[スポンサーリンク]

一般的な話題

もし新元素に命名することになったら

[スポンサーリンク]

 

理化学研究所が113番元素の合成に成功した(森田浩介グループ)との報告がなされ、命名権が与えられる事はほぼ確実と思われます。ジャポニウム(Jp)?ニッポニウム(Nn)?それともリケニウム(Rk)?、大穴でニシニウム(Ns)でしょうか。
個人的にはJが付く元素が無いのでジャポニウム推しです。いずれにしても我が国初の命名がなされる元素なので、今からワクワクしています。

 

さて、そんな元素の名前ですがなぜかみんな?ウムで終わってますよね。周期表眺めてみると、この?ウムという名前の元素がすごく多いことに気づきます。その大部分は金属元素であることにも気づくでしょう。そうなんです。一応元素命名にはある程度の法則性があるんですね。という訳で今回のポストではNature Chemistry誌に掲載されていたStockholm大学のBrett F. Thornton博士及び、Worcester Polytechnic InstituteのShawn C. Burdette博士によるthesisを基に、元素に命名する際の注意点をまとめてみました。前回はこちら

 

The ends of elements

Thornton, B. F. and Burdette, S. C. Nature Chem. 5, 350-352 (2013). Doi: 10.1038/nchem.1610

 

まず、上述の金属ですが、接尾語として-iumを使いましょう。まれに読み方の問題で-umを使ってもいいことにします。おやおや?ルールに従わないアウトローがいくつかいますね。下の図の周期表で茶色になっている元素たちです。などは元素の概念が成立する前の錬金術の時代からすでに名前だけは付けられていたので、仕方なくその名前を保存しています。そもそも金属元素に-iumを使うようになったのはラテン語で鉄(ferrum)、金(aurum)、銀(argentum)、などからきているようです。-umではなく-iumになったのはどうしてなのかは定かではありません。

 

ちなみによくスペルが混乱するアルミニウムですが、英国Humpherey Davyは1813年にaluminiumは古くさいからaluminumがいいんじゃない?と提案したものの世界的には認められませんでした。でも米国ではaluminumが広く用いられており、英国と米国でなんだか事情が複雑です。

new_elements_1

 

図は論文より引用

図を見ると一個だけ島になっている元素がありますね。そうタングステン(tungsten)です。タングステンの名前の由来はこちらでも紹介しましたが、スウェーデン語の重い石からとっています。本来はtungsteniumとすべきでしたね。
そうかと思うと金属でないのに-iumで終わる元素が二つありますね。そうですセレン(selenium)とヘリウム(helium)です。セレンは1817年にBerzeliusによって硫酸の製造の際の副生成物から得られました。その外見から金属であると誤認されたようです。実際は金属ではありませんので、selenで止めても良かったです。
Every metallic element discovered in the past 220 years has been given either an -ium or, less frequently, an -um suffix.

ヘリウムは1860年代に太陽の観測データから存在が確認された元素で、全くその他の情報が無い時点で金属と推測されてしまいました。本来はhelionとすべきでした。なぜなら希ガス元素の接尾語は-onだからです(argon, neon, krypton, xenon)。実際helionに訂正すべきとの主張もあったようですが、残念ながら受け入れられませんでした。

緑で表されている三つの元素、炭素(carbon)、ホウ素(boron)、ケイ素(silicon)も-onの接尾語っぽいです。しかしこれは接尾語というより、既にcarbonがあってホウ素、ケイ素は炭素に似ているということから付けられた名前です。実際、1809年にDavyはホウ素をboraciumといったん付けますが1814年に訂正しています。またBerzeliusは1823年にケイ素にsiliciumと名付けましたが、1823年にThomsonによってケイ素は非金属と指摘されて修正がなされています。

水素(hydrogen)、窒素(nitrogen)、酸素(oxygen)の接尾語-genはラテン語の素(もと)を表すgennenから来ています。水を生じるものだからhydrogenとかなので、硫黄とかリンとかも-genになっていてもおかしくなかったですが、むしろ単体の方が先に見つかってしまっていたのでしょう。

一方完璧なのはハロゲンです。全て-ineの接尾語で統一されています(fluorine, chlorine, bromine, iodine, astatine)。優等生ですね!
さて、例外はあるにせよ、元素の命名にはある程度のルールがあることがお分かりいただけたでしょうか?その上で図を再度ご覧ください。113, 115, 117, 118番元素がまだ埋まっていませんね。113番元素の命名権はおそらく理研で決まりとして、気になるのは117番118番です。この二つにはそれぞれ暫定的にununseptinium, ununoctiniumと名前が付けられています。
これは原子番号三桁の数字をそれぞれ1だったらun、2だったらbiなどと置き換えて最後に-iumを付けましょうというルールに従って付けられたものです。
しかし、これらは周期表の順番ではそれぞれハロゲン(17族)希ガス(18族)に属するはずです。正しくはununseptine, ununoctonではないでしょうか?
新元素の命名権は最初の発見者に与えられるので基本的には自由ですが、ぜひともこの基本的なルールに従って命名していただければと思います。

さてこれであなたも新元素の発見者になったときには命名に困らなくなっていただけたと思います。ぜひともチャレンジして下さい!170から180番くらいまでは存在するかもしれないそうなので、チャンスはまだまだ残されています。

 

関連書籍

 

ペリプラノン

投稿者の記事一覧

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。

関連記事

  1. 高分子ってよく聞くけど、何がすごいの?
  2. 触媒討論会に行ってきました
  3. 鉄とヒ素から広がる夢の世界
  4. スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す
  5. 第54回天然有機化合物討論会
  6. 【日本精化】新卒採用情報(2023卒)
  7. 【速報】2012年ノーベル化学賞発表!!「Gタンパク質共役受容体…
  8. イボレノリドAの単離から全合成まで

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2017年(第33回)日本国際賞受賞者 講演会
  2. 第26回ケムステVシンポ「創薬モダリティ座談会」を開催します!
  3. 2008年12月人気化学書籍ランキング
  4. 最強の文献管理ソフトはこれだ!
  5. ストックホルム市庁舎
  6. 静電相互作用を駆動力とする典型元素触媒
  7. ジェフ・ボーディ Jeffrey W. Bode
  8. コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)
  9. 二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!
  10. サイエンスアゴラ参加辞退のお知らせ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2013年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

マテリアルズ・インフォマティクスで用いられる統計[超入門]-研究者が0から始めるデータの見方・考え方-

開催日:2022/07/06 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜

<内容>本ウェビナーでは脱炭素化を実現するための手段として、マイクロ波プロセスをご紹介いたします…

カルボン酸、窒素をトスしてアミノ酸へ

カルボン酸誘導体の不斉アミノ化によりキラルα-アミノ酸の合成法が報告された。カルボン酸をヒドロキシル…

海洋シアノバクテリアから超強力な細胞増殖阻害物質を発見!

第 392回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 博士後期課…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP