[スポンサーリンク]


ケムステニュース

  1. 島津製作所、純利益325億円 過去最高、4年連続で更新

    島津製作所が10日発表した2019年3月期連結決算は、純利益が前期比9・0%増の325億円だった。液体クロマトグラフなど計測機器事業を中心に主力部門が国内外で伸び、売上高と利益の全てで過去最高を4年連続で更新した。 (引用:京都新聞5月10…

  2. 平成をケムステニュースで振り返る

    平成の時代が幕を閉じ、令和の時代が始まりました。そこでケムステニュースとともに平成でどのようなことが…

  3. 吉野彰氏がリチウムイオン電池技術の発明・改良で欧州発明家賞にノミネート

    5月7日、欧州特許庁は、リチウムイオン電池を発明した旭化成株式会社の吉野彰(よしのあきら)氏が201…

  4. 光化学フロンティア:未来材料を生む有機光化学の基礎

    概要近年急速に発展している光化学.光励起によって引き起こされる電子移動やエネルギー移…

  5. リサイクルが容易な新しいプラスチックを研究者が開発

    プラスチックは、リサイクルすると不純物が残ったりポリマー(重合体)の特性が劣化したりします。こうした…

  6. 書いたのは機械。テキストの自動生成による初の学術文献が出版

  7. 積水化学工業、屋外の使用に特化した養生テープ販売 実証実験で耐熱・対候性を訴求

  8. 自動車のスリ傷を高熱で自己修復する塗料

  9. 界面活性剤の市場分析と各社事業戦略について調査結果を発表

  10. 化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

  11. 科学論文を出版するエルゼビアとの購読契約を完全に打ち切ったとカリフォルニア大学が発表

  12. トンボ手本にUV対策 産総研など 分泌物の主成分を解明

  13. カクテルにインスパイアされた男性向け避妊法が開発される

  14. 原子力機構大洗研 150時間連続で水素製造 高温ガス炉 実用化へ大きく前進

  15. 材料研究分野で挑戦、“ゆりかごから墓場まで”データフル活用の効果

  16. リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スポンサー

ピックアップ記事

  1. C&EN コラム記事 ~Bench & Cubicle~
  2. ウィリアム・モーナー William E. Moerner
  3. 落葉の化学~「コロ助の科学質問箱」に捧ぐ
  4. Lead Optimization for Medicinal Chemists
  5. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich
  6. ピクテ・スペングラー反応 Pictet-Spengler Reaction
  7. トムソン・ロイターのIP & Science事業売却へ

注目情報

最新記事

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!

Human health is affected by indoor air quality. On…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~

筆者は年1~2回ほど海外学会へ参加し、研究成果を対外的に発表しています。ここ数年はそれに数日の滞在を…

PAGE TOP