[スポンサーリンク]


ケムステニュース

  1. 文字情報を構造式としてオリゴマーの混合物に埋め込み、LC-MSによって解読する方法

    分子の重合体「ポリマー」の配列を定義し、文字などの情報を「分子の並び順」で表す技術を応用して、情報が埋め込まれた化学物質をインクに混ぜ、手紙にしたためて他者に送ることに成功した論文が発表されました。  (引用:Gigazine 8月13…

  2. イグノーベル賞2022が発表:化学賞は無かったけどユニークな研究が盛りだくさん

    今年もノーベル賞の季節がやってきました。今年の受賞者の予想に一部ではすでに盛り上がりを見せていますが…

  3. 猛毒キノコ「カエンタケ」が各地で発見。その有毒成分とは?

    猛毒を持つキノコ「カエンタケ」が今夏、小山町や御殿場市など静岡県内で相次いで見つかっ…

  4. 光熱変換材料を使った自己修復ポリマーの車体コーティングへの活用

    韓国化学研究院(KRICT)はこのほど、太陽光の下に30分置いておくだけで、車体の傷を自己修復できる…

  5. 混ぜるだけで簡単に作製でき、傷が素早く自己修復する透明防曇皮膜

    国立研究開発法人 産業技術総合研究所  極限機能材料研究部門 材料表界面グループ 佐藤 知哉 主任研…

  6. 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2022年版】

  7. 第54回国際化学オリンピックが開催、アジア勢が金メダルを独占

  8. 歯のバイオフィルム除去と病原体検出を狙ったマイクロロボットの開発

  9. 偶然生まれた新しい青色「YInMnブルー」の油絵具が日本で限定発売される

  10. ファンケルの身近な健康に関する研究開発

  11. 東レから発表された電池と抗ウイルスに関する研究成果

  12. 身近な食品添加物の組み合わせが砂漠の水不足を解決するかもしれない

  13. 新たな要求に応えるために発展するフッ素樹脂の接着・接合技術

  14. 人工嗅覚センサを介した呼気センシングによる個人認証―化学情報による偽造できない生体認証技術実現へ期待―

  15. LG化学より発表されたプラスチックに関する研究成果

  16. グリーンイノベーション基金事業でCO2などの燃料化と利用を推進―合成燃料や持続可能な航空燃料などの技術開発に着手―

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 定量PCR(qPCR ; quantitative PCR)、リアルタイムPCR
  2. 宇宙で結晶化!? 創薬研究を支援する結晶生成サービス「Kirara」
  3. 梅干し入れると食中毒を起こしにくい?
  4. 第八回 ユニークな触媒で鏡像体をつくり分けるー林民生教授
  5. 進め、分子たち!第2回国際ナノカーレースが3月に開催
  6. 第18回ケムステVシンポ『”やわらか電子材料” 有機半導体の世界』を開催します!
  7. 生きた細胞内のヘムを検出する蛍光プローブ

注目情報

最新記事

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

PAGE TOP