[スポンサーリンク]


ケムステニュース

  1. 島津製作所、純利益325億円 過去最高、4年連続で更新

    島津製作所が10日発表した2019年3月期連結決算は、純利益が前期比9・0%増の325億円だった。液体クロマトグラフなど計測機器事業を中心に主力部門が国内外で伸び、売上高と利益の全てで過去最高を4年連続で更新した。 (引用:京都新聞5月10…

  2. 平成をケムステニュースで振り返る

    平成の時代が幕を閉じ、令和の時代が始まりました。そこでケムステニュースとともに平成でどのようなことが…

  3. 吉野彰氏がリチウムイオン電池技術の発明・改良で欧州発明家賞にノミネート

    5月7日、欧州特許庁は、リチウムイオン電池を発明した旭化成株式会社の吉野彰(よしのあきら)氏が201…

  4. 光化学フロンティア:未来材料を生む有機光化学の基礎

    概要近年急速に発展している光化学.光励起によって引き起こされる電子移動やエネルギー移…

  5. リサイクルが容易な新しいプラスチックを研究者が開発

    プラスチックは、リサイクルすると不純物が残ったりポリマー(重合体)の特性が劣化したりします。こうした…

  6. 書いたのは機械。テキストの自動生成による初の学術文献が出版

  7. 積水化学工業、屋外の使用に特化した養生テープ販売 実証実験で耐熱・対候性を訴求

  8. 自動車のスリ傷を高熱で自己修復する塗料

  9. 界面活性剤の市場分析と各社事業戦略について調査結果を発表

  10. 化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

  11. 科学論文を出版するエルゼビアとの購読契約を完全に打ち切ったとカリフォルニア大学が発表

  12. トンボ手本にUV対策 産総研など 分泌物の主成分を解明

  13. カクテルにインスパイアされた男性向け避妊法が開発される

  14. 原子力機構大洗研 150時間連続で水素製造 高温ガス炉 実用化へ大きく前進

  15. 材料研究分野で挑戦、“ゆりかごから墓場まで”データフル活用の効果

  16. リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer
  2. 【速報】2018年ノーベル化学賞は「進化分子工学研究への貢献」に!
  3. マーティン・カープラス Martin Karplus
  4. Amazonを上手く使って書籍代を節約する方法
  5. ジェフリー・ムーア Jeffrey S. Moore
  6. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【基礎編】
  7. 中国へ講演旅行へいってきました①

注目情報

最新記事

光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす

可視光光触媒を用いたスピロ環骨格構築法が報告された。創薬分野においてsp3炭素豊富な骨格は、構造、活…

日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!

もし日常的に、様々な分野の日本中の化学徒・研究者と、最先端の化学について自由闊達に議論を交わし合い、…

HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

農薬メーカの事業動向・戦略について調査結果を発表

 この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、農薬…

書店で気づいたこと ~電気化学の棚の衰退?~

Tshozoです。少し短いですが以前から気になっていたので書いておきます。また少々電気化学系…

PAGE TOP