[スポンサーリンク]


ケムステニュース

  1. 台湾当局、半導体技術の対中漏洩でBASFの技術者6人を逮捕

    台湾の内政部(内政省)刑事局は7日、半導体製造に使う特殊な化学品の技術を中国企業に漏洩した営業秘密法違反の疑いで、化学品世界大手のドイツ企業、BASFの台湾法人の技術者ら6人を逮捕したと発表した。 (引用:日本経済新聞1月7日)漏洩した…

  2. ケミカルメーカーのライフサエンス事業戦略について調査結果を発表

     この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、ケミ…

  3. 5年で57億円かかるエルゼビアの論文閲覧システムの契約交渉で大学側が値下げを要求

    カリフォルニア大学では、学術出版社大手であるエルゼビアとの間で、2500以上の学術雑誌と43万本以上…

  4. 20年新卒の志望業界ランキング、化学は総合3位にランクイン

    2020年卒の大学三年生と修士一年生の志望業界のトップは「医薬品・医療関連・化粧品」(18.5%)。…

  5. 有機合成反応で乳がん手術を改革

    理化学研究所(理研)、大阪大学、カザン大学の国際共同研究グループは、乳がんの手術中に摘出した組織で有…

  6. Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

  7. 観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

  8. 潤滑剤なしで抜群の滑りを実現する「自己潤滑性XXドーム」が開発されている

  9. 博士後期で学費を企業が肩代わり、北陸先端大が国内初の制度

  10. 相次ぐ”業務用洗剤”による事故

  11. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

  12. AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

  13. 世界初の「窒化タンタル光触媒」、可視光で水分解

  14. GoogleがVRラボを提供 / VRで化学の得点を競うシミュレーションゲーム

  15. 海水から「イエローケーキ」抽出に成功、米科学者グループが発表

  16. 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2018年版】

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 理系のための口頭発表術
  2. ボツリヌストキシン (botulinum toxin)
  3. 第7回ImPACT記者懇親会が開催
  4. ブラン・ウレー クロロアルキル化 Blanc-Quellet Chloroalkylation
  5. 史跡 土肥金山
  6. 美しい化学構造式を書きたい方に
  7. ジュリア・リスゴー オレフィン合成 Julia-Lythgoe Olefination

注目情報

最新記事

学部4年間の教育を振り返る

皆様、いかがお過ごしでしょうか。学部4年生の筆者は院試験も終わり、卒論作成が本格的に始まるまでの束の…

ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

ダイセルといえば「キラルカラムの雄」として知られており、光学活性化合物を分離するキラルカラム「CHI…

台湾当局、半導体技術の対中漏洩でBASFの技術者6人を逮捕

台湾の内政部(内政省)刑事局は7日、半導体製造に使う特殊な化学品の技術を中国企業に漏洩した営業秘密法…

「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より

海外留学記第29回目は、Harvard大学のChiristina Woo研に留学されている天児由佳さ…

科博特別展「日本を変えた千の技術博」にいってきました

上野公園内の日本科学博物館で開催されている「日本を変えた千の技術博」をみてきました。科博の特…

PAGE TOP