辻 二郎 教授

Gilbert Stork先生を知らない合成化学者はいないと思いますが、先生の開発した反応のみでなくその人生を知ることが、我々化学者を勇気づけてくれます。辻先生の書く文章だからこそ重みがあり、読み込んでしまいました。ぜひお読みください。

感動の瞬間:世の中の常識を覆す(人まねはしない

今月号の感動の瞬間は、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構 長瀬 博 教授による寄稿記事です。

長瀬先生は非常に著名な先生なのでその仕事を知っている人も多いかと思いますが、このようにまとめて読むと改めて大きな感動がありました(読者にとっての「感動の瞬間」ですね)。“感ピューター”という言葉も好きです。必見です。

 

これまでの紹介記事は有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズを参照してください。

関連書籍

めぐ

投稿者の記事一覧

博士(理学)。大学教員。娘の育児に奮闘しつつも、分子の世界に思いを馳せる日々。

関連記事

  1. 光反応性ジアジリンアミノ酸:Fmoc-Tdf-OH, H-Tdf…
  2. Carl Boschの人生 その6
  3. ランシラクトンCの全合成と構造改訂-ペリ環状反応を駆使して-
  4. 光で形を変える結晶
  5. アルケンとニトリルを相互交換する
  6. 有機合成化学協会誌2020年9月号:キラルナフタレン多量体・PN…
  7. 光親和性標識法の新たな分子ツール
  8. ESIPTを2回起こすESDPT分子

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 新しい量子化学 電子構造の理論入門
  2. 免疫の生化学 (1) 2018年ノーベル医学賞解説
  3. シンポジウム:ノーベル化学賞受賞の米教授招く--東北大、来月12日
  4. 死海付近で臭素が漏洩
  5. Z選択的ホルナー-エモンズ試薬:Z-selective Horner-Emmons Reagents
  6. メチレン架橋[6]シクロパラフェニレン
  7. キース・ファニュー Keith Fagnou
  8. 第一稀元素化学工業、燃料電池視野に新工場
  9. 大気下でもホールと電子の双方を伝導可能な新しい分子性半導体材料
  10. 世界が終わる日までビスマス

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

注目情報

最新記事

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP