[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース計算化学

  1. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer

    ヨアヒム・ザウアー (Joachim Sauer、1949年4月19日-)は、ドイツのドイツの量子化学者でフンボルト大学ベルリンの教授である。ドイツ連邦共和国首相アンゲラ・メルケルの夫として一般世間では有名。経歴1972 フンボルト…

  2. 黎书华 Shuhua Li

     黎书华(Shuhua Li 、1969年x月x日(Hunan生)-)は、中国の物理化学者である。南…

  3. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö

    ペッカ・ピューッコ(Pekka Pyykkö、1941年10月12日(Hinnerjoki,フィンラ…

  4. ディーン・タンティロ Dean J. Tantillo

    ディーン・タンティロ (Dean J. Tantillo  1973年xx月xx日-)はアメリカの計…

  5. ジョン・アンソニー・ポープル Sir John Anthony Pople

    ジョン・アンソニー・ポープル(1925年10月31日-2004年3月15日)はイギリスの理論化学者で…

  6. マイケル・レヴィット Michael Levitt

  7. アリ・ワーシェル Arieh Warshel

  8. ドナルド・トゥルーラー Donald G. Truhlar

  9. スチュアート・ライス Stuart A. Rice

  10. デイヴィット・ベイカー David Baker

  11. マーティン・カープラス Martin Karplus

  12. ケンダール・ハウク Kendall N. Houk

  13. 福井 謙一 Kenichi Fukui

  14. イリヤ・プリゴジン Ilya Prigogine

  15. ウォルター・コーン Walter Kohn

  16. ノーマン・アリンジャー Norman A. Allinger

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ベン・クラヴァット Benjamin F. Cravatt III
  2. イヴァン・フック Ivan Huc
  3. NIMSフォーラム 「未来のエネルギーをつむぐ新材料・新物質、ここに集結!」
  4. アルキンメタセシス Alkyne Metathesis
  5. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化
  6. エド・ボイデン Edward Boyden
  7. 新薬と併用、高い効果

注目情報

最新記事

Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いるgem-ジフルオロアルケン類の新規合成法〜

第284回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・前川侑輝 博士…

第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

第134回の海外化学者インタビューはジョナサン・スウィードラー教授です。イリノイ大学アーバナ・シャン…

第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現象 」

12月になりましたね。大好評のケムステシンポも今年は残りあと2回となりました。第12回となる…

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

アニリン類の炭素–窒素(C–N)結合に”不斉炭素を挿入”してキラルベンジルアミンとする手法が開発され…

PAGE TOP