[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース計算化学

  1. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer

    ヨアヒム・ザウアー (Joachim Sauer、1949年4月19日-)は、ドイツのドイツの量子化学者でフンボルト大学ベルリンの教授である。ドイツ連邦共和国首相アンゲラ・メルケルの夫として一般世間では有名。経歴1972 フンボルト…

  2. 黎书华 Shuhua Li

     黎书华(Shuhua Li 、1969年x月x日(Hunan生)-)は、中国の物理化学者である。南…

  3. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö

    ペッカ・ピューッコ(Pekka Pyykkö、1941年10月12日(Hinnerjoki,フィンラ…

  4. ディーン・タンティロ Dean J. Tantillo

    ディーン・タンティロ (Dean J. Tantillo  1973年xx月xx日-)はアメリカの計…

  5. ジョン・アンソニー・ポープル Sir John Anthony Pople

    ジョン・アンソニー・ポープル(1925年10月31日-2004年3月15日)はイギリスの理論化学者で…

  6. マイケル・レヴィット Michael Levitt

  7. アリ・ワーシェル Arieh Warshel

  8. ドナルド・トゥルーラー Donald G. Truhlar

  9. スチュアート・ライス Stuart A. Rice

  10. デイヴィット・ベイカー David Baker

  11. マーティン・カープラス Martin Karplus

  12. ケンダール・ハウク Kendall N. Houk

  13. 福井 謙一 Kenichi Fukui

  14. イリヤ・プリゴジン Ilya Prigogine

  15. ウォルター・コーン Walter Kohn

  16. ノーマン・アリンジャー Norman A. Allinger

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 高圧ガス甲種化学 受験体験記① ~概要・申し込み~
  2. 潤滑油、グリースおよび添加剤の実践的分離【終了】
  3. Nsアミン誘導体
  4. マリウス・クロア G. Marius Clore
  5. 「日本化学連合」が発足、化学系学協会18団体加盟
  6. ジ-π-メタン転位 Di-π-methane Rearrangement
  7. 山口マクロラクトン化 Yamaguchi Macrolactonizaion

注目情報

最新記事

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

PAGE TOP