[スポンサーリンク]


ケムステニュース

  1. イグノーベル賞2022が発表:化学賞は無かったけどユニークな研究が盛りだくさん

    今年もノーベル賞の季節がやってきました。今年の受賞者の予想に一部ではすでに盛り上がりを見せていますが、その前にイグノーベル賞の発表を忘れてもらっては困ります。授賞式は2020年と2021年同様オンラインで、日本時間の9月16日朝に開催されま…

  2. 猛毒キノコ「カエンタケ」が各地で発見。その有毒成分とは?

    猛毒を持つキノコ「カエンタケ」が今夏、小山町や御殿場市など静岡県内で相次いで見つかっ…

  3. 光熱変換材料を使った自己修復ポリマーの車体コーティングへの活用

    韓国化学研究院(KRICT)はこのほど、太陽光の下に30分置いておくだけで、車体の傷を自己修復できる…

  4. 混ぜるだけで簡単に作製でき、傷が素早く自己修復する透明防曇皮膜

    国立研究開発法人 産業技術総合研究所  極限機能材料研究部門 材料表界面グループ 佐藤 知哉 主任研…

  5. 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2022年版】

    The world’s chemical industry didn’t just gr…

  6. 第54回国際化学オリンピックが開催、アジア勢が金メダルを独占

  7. 歯のバイオフィルム除去と病原体検出を狙ったマイクロロボットの開発

  8. 偶然生まれた新しい青色「YInMnブルー」の油絵具が日本で限定発売される

  9. ファンケルの身近な健康に関する研究開発

  10. 東レから発表された電池と抗ウイルスに関する研究成果

  11. 身近な食品添加物の組み合わせが砂漠の水不足を解決するかもしれない

  12. 新たな要求に応えるために発展するフッ素樹脂の接着・接合技術

  13. 人工嗅覚センサを介した呼気センシングによる個人認証―化学情報による偽造できない生体認証技術実現へ期待―

  14. LG化学より発表されたプラスチックに関する研究成果

  15. グリーンイノベーション基金事業でCO2などの燃料化と利用を推進―合成燃料や持続可能な航空燃料などの技術開発に着手―

  16. ダイセルによる化学を活用した新規デバイス開発

スポンサー

ピックアップ記事

  1. システインの位置選択的修飾を実現する「π-クランプ法」
  2. ギース ラジカル付加 Giese Radical Addition
  3. ノーベル博物館
  4. エチルマレイミド (N-ethylmaleimide)
  5. 均一系水素化 Homogeneous Hydrogenaton
  6. 第14回 有機合成「力」でケミカルバイオロジーへ斬り込む - Joe Sweeney教授
  7. ナノチューブを簡単にそろえるの巻

注目情報

最新記事

【速報】2022年ノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」へ!

2022年のノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」の開発業績で、バリー・シャープレス…

in-situ放射光X線小角散実験から明らかにする牛乳のナノサイエンス

第425回のスポットライトリサーチは、高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所(物構研)の高木…

アセトアミノフェン Acetaminophen

 アセトアミノフェン (acetaminophen) は、有機化合物の一つ。海外ではパラセタ…

不安定な高分子原料を従来に比べて 50 倍安定化することに成功! ~水中での化学反応・材料合成に利用可能、有機溶媒の大幅削減による脱炭素に貢献~

第424回のスポットライトリサーチは、京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科 バイオベースマテリアル学…

【10月開催】マイクロ波化学ウェブセミナー

<内容>今月もテーマを分けて2回開催いたします。第一…

PAGE TOP