[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

홍 순 혁 Soon Hyeok Hong

[スポンサーリンク]

홍 순 혁(Soon Hyeok Hong、19xx年xx月x日-)は、韓国の有機化学者である。ソウル大学校 准教授。(写真: SNU Chemistry)

経歴

1996 ソウル大学校 卒業 (Prof. Young Keun Chung)
1999 ソウル大学校 修士号取得 (Prof. Young Keun Chung)
2007 カリフォルニア工科大学 博士号取得 (Prof. Robert H. Grubbs)
2007 カリフォルニア大学ロサンゼルス校 博士研究員 (Prof. Sir. J. Fraser Stoddart)
2008-2011 南洋工科大学 助教授
2011-2013 ソウル大学校 助教授
2013-現在 ソウル大学校 准教授

受賞歴

Outstanding Lectureship Award, College of Natural Sciences, Seoul National University, 2017
Asian Core Program/Advanced Research Network Lectureship Award (Japan), 2016
Asian Core Program/Advanced Research Network Lectureship Award (China, Hong Kong), 2015
Thieme Chemistry Journal Award, 2011
Asian Core Program Lectureship Award (Taiwan) 2010
National Research Foundation Fellow, Singapore, 2008
Kwanjeong Educational Foundation Fellow, 2004
Kwanjeong Educational Foundation Fellow, 2003
Rotary Foundation Ambassador Scholar, 2002
Summa Cum Laude, Seoul National University, 1996

研究概要

分子性触媒を用いる有機化学反応の開発

メタン活性化、光触媒反応、CO2の炭素源としての利用、などのテーマに取り組んでいる。

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 山口健太郎 Kentaro Yamaguchi
  2. 黒田 玲子 Reiko Kuroda
  3. 白川英樹 Hideki Shirakawa
  4. シャンカー・バラスブラマニアン Shankar Balasubr…
  5. ジャスティン・デュボア Justin du Bois
  6. 安藤弘宗 Hiromune Ando
  7. 平田 義正 Yoshimasa Hirata
  8. ヌノ・マウリド Nuno Maulide

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 秋の味覚「ぎんなん」に含まれる化合物
  2. ザック・ボール Zachary T. Ball
  3. 研究者/研究力
  4. 大学院生が博士候補生になるまでの道のり【アメリカで Ph.D. を取る –Qualification Exam の巻 前編】
  5. 【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」
  6. エッシェンモーザー・タナベ開裂反応 Eschenmoser-Tanabe Fragmentation
  7. ACS Macro Letters創刊!
  8. 緑膿菌の代謝産物をヒトの薬剤に
  9. 実験教育に最適!:鈴木ー宮浦クロスカップリング反応体験キット
  10. 米国版・歯痛の応急薬

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP