[スポンサーリンク]

一般的な話題

もし新元素に命名することになったら

 

理化学研究所が113番元素の合成に成功した(森田浩介グループ)との報告がなされ、命名権が与えられる事はほぼ確実と思われます。ジャポニウム(Jp)?ニッポニウム(Nn)?それともリケニウム(Rk)?、大穴でニシニウム(Ns)でしょうか。
個人的にはJが付く元素が無いのでジャポニウム推しです。いずれにしても我が国初の命名がなされる元素なので、今からワクワクしています。

 

さて、そんな元素の名前ですがなぜかみんな?ウムで終わってますよね。周期表眺めてみると、この?ウムという名前の元素がすごく多いことに気づきます。その大部分は金属元素であることにも気づくでしょう。そうなんです。一応元素命名にはある程度の法則性があるんですね。という訳で今回のポストではNature Chemistry誌に掲載されていたStockholm大学のBrett F. Thornton博士及び、Worcester Polytechnic InstituteのShawn C. Burdette博士によるthesisを基に、元素に命名する際の注意点をまとめてみました。前回はこちら

 

The ends of elements

Thornton, B. F. and Burdette, S. C. Nature Chem. 5, 350-352 (2013). Doi: 10.1038/nchem.1610

 

まず、上述の金属ですが、接尾語として-iumを使いましょう。まれに読み方の問題で-umを使ってもいいことにします。おやおや?ルールに従わないアウトローがいくつかいますね。下の図の周期表で茶色になっている元素たちです。などは元素の概念が成立する前の錬金術の時代からすでに名前だけは付けられていたので、仕方なくその名前を保存しています。そもそも金属元素に-iumを使うようになったのはラテン語で鉄(ferrum)、金(aurum)、銀(argentum)、などからきているようです。-umではなく-iumになったのはどうしてなのかは定かではありません。

 

ちなみによくスペルが混乱するアルミニウムですが、英国Humpherey Davyは1813年にaluminiumは古くさいからaluminumがいいんじゃない?と提案したものの世界的には認められませんでした。でも米国ではaluminumが広く用いられており、英国と米国でなんだか事情が複雑です。

new_elements_1

 

図は論文より引用

図を見ると一個だけ島になっている元素がありますね。そうタングステン(tungsten)です。タングステンの名前の由来はこちらでも紹介しましたが、スウェーデン語の重い石からとっています。本来はtungsteniumとすべきでしたね。
そうかと思うと金属でないのに-iumで終わる元素が二つありますね。そうですセレン(selenium)とヘリウム(helium)です。セレンは1817年にBerzeliusによって硫酸の製造の際の副生成物から得られました。その外見から金属であると誤認されたようです。実際は金属ではありませんので、selenで止めても良かったです。
Every metallic element discovered in the past 220 years has been given either an -ium or, less frequently, an -um suffix.

ヘリウムは1860年代に太陽の観測データから存在が確認された元素で、全くその他の情報が無い時点で金属と推測されてしまいました。本来はhelionとすべきでした。なぜなら希ガス元素の接尾語は-onだからです(argon, neon, krypton, xenon)。実際helionに訂正すべきとの主張もあったようですが、残念ながら受け入れられませんでした。

緑で表されている三つの元素、炭素(carbon)、ホウ素(boron)、ケイ素(silicon)も-onの接尾語っぽいです。しかしこれは接尾語というより、既にcarbonがあってホウ素、ケイ素は炭素に似ているということから付けられた名前です。実際、1809年にDavyはホウ素をboraciumといったん付けますが1814年に訂正しています。またBerzeliusは1823年にケイ素にsiliciumと名付けましたが、1823年にThomsonによってケイ素は非金属と指摘されて修正がなされています。

水素(hydrogen)、窒素(nitrogen)、酸素(oxygen)の接尾語-genはラテン語の素(もと)を表すgennenから来ています。水を生じるものだからhydrogenとかなので、硫黄とかリンとかも-genになっていてもおかしくなかったですが、むしろ単体の方が先に見つかってしまっていたのでしょう。

一方完璧なのはハロゲンです。全て-ineの接尾語で統一されています(fluorine, chlorine, bromine, iodine, astatine)。優等生ですね!
さて、例外はあるにせよ、元素の命名にはある程度のルールがあることがお分かりいただけたでしょうか?その上で図を再度ご覧ください。113, 115, 117, 118番元素がまだ埋まっていませんね。113番元素の命名権はおそらく理研で決まりとして、気になるのは117番118番です。この二つにはそれぞれ暫定的にununseptinium, ununoctiniumと名前が付けられています。
これは原子番号三桁の数字をそれぞれ1だったらun、2だったらbiなどと置き換えて最後に-iumを付けましょうというルールに従って付けられたものです。
しかし、これらは周期表の順番ではそれぞれハロゲン(17族)希ガス(18族)に属するはずです。正しくはununseptine, ununoctonではないでしょうか?
新元素の命名権は最初の発見者に与えられるので基本的には自由ですが、ぜひともこの基本的なルールに従って命名していただければと思います。

さてこれであなたも新元素の発見者になったときには命名に困らなくなっていただけたと思います。ぜひともチャレンジして下さい!170から180番くらいまでは存在するかもしれないそうなので、チャンスはまだまだ残されています。

 

関連書籍

 
The following two tabs change content below.
ペリプラノン

ペリプラノン

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。
ペリプラノン

最新記事 by ペリプラノン (全て見る)

関連記事

  1. 光で脳/神経科学に革命を起こす「オプトジェネティクス」
  2. Wileyより2つのキャンペーン!ジャーナル無料進呈と書籍10%…
  3. 科学予算はイギリスでも「仕分け対象」
  4. 喜多氏新作小説!『美少女教授・桐島統子の事件研究録』
  5. 第100回有機合成シンポジウム記念特別講演会に行ってきました
  6. 高分子討論会:ソーラーセイルIKAROS
  7. 水素結合の発見者は誰?
  8. 化学にインスパイアされたジュエリー

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. お茶の水女子大学と奈良女子大学がタッグを組む!
  2. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (2)
  3. 向かう所敵なし?オレフィンメタセシス
  4. Guide to Fluorine NMR for Organic Chemists
  5. 既存の農薬で乾燥耐性のある植物を育てる
  6. 近況報告Part V
  7. IBX酸化 IBX Oxidation
  8. 二次元物質の科学 :グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界
  9. これならわかるNMR/二次元NMR
  10. 2011年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP