[スポンサーリンク]


ケムステニュース

  1. カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

    先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)、日本ゼオンは産業技術総合研究所(AIST)と共同で、NEDOの「超先端材料超高速開発基盤技術プロジェクト」において、人工知能(AI)によって材料の構造画像を生成し、高速・高精度で物性の予測を可能と…

  2. 令和3年度に登録された未来技術遺産が発表 ~フィッシャー・トロプシュ法や記憶媒体に関する資料が登録~

    国立科学博物館は、平成20年度から重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)の登録を実施しています。令…

  3. 女子の強い味方、美味しいチョコレート作りを助ける化合物が見出される

    チョコレートの製造過程でリン脂質分子を添加するという方法を用いれば、複雑なテンパリング(加熱・せん断…

  4. イグノーベル賞2021が発表:今年は化学賞あり!

    2021年9月9日、「人々を笑わせ考えさせた業績」に送られるイグノーベル賞の第31回授賞式が行われま…

  5. 理研の研究グループがアスパラガスの成分を分析、血圧降下作用があることを発見

    理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター統合メタボロミクス研究グループの中林亮研究員、斉藤和…

  6. 東工大発、光を操るイミド化合物/光で創られるロジウムアート錯体

  7. 既存の石油設備を活用してCO2フリー水素を製造、ENEOSが実証へ

  8. 続々と提供される化学に特化したAIサービス

  9. 新型卓上NMR Spinsolve 90 が販売開始

  10. 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2021年版】

  11. 浜松ホトニクス、ヘッド分離型テラヘルツ波分光分析装置を開発

  12. 子ども向け化学啓発サイト「うちラボ」オープン!

  13. スキンケア・化粧品に含まれる有害物質を巡る騒動

  14. 素材・化学で「どう作るか」を高度化する共同研究拠点、産総研が3カ所で整備

  15. がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

  16. 三洋化成の新分野への挑戦

スポンサー

ピックアップ記事

  1. JEOL RESONANCE「UltraCOOL プローブ」: 極低温で感度MAX! ②
  2. 反応探索にDNAナノテクノロジーが挑む
  3. 有機機能性色素におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?
  4. 「誰がそのシャツを縫うんだい」~新材料・新製品と廃棄物のはざま~ 1
  5. 第99回―「配位子設計にもとづく研究・超分子化学」Paul Plieger教授
  6. 【速報】2017年のノーベル生理学・医学賞は「概日リズムを制御する分子メカニズムの発見」に!
  7. 水素化ジイソブチルアルミニウム Diisobutylaluminium hydride

注目情報

最新記事

【12月開催】第4回 マツモトファインケミカル技術セミナー有機金属化合物「オルガチックス」の触媒としての利用-ウレタン化触媒としての利用-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合…

化学ゆるキャラ大集合

企業PRの手段の一つとして、キャラクターを作りホームページやSNSで登場させることがよく行われていま…

最先端バイオエコノミー社会を実現する合成生物学【対面講座】

開講期間2022年12月12日(月)13:00~16:202022年12月13日(火)1…

複雑なモノマー配列を持ったポリエステル系ブロックポリマーをワンステップで合成

第445回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学研究院 応用化学部門 高分子化学研究室(…

河崎 悠也 Yuuya Kawasaki

河崎 悠也 (かわさき ゆうや) は、日本の有機化学者。九州大学先導物質化学研究所 …

PAGE TOP