世界の化学者データベース計算化学

  1. 小島 諒介 Ryosuke Kojima

    小島 諒介(こじま りょうすけ, 19xx年xx月xx日-)は、日本の計算化学者・データサイエンティストである。専門分野は人工知能,機械学習,ケモインフォマティクス。京都大学大学院医学研究科 講師。第41回ケムステVシンポ講師。 (…

  2. 谷口 透 Tohru Taniguchi

    谷口透(たにぐちとおる)は、赤外円二色性(VCD)スペクトルや紫外-可視円二色性(ECD)スペクトル…

  3. 谷池俊明 Toshiaki Taniike

    谷池 俊明(たにいけ としあき)は日本の化学者である。北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科…

  4. 水口 賢司 Kenji Mizuguchi

    水口賢司は、日本の生化学者・計算生物学者である。医薬基盤・健康・栄養研究所 AI健康・医薬研究センタ…

  5. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer

    ヨアヒム・ザウアー (Joachim Sauer、1949年4月19日-)は、ドイツのドイツの量子化…

  6. 黎书华 Shuhua Li

  7. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö

  8. ディーン・タンティロ Dean J. Tantillo

  9. ジョン・アンソニー・ポープル Sir John Anthony Pople

  10. マイケル・レヴィット Michael Levitt

  11. アリ・ワーシェル Arieh Warshel

  12. ドナルド・トゥルーラー Donald G. Truhlar

  13. スチュアート・ライス Stuart A. Rice

  14. デイヴィット・ベイカー David Baker

  15. マーティン・カープラス Martin Karplus

  16. ケンダール・ハウク Kendall N. Houk

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 記事評価&コメントウィジェットを導入
  2. 亜鉛挿入反応へのLi塩の効果
  3. “Wisconsin Process”について ~低コスト硝酸合成法の一幕~
  4. 酸化グラフェンの光による酸素除去メカニズムを解明 ―答えに辿り着くまでの6年間―
  5. 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allylation
  6. 決め手はジアゾアルケン!!芳香環の分子内1,3-双極子付加環化反応
  7. インドールの触媒的不斉ヒドロホウ素化反応の開発

注目情報

最新記事

【11/20~22】第41回メディシナルケミストリーシンポジウム@京都

概要メディシナルケミストリーシンポジウムは、日本の創薬力の向上或いは関連研究分野…

有機電解合成のはなし ~アンモニア常温常圧合成のキー技術~

(出典:燃料アンモニアサプライチェーンの構築 | NEDO グリーンイノベーション基金)Ts…

光触媒でエステルを多電子還元する

第621回のスポットライトリサーチは、分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域(魚住グループ)にて…

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

PAGE TOP