[スポンサーリンク]


ケムステニュース

  1. 宇宙に輝く「鄒承魯星」、中国の生物化学の先駆者が小惑星の名前に

    「鄒承魯小惑星」の命名セレモニーが2日、中国科学院生物物理研究所で行われた。中央テレビニュースが伝えた。 鄒承魯氏を記念するため、国際天文学連合(IAU)の小天体命名委員会の承認を経て、登録番号「325812」の小惑星が正式に「鄒承魯星」と…

  2. 反応開発における顕著な功績を表彰する「鈴木章賞」が創設 ―北海道大学化学反応創成研究拠点(ICReDD)―

    北海道大学化学反応創成研究拠点(ICReDD/アイクレッド)は,同大学名誉教授である鈴木 章先生の卒…

  3. 酢酸エチルの高騰が止まらず。供給逼迫により購入制限も?

    酢酸エチルの高騰が止まりません。2021 年 11 月 12 日現在、日本の酢酸エチ…

  4. 三菱ケミカルと三井化学がバイオマス原料由来ポリエステルの関連特許に係るライセンス契約を締結

    三菱ケミカル株式会社は、当社が保有するバイオマス原料由来ポリエステルに係る基本特許(日本国特許第43…

  5. 最少の実験回数で高い予測精度を与える汎用的AI技術を開発 ~材料開発のDX:NIMS、旭化成、三菱ケミカル、三井化学、住友化学の水平連携で実現~

    国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)、旭化成株式会社、三菱ケミカル株式会社、三井化学株式会…

  6. 高純度化学研究所が実物周期標本を発売開始

  7. ダイセル発、にんにく由来の機能性表示食品「S-アリルシステイン」

  8. NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

  9. ダイセルよりサステナブルな素材に関する開発成果と包括的連携が発表される

  10. 産総研より刺激に応じて自在に剥がせるプライマーが開発される

  11. ビールに使われている炭水化物を特定する方法が発見される

  12. カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

  13. 令和3年度に登録された未来技術遺産が発表 ~フィッシャー・トロプシュ法や記憶媒体に関する資料が登録~

  14. 女子の強い味方、美味しいチョコレート作りを助ける化合物が見出される

  15. イグノーベル賞2021が発表:今年は化学賞あり!

  16. 理研の研究グループがアスパラガスの成分を分析、血圧降下作用があることを発見

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会誌2023年8月号:フェノール-カルベン不斉配位子・カチオン性ヨウ素反応剤・水・アルコール求核剤・核酸反応場・光応答型不斉触媒
  2. インドール一覧
  3. 新たな特殊ペプチド合成を切り拓く「コドンボックスの人工分割」
  4. 2009年10月人気化学書籍ランキング
  5. Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜
  6. カーボンナノチューブを有機色素で染めて使う新しい光触媒技術
  7. ノーコードでM5Stack室内環境モニターを作ろう

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP