[スポンサーリンク]


ケムステニュース

  1. オルト−トルイジンと発がんの関係

     発がん性が指摘される化学物質「オルト−トルイジン」を扱う福井県の化学工場で従業員ら5人がぼうこうがんを発症した問題で、厚生労働省は22日、他にも4工場の6人が発症していたと発表した。ただ、業務の状況などからオルト−トルイジンが原因にな…

  2. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研に与えられる

    日本の理化学研究所が合成した原子番号113番の元素が、国際機関によって、「新しい元素…

  3. 2015年化学10大ニュース

    2015年も残り2日。今年も様々な出来事がありました。10大ニュースを覗いてみると、日本国内…

  4. 阪大で2億7千万円超の研究費不正経理が発覚

    大阪大は25日、大学院情報科学研究科の教授(52)ら3人が、少なくとも約2億2000万円の研究費…

  5. 「イスラム国(ISIS)」と同名の製薬会社→社名変更へ

     2015年11月18日、米ビジネスインサイダーによると、フランス・パリで連続テロ事件が起きたことを…

  6. CETP阻害剤ピンチ!米イーライリリーも開発中止

  7. “クモの糸”が「ザ・ノース・フェイス」のジャケットになった

  8. SchultzとKay: 米スクリプス研究所のトップへ

  9. 「女性用バイアグラ」開発・認可・そして買収←イマココ

  10. 書籍「Topics in Current Chemistry」がジャーナルになるらしい

  11. 国際化学オリンピックで日本代表4人メダル受賞

  12. CAS番号の登録が1億個突破!

  13. 祝!明治日本の産業革命遺産 世界遺産登録

  14. 防カビ効果、長持ちします 住友化学が新プラスチック

  15. リアル「ブレイキング・バッド」!薬物製造元教授を逮捕 中国

  16. 170年前のワインの味を化学する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 赤絵磁器を彩る絵具:その特性解明と改良
  2. フェリエ転位 Ferrier Rearrangement
  3. ワーグナー・メーヤワイン転位 Wagner-Meerwein Rearrangement
  4. グラファイト、グラフェン、ナノグラフェンの構造と電子・磁気機能【終了】
  5. フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent
  6. Wolfram|Alphaでお手軽物性チェック!「Reagent Table Widget」
  7. ぼくらを苦しめる「MUST (NOT)」の呪縛

注目情報

最新記事

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

PAGE TOP