[スポンサーリンク]


ケムステニュース

  1. 化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

    2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベータ版を公開したことを発表しました。構築には英国王立化学協会(Royal Society of Chemistry:RSC)やドイツ…

  2. 大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

    FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

  3. FM-AFMが実現!”溶ける”を原子レベルで直接観察

    金沢大学は、同大学理工研究域電子情報学系の福間剛士教授と理工研究域バイオAFM先端研究センターの宮田…

  4. モザイクワクチン HIVから人類を守る救世主となるか

    ジョンソン・アンド・ジョンソンは、HIV及びエイズに関する会議 "IAS2007" にて、最新のHI…

  5. ヒアリの毒素を正しく知ろう

    大井埠頭(東京・品川)で陸揚げされたコンテナから、強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」が発見された問…

  6. ヘリウム不足再び?

  7. 相次ぐ海外化学企業の合併

  8. フランスの著名ブロガー、クリーム泡立器の事故で死亡

  9. EUのナノマテリアル監視機関が公式サイトをオープン

  10. 位相情報を含んだ波動関数の可視化に成功

  11. 房総半島沖350キロに希少金属 広範囲に

  12. 国際化学五輪、日本代表に新高校3年生4人決定/化学グランプリ2017応募始まる

  13. ニホニウムグッズをAmazonでゲットだぜ!

  14. 経営統合のJXTGホールディングスが始動

  15. <アスクル>無許可で危険物保管 消防法で義務づけ

  16. 国公立大入試、2次試験の前期日程が実施 ~東京大学の化学の試験をレビュー~

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「非晶質ニッケルナノ粒子」のユニークな触媒特性
  2. 日本化学会 平成17年度各賞受賞者決まる
  3. (-)-Calycanthine, (+)-Chimonanthine,(+)-Folicanthineの全合成
  4. 花王、ワキガ臭の発生メカニズムを解明など研究成果を発表
  5. 高知和夫 J. K. Kochi
  6. 日本発化学ジャーナルの行く末は?
  7. ジョン・アンソニー・ポープル Sir John Anthony Pople

注目情報

最新記事

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

PAGE TOP