[スポンサーリンク]


ケムステニュース

  1. 世界初 ソフトワーム用自発光液 「ケミホタルペイント」が発売

    化学発光の開発製造パイオニアの株式会社ルミカは、3年の歳月をかけて発光スプレーの商品化に世界で初めて成功し、釣具市場向けに「ケミホタルペイント」の発売を開始した。 (引用:5月24日プレスリリース)ライブなどで多用されるケミカルライトは…

  2. 電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材

    東京大学大学院工学系研究科の山田淳夫教授らは、充電するたびに自己修復を繰り返し、電池性能の劣化を防ぐ…

  3. 改正特許法が国会で成立

    特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

  4. 島津製作所、純利益325億円 過去最高、4年連続で更新

    島津製作所が10日発表した2019年3月期連結決算は、純利益が前期比9・0%増の325億円だった。液…

  5. 平成をケムステニュースで振り返る

    平成の時代が幕を閉じ、令和の時代が始まりました。そこでケムステニュースとともに平成でどのようなことが…

  6. 吉野彰氏がリチウムイオン電池技術の発明・改良で欧州発明家賞にノミネート

  7. 光化学フロンティア:未来材料を生む有機光化学の基礎

  8. リサイクルが容易な新しいプラスチックを研究者が開発

  9. 書いたのは機械。テキストの自動生成による初の学術文献が出版

  10. 積水化学工業、屋外の使用に特化した養生テープ販売 実証実験で耐熱・対候性を訴求

  11. 自動車のスリ傷を高熱で自己修復する塗料

  12. 界面活性剤の市場分析と各社事業戦略について調査結果を発表

  13. 化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

  14. 科学論文を出版するエルゼビアとの購読契約を完全に打ち切ったとカリフォルニア大学が発表

  15. トンボ手本にUV対策 産総研など 分泌物の主成分を解明

  16. カクテルにインスパイアされた男性向け避妊法が開発される

スポンサー

ピックアップ記事

  1. サミュエル・ダニシェフスキー Samuel J. Danishefsky
  2. 原油高騰 日本企業直撃の恐れ
  3. アニオン重合 Anionic Polymerization
  4. 1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムヘキサフルオロホスファート:1-Butyl-3-methylimidazolium Hexafluorophosphate
  5. 経営戦略を成功に導く知財戦略【実践事例集】
  6. 白血病治療新薬の候補物質 京大研究グループと日本新薬が開発
  7. ジェニファー・ダウドナ Jennifer Doudna

注目情報

最新記事

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2020年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

第一回ケムステVプレミアレクチャー「光化学のこれから ~ 未来を照らす光反応・光機能 ~」を開催します!

ノーベル賞の発表も来週に迫っていますし、後期も始まりますね。10月から新しく始まるシーズンに、どこと…

細胞懸濁液をのせて、温めるだけで簡単に巨大ながんスフェロイドができる

第276回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学研究院 准教授の吉野 大輔(よしの だい…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!

9月23日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2020年の引用栄誉賞が発表されました。こ…

アズワンが第一回ケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

さて先日お知らせいたしましたが、ケムステVプレミアクチャーという新しい動画配信コンテンツをはじめます…

PAGE TOP