[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース計算化学

  1. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer

    ヨアヒム・ザウアー (Joachim Sauer、1949年4月19日-)は、ドイツのドイツの量子化学者でフンボルト大学ベルリンの教授である。ドイツ連邦共和国首相アンゲラ・メルケルの夫として一般世間では有名。経歴1972 フンボルト…

  2. 黎书华 Shuhua Li

     黎书华(Shuhua Li 、1969年x月x日(Hunan生)-)は、中国の物理化学者である。南…

  3. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö

    ペッカ・ピューッコ(Pekka Pyykkö、1941年10月12日(Hinnerjoki,フィンラ…

  4. ディーン・タンティロ Dean J. Tantillo

    ディーン・タンティロ (Dean J. Tantillo  1973年xx月xx日-)はアメリカの計…

  5. ジョン・アンソニー・ポープル Sir John Anthony Pople

    ジョン・アンソニー・ポープル(1925年10月31日-2004年3月15日)はイギリスの理論化学者で…

  6. マイケル・レヴィット Michael Levitt

  7. アリ・ワーシェル Arieh Warshel

  8. ドナルド・トゥルーラー Donald G. Truhlar

  9. スチュアート・ライス Stuart A. Rice

  10. デイヴィット・ベイカー David Baker

  11. マーティン・カープラス Martin Karplus

  12. ケンダール・ハウク Kendall N. Houk

  13. 福井 謙一 Kenichi Fukui

  14. イリヤ・プリゴジン Ilya Prigogine

  15. ウォルター・コーン Walter Kohn

  16. ノーマン・アリンジャー Norman A. Allinger

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 創薬開発で使用される偏った有機反応
  2. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー3
  3. 有機化合物のスペクトルによる同定法―MS,IR,NMRの併用 (第7版)
  4. 向山水和反応 Mukaiyama Hydration
  5. エステルを使った新しいカップリング反応
  6. 大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】
  7. ジョン・グッドイナフ John B. Goodenough

注目情報

最新記事

銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応

第120回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院医学薬学府 薬化学研究室(根本哲宏教授) 博士後…

宮坂 力 Tsutomu Miyasaka

宮坂 力 (みやさか つとむ、1954年-)は、日本のエネルギー化学・物理化学者である。国際的な通称…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表

9月20日に、クラリベイト・アナリティクス社から2017年の引用栄誉賞が発表されました。昨年までのト…

役に立たない「アートとしての科学」

科学の研究には、真理の探究という側面と、役立つ発明という側面があります。この二面性を表す言葉…

表現型スクリーニング Phenotypic Screening

表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

PAGE TOP